作業時はヘルメットを着用すること

寒い日が続いております。
ここ最近幸せだと思う瞬間はお風呂上がりの体ポカポカ感の時と、
布団にもぐり込み、暖かくなってくる時ぐらいです。
それ以外は「あ~寒い」が口癖になりつつ今日この頃です。


世間では3連休最終日といったところでしょうか。
私の方も2連休させてもらっています。
個人的にはこの休日は有難かったです。
その訳は・・・・


週末の土曜日は先日タイルが足りなかった現場へ朝から行き、タイルを貼りました。
2012-1-6a.jpg →  2012-1-7a.jpg

これでこの現場も一応終了です。
この現場は去年から新しくやり始めた某ハウスメーカーの現場なんですが、作業時はヘルメット着用が義務付けられています。
ヘルメットに慣れていない私にとっては、苦痛でしかないのですが、それでも仕事なので某ハウスメーカーの現場ではヘルメットを被るようにしています。
しかしこの日はタイル一枚貼るだけだったので、作業時間にして30分程、しかも朝一番からの作業だったので、現場監督は見周りには来ないだろうと予測し、ヘルメットを被らずに作業していたんですが、間が悪く某ハウスメーカーの人が来ていの一番に「ヘルメット!」と指摘されてしましまた。

直ぐにヘルメットを被り、作業を続けていましたが、それ以上怒られることもなかったので全然気にしてなかったのですが・・・



作業を終え、次の現場へ行きました。
2012-1-7c.jpg
ここで作業をしていると電話が掛かってきました。

「yasuさん、朝ヘルメット被らずに仕事していたのか?
今その事でえらいことになってるんやけど、その時の状況を詳しく教えてくれ」

とのこと。
その時の状況と言われても、ヘルメットを指摘されたのでヘルメットを被っただけ。ただそれだけのことなんですが、電話の内容を聞いているとヘルメットを指摘されて私が何か言い訳して挑発的な態度をとったという風に話がすり変わっていました。
その事で何度も電話が掛かってきて時間は取られるし、気は滅入ってくるし作業は全く進みませんでした。
2012-1-7d.jpg




何時何分に現場に着いたのか?
何時から仕事を開始したのか?
ハウスメーカーの人から何を言われたのか?
そしてあなたは何を言い返したのか?
などなど・・・

挙句の果てには始末書まで書かされました。
自分が直接怒られるだけならまだ耐えられるのですが、今回たまたま見周りに来た某ハウスメーカーの人というのは、会社でも上層の人だったようで、そのオッサンが外溝担当の現場監督に連絡し、そこから下請け業者の建築屋社長に連絡が入り、そこから現場に出ている外溝職人に連絡が行き、そこから私に連絡が来ました。

ほんのちょっとの気の緩みが沢山の人に迷惑をかけてしまいました。
暫くは現場の皆に頭が上がりません。
今後気をつけなければなりません。

反省しながらも「ヘルメットぐらいでグダグダ言うな!」
という思いもあります。
本来ヘルメットは作業時に頭部を守る為に被るものですが、ここでのヘルメットは趣旨が違います。
施主や近隣住民に会社のイメージを良く見せるためのものです。

今度ヘルメットに赤いペンキを垂らして血が滴り落ちてるヘルメットを作成し、作業時に被ってやろうかと密かに考えています。



とにかく年末から年始にかけてお叱りを受けることが続いてしまっています。
一日も早く悪い連鎖を絶ち切らないといけません。


その為にもこの2連休は気分を落ち着かせる為にも非常にいいタイミングの連休でした。
気を引き締めてまた明日から頑張ります。





ついでに書いておきますが、今日は我が家の長女の成人式でした。
来月には結婚式も控えていて、同じ屋根の下で過ごすのもあと一ヵ月ほどとなりました。
2012-1-9_convert_20120109151453.jpg

プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク