ドラムの音質

急に朝晩が冷え込む寒さになってきた今日この頃です。
昨日あたりからモモヒキは必需品になっています。

仕事の方はお蔭様で、マイペースで作業が出来ているのでいい感じです。
仕事に関しては全くストレスはありません。 

一応ダイジェスト版で現場等を紹介しておきます。

まずは、今メインの現場になっている現場です。

2013-11-8a.jpg
シャッター部分しかまだタイルを貼っていませんが、その横には大きな門壁が作られています。
この大きな門壁も総タイル貼りの予定です。
現場の進み具合を見ながらタイル工事の入る日にちを調整しているところです。


2013-11-6.jpg
これは某中学校の校舎入口のタイル貼りでした。
この上は教室になっているのですが、作業をしていると上からティッシュが落ちてくるし、授業中なのにあちらこちらで奇声が聞こえてきたりと、はっきり言って動物園の中で仕事しているような錯覚に陥りました。
ま、私自身は学校はサボって殆ど行っていなかったのでツベコベ言える身分ではありませんが・・・



2013-11-11a.jpg
集合住宅の入口部分のタイル貼りです。
既に何処かのタイル屋さんが貼ってくれていて、当社の任務はその残り部分を仕上げるといった作業内容でした。
施工後↓
2013-11-12.jpg 2013-11-11c.jpg

こんな感じで仕事は順調です。



趣味の音楽活動の方はなかなか良い成果が出せていません。

先日も地元で月に一度開催しているジャズセッションに参加してきましたが、あっけなく沈没でした。

このモヤモヤを解消させるために先週の日曜日にジャズではなく、なんでもありのセッションに参加してみました。
2013-11-10.jpg
演奏ジャンルはJポップ系が中心でしたが、その日集まった面々によって演奏曲も決まるスタイルのようで、この日は昔懐かしい80年代の洋楽も多々演奏していました。
例えば・・・ジャーニー、ビリージョエル、クリストファークロス、ディープパープル、シカゴ、等々・・・
たぶん参加されてた面々も同年代ぐらいのようで、演奏曲は昔よく聴いていた曲が殆どで懐かしかったです。
ポールマッカートニーが来日中ということもあり、今が旬であるビートルズナンバーも数曲演奏されていました。

私も演奏に参加したかったのですが、「どのタイミングで出ていこうかな~?」と考えてるうちにタイミングを逃してしまい、最後にチョロっと参加しただけで殆ど演奏に加わる事が出来ませんでした。
いつもなら参加するからには無理矢理でも楽しんでやるぞ!という意気込みでいくのですが、今回は少しの迷いが生じてしまったようです。

その迷いの原因は音量でした。
ドラムレスの演奏では問題なかったのですが、ドラムが入った途端に音量が上がり、ボーカルも聞き取りにくくなり、音の飽和状態になっていました。そんな中に入っていっても自分の楽器の音すら聞えない状況になるのは想像できるので遠慮してしまったのです。

ここのお店のマスターはドラマーのようで、ドラムの音にはだいぶ拘りがあるようです。
まずスネアをたたくとカ~ンと甲高い音が響きわたります。まずこの音が耳につきます。
そして更にその音に薄っすらとエコーを掛けて響かせています。
たぶんドラムを演奏する人は気持ちいいかも知れません。
でもドラムの音だけが浮いていて、演奏を聴いていて疲れてしまいました。

ここのお店は私は初めて行ったので、たまたまこの日だけドラムのセッティングがおかしかっただけなのかも知れません。


でも音量や音質のセッティングの難しさは私も痛いほど分かります。
特にリズム隊の入ったフルバンドになると、なかなか自分の思うようにまとまって響いてはくれません。


気楽にギター演奏を楽しむつもりで参加したのですが、今私が一番興味のあるミキシング系に気を取られてしまったセッションでした。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク