にげる

久し振りの更新です。

先週に続き、今週前半もすっきりしない天気が続き、仕事が思うように捗らない中、なんとかやっています。

まずは、鬱になりかけた現場はここ

2015-08-25h.jpg
これは2年程前に施工した現場です。この黒い石は外構屋さんが施工したのですが、この石が浮いているとのクレームがつきました。
外構屋さんの職人と一緒に現場に行きました。

この家の玄関の横にはリビングからガレージに下りられるようにステップを作ってあるのですが、そのタイルも浮いているとのこと。


2015-08-25b.jpg
見た目は綺麗に仕上がっているように見えますが、タイルを叩くとポコポコという音がします。
タイルが浮くとよくこうゆう音がするのですが、でもタイルが浮いているとと目地が割れたり、そこから雨水が回ってセメントのアクが出たりと、色々な症状が出るはずなんですが、それが全く無かったので、どうもおかしいぞということでタイルを捲ってみました。

2015-09-03b.jpg
やはりタイルはしっかりと下地に付いていました。
ポコポコ鳴る原因は外構屋さんの下地作りに問題があったようです。


下地を掘り下げてやり直してもらいました。
2015-08-25c.jpg


ここまではごく普通の流れで、よくあることなんですが、鬱になりそうになったのはここからです。

まずタイルが浮いているとのことでクレーム補修の依頼を建築屋から請けたのですが、そのついでにガレージの浮いている石も補修してほしいとのこと。
ついでではなくて、作業量的にはそちらが完全にメインになりそうですが、この石がお客さんが気に入っているようなんですが、この石は同様のクレームが多々あり、材料の仕入れを中止しているようで、手に入らないとのことで浮いている石を再度使って現状復帰させないといけません。

取り敢えず石を捲っていきました。

2015-08-25i.jpg

下処理として石の裏に専用の接着剤を塗って、セメントとの馴染みをよくします。

2015-08-25j.jpg


そして再度、石を貼っていきました。
2015-08-25a.jpg → 2015-09-03h.jpg


タイルの方も仕上げました。
雨が降ってきたので、念のために養生しました。

2015-09-03i.jpg

私なりにベストを尽くして作業致しましたが、再度お客さんから連絡があったようで、

「また石が浮いてる」
「タイルがデコボコになってる。タイルってこんなもんなんですか~」

とのこと。

石が浮いている件については、浮いている石を捲っている時に石が数枚欠けてしまって、それが気にいらないとのことで、石はやめて全面タイルに貼り換えることになったのです。
で、貼るタイルが決まるまでの間、石を捲ったままの状態では見栄えも悪いということで、取り敢えず石を貼っておいたのです。
その時に次回捲りやすいように、あえて浮かして貼っておいたのです。

しかしお客さんがタイルよりもやっぱり石の方がいいと言い出して、それから石が浮いているのを見つけて再度クレームをつけてきたのです。
タイルのデコボコに関しては私が施工して最後に確認しているので文句を言われるような仕事はしていません。
でもこの仕事はクレームをつけようと思えばいくらでもつけれます。
タイルは焼き物なので、一枚ずつ微妙に反っていたりします。
コンマ数ミリの話ですが、デコボコになっている可能性はあります。

しかもお客さんがタイルよりも石の方がいいと言い出してから、建築屋もそれから必死で同じ石を探し出したようです。

それなら最初から必死になって同じ石を探せよ~と言いたくなります。
それにいくらお気に入りといえども同じ石が手に入らないといっているのに、「やっぱり同じ石にしてくれ」と突っぱねる客も気に入りません。
客がダダを捏ねて無いと言っていた石を用意した建築屋ももう客からの信頼はないでしょう。

客からしたら、浮いた石を元通りに直してもらうのが当たり前だと思っているようですが、2年も経てば色々な不具合が出てきたりもします。
2年前の工事を客から言われるがままに話を聞き、そのしわ寄せは全て現場で作業する者達にきます。


長々と書いてしまいましたが、2年前の工事の不具合を全て無償で対応していたら商売になりません。
しかもこうゆうクレーマーには毅然とした対応が必要だと思います。

で、この現場及び、建築屋に対しては、個人事業主としての最後の切り札を使うことにしました。

その切り札とは・・・

上記のタイトルです。
嫌だから逃げるのではなく、当方としては出来るだけの事はやったのでこれ以上は対応出来ないということです。
何か改善策はないかと思案していてだんだんと鬱になってきたのです。



こんな現場にいつまでも対応してるよりも次の現場の事を考えていきたいので、バッサリと切り捨てます。

その他の現場写真もだいぶ溜まってきているので、また紹介していきたいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク