端子の追加

梅雨も明け、毎日暑い日が続いております。
学校も夏休みに入っているはずなのに、うちの高3の娘が朝から鞄を持って学校へ通っているので、聞いてみると試験結果がおもわしくなかったために追試試験を受けるために夏休みを返上して登校してるとのこと。
・・・情けない話です。

ま、私の娘なので仕方ありません。
ちなみに私も学生時代は同じように追試試験を受けなければならなかったのですが、それすらサボッて行かなかった記憶があります。
それに比べたらまだ優秀な方かも知れません。


仕事の方はいくつか予定は入ってきていますが、まだ動きが遅い感じです。

2014-7-23a.jpg
ここは以前にタイル補修をした某高校の裏庭になるのですが、また別の部分のタイルがめくれてきたようです。


2014-7-23b.jpg  2014-7-23c.jpg

本来ならタイルを全てめくって下地からしっかりやり直して補修するのが良いのですが、予算の関係で今回もめくれていて歩行するのに危険な所のみの補修になりそうです。
近いうちに修理に伺う予定です。



その某高校の現場調査のついでに、仕事の依頼者に呼ばれて自宅に寄ってきました。
2014-7-23e.jpg

玄関に続く階段部分が汚れてきたのでタイルを貼ってほしいとのこと。
2014-7-23d.jpg

ちょうど今暇なので、工事するにはタイミング的にはベストなんですが、あまり暇であるのを悟られるのも後々良くないので、この辺は微妙な駆け引きになります。
一応見積もりを渡してあるので、ここはじっくりと待つことにします。



*************

ところで先月完成した自作防音ブースですが、主な使用目的は自宅録音のためのボーカルやギターを録音するために作成した訳ですが、録音機材を含め、家の一室を占領してしまっている訳であり、それで自分の好き勝手やっているとそのうちに家族からヒンシュクをかいます。
これは以前経験しているので同じ失敗をしないようにしなければなりません。
家族の理解が得られないと、音楽活動自体継続させるのが難しくなってきます。

で、今回の防音ブースをうちのボス(嫁さん)や娘にもカラオケの練習に使えるようにマイクで歌うとヘッドホンからエコー付きで自分の声が聴こえてくるようにセッティングしてあったのですが、ツメが甘かったようです。

今はスマホの時代でカラオケの音源はスマホにダウンロードして、歌詞もスマホで検索して画面に表示させて歌うようで、カラオケ音源をあらかじめレコーダーに記録させてから歌うなどというのはもう時代遅れのようです。

スマホを持っていない私にとっては完全に想定外でした。

それで防音ブース内にある自称「シークレット・ボックス」にはマイク端子とヘッドホン端子しか段取りしてなかったのですが、もうひとつステレオ端子を追加しました。

2014-6-3f.jpg → 2014-7-23i.jpg

「もうひとつステレオ端子を追加」と言葉で書けば一瞬ですが、一度完成させたものに新たに追加するのにどれだけの労力が必要かはある程度は想像して頂けるかと思いますが、一番の問題は行き当たりばったりで作ってあるので、配線も複雑に入り込んでいたり、壁ひとつ外すにも周辺の色々な部材が絡み合っていてステレオ端子をひとつ追加するだけで一日仕事でした。

とにかく一度完成させたものを再びバラさなければならない精神的苦痛に耐えながらも、この苦痛は家族の理解を得るための苦痛であるのだと自分に強く言い聞かせ、なんとか作業を終えました。


これでスマホにダウンロードした音源をスマホのヘッドホンアウトジャックから今回段取りしたシークレット・ボックスの新たな端子に差し込むと、ミキサーに音源が流れて行き、マイクで拾った声と一緒に防音室のヘッドホンから聴こえてくるという仕組みです。

一応試用してもらったところ「いい感じ」との感想をもらえたので、これで当分の間は私も音楽活動に専念出来そうです。


2014-7-23h.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク