タイル貼りの下処理作業

先月にライブ活動を終えてからは仕事モード全開で休みなく働いておりますが、そろそろ疲れも溜まってきているので、一日ゆっくりしたいところなんですが、今日も朝から急遽電話があり、現場へ行くことにしました。


2015-07-12a.jpg

これは以前ここにタイルを貼ってあった壁なんですが、既存のタイルをめくってそこに新たにタイルを貼る作業です。
ですが、タイル貼りは私ではなく別のタイル屋が施工する予定でして、私はこの現場では床面の石貼りだけ請け負う予定でした。

・・が、そのタイル屋がこの壁を見て「これではタイルは貼れません」といって断ってきたようです。

それで急遽、当社にこの壁面のタイル貼りの依頼がきたとゆうことです。
でも流石にこのままではタイルは貼れません。
タイルが貼れるように下処理をしないといけません。それがめんどくさいのでタイル屋は断ってきたのでしょう。
私も出来ることならやりたくはないのですが、他のタイル屋がケツを割った現場を当社がきっちり納めることが出来れば、当社の株も上がるので、ここは腹をくくって依頼を請けることにしました。


まずは斫り機である程度平にします。
2015-07-12b.jpg

これが想像するよりも結構大変な作業です。
床面を斫る時は自分の体重を掛けながら出来るのでまだマシなんですが、壁面の斫りはそうゆう訳にはいかず、疲労感が全く違います。
しかも炎天下での作業なので体力消耗も著しく過酷な作業です。
なので何回も書きますが、出来ることならやりたくない作業なのです。


とにかくヤルと決めたからには後戻りは出来ません。

なんとか斫り終えたら、次に専用のモルタルで形を作っていきます。
2015-07-12d.jpg


今日はここまで

2015-07-12e.jpg

この状態ではまだタイルは貼れません。
先日のようにこれが実家ならこの状態でもタイルを貼ってしまう所ですが、このまま貼るとタイルの面がガタガタになってしまいます。
なのでもう一回表面を薄く塗って平にして、さらに天端もきっちりとタイルの寸法に合わせて塗り足さないといけません。
2015-07-12f.jpg

下準備にもう一日掛かりそうです。


明日から他の現場の予定が入っているので続けて作業をすることが出来ないのですが、ひとつひとつ確実にこなしていきたいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク