スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりたくない仕事

今年は正月から仕事があり、何かと忙しい1月になっています。
通常なら1月は現場仕事も少なく、ゆったりと過ごすことが多いのですが、
今年は年始から忙しいです。

出張から帰ってきて休む間もなく現場をこなしております。


 
2018-01-16a.jpg  2018-01-16c.jpg


2018-01-16d.jpg  2018-01-16e.jpg


2018-01-18b.jpg  2018-01-18a.jpg


こんな感じで本職のタイル貼り作業をやっております。
ここまでは順調でした。

もう25年以上もこの仕事をしていてタイル貼りは慣れてはいますが、今までの経験を経て
やりたくない仕事もはっきりしていて、それらの仕事は断ってきました。
やりたくない仕事というのは

(1)足場の上での作業
(2)自分ひとりで対応出来ない規模の現場仕事

この2点です。
(1)は私が高所恐怖症だからです。
(2)は今までは応援の職人を入れてなんとか対応してきましたが、毎回タイミングよく
応援の職人が手伝ってくれる保証もないので、工期に追われるとどうにもならなくなってしまうからです。


そして先週末から着手している現場がここ

2018-01-25a.jpg 2018-01-25b.jpg

この現場は昨年の夏頃から言われていたのですが、上記のやりたくない現場の2つの項目に完全に合致するので
断っていたのですが、どうしてもやってほしいと言い続けられて根負けしてしまい引き受けてしまいました。
ただ、仕事を請ける条件として比較的暇な時期である1月をこちらから指定しました。
1月なら周りの職人も暇なので、皆で手分けしてやってしまえばいいだろうという計画でした。


それが年明けからも忙しく、応援の職人の手配も今のところ予定がつかず、私ひとりで現場に入っています。
2018-01-22c.jpg 

この現場の作業内容はヒビの入っているタイルを張り替えて、タイルの落下防止のために壁全面に目地を入れる作業です。
タイル張替えだけでもかなりの枚数あり、ひとりで作業していてもなかなか進みません。
2018-01-22b.jpg 南面2F-1
でもこうなると高所恐怖症であろうがやるしかありません。
毎日早めに寝て、明日に備えるだけの日々になってしまっています。
しかし、ここ数日間タイルをハツリ続けていて右腕が上がらなくなってきたので、このままでは
体をつぶしてしまいそうなので、今日一日休みを取りました。

とにかく3月半ば頃まではこの現場から離れられそうにないので、他の現場依頼は全て断るしかありません。
今はこの現場を仕上げることだけに集中していますが、今後は上記に書いた「やりたくない現場」の
ふたつの項目は何がなんでも厳守しなければならないと痛感しています。



******

仕事とは正反対に音楽活動のほうは昨年に続き充実しています。

今年に入ってライブもひとつ終えています。
fc2blog_201801152218336ec.jpg

昨年後半から某セッションの主催も初めている関係で、同じ系列のセッションをやっている場所に挨拶がてら
行ってきました。
2018-01-22h.jpg


2018-01-22f.jpg
約4時間ほどのセッションのためだけに東京都の立川区まで行ってきました。
私は関西でセッションを企画しているのですが、関東方面から参加してくれている人もいて
遠方から来られる人は参加するのにどれだけの労力、時間、資金が必要なのか主催者として
体験しておきたかったのです。

セッションの帰りは新幹線で4時間ほどかけて帰ってきましたが、この4時間はセッションが楽しかったら
幸せな余韻として楽しい時間になるし、セッションが思ってたほど楽しめなかったら、
この帰る時間はブルーな気分を引きずりそうな気がしました。
セッション参加者に幸せな気分で帰ってもらえるように主催者として
気を引き締めていかなければと身を持って体験できた関東遠征でした。



2018-01-22e.jpg
スポンサーサイト

気がつけば新年

一年を振り返る暇もなく気が付けば正月になっていました。
今年は正月2日から仕事をしておりました。

2018-01-06c.jpg 2018-01-06b.jpg 2018-01-06a.jpg
工場内の床のタイル貼りでした。
工場が休みの間の工事かと思っていましたが、機械を止めることが出来ないようで、
常に水蒸気と機械の油が流れてくる中での過酷な作業でした。
かなり大掛かりな上に工期も決まっていたので15~6人のタイル職人での作業で
現場も遠方だったこともあり、出張で正月気分など皆無でした。

なんとか無事作業も終え、自宅に帰ってきました。

昨年は大きなケガもなく、マイペースで仕事が出来た一年でした。

ここ数年前から気になっていることは、現場で私より若いタイル職人は殆ど見かけません。
年配の職人がどんどん引退していく中で、タイル職人の数が減ってきている感じがします。
実際にタイル屋を紹介してほしいという声をよく聞くようになり、
紹介されることが増えてきました。

今までは仕事の依頼を断ることはなかったのですが、昔に比べて体も無理が利かないし、
応援の職人に手伝ってもらうにも気を遣うので無理はせず断ることが増えてきました。
中には断りにくい人もいたりしますが、その場合は携帯の着信拒否に登録して終わりです。
昨年でもう着信拒否リストが20件以上になってしまっていて、あと何件登録出来るのかが気になるところです。

誤解のないように補足しておきますが、気に入らない相手を全て着信拒否している訳ではなくて
今までお世話になった相手にはしっかりと別の形で恩返し出来るように対応しているつもりです。
だからこんな好き勝手やっていても、なんとかやっていけているんだと自分で都合の良いように
分析しています。

今年もマイペースでやっていきます。


*****

音楽活動のほうは本業よりも活発にやっていた昨年でした。
昨年夏頃から掛かりだしたCD作成ですが、年内完成を目指していましたが今年にずれ込みました。
色々と修正したい部分などが出てきて録音をやり直したり、アレンジを見直したりしています。
オリジナルのCD作成は以前にも何度かやっていますが、当時は出来ることが限られていて
「これでいいや」という判断がすぐに出来ました。
そうゆう意味では今回はとことん自分が納得できるところまで作り込める環境があることが
CD制作完成の遅れの原因かと思います。

といっても使っている機材は20年程前のものが殆どです。
現在の作業機材はこんな感じです

2018-01-09.jpg
以前よりもだいぶすっきりしてきたと思います。

そういえば一年前の今頃はネットでフリーのドラム音源をダウンロードしまくっていました。
たくさんの音源がゲット出来て大喜びしていたのですが、
あれから1年経って振り返ってみると一度もそれらの音源を使うこともなく、
今後も使う予定もなく、「あの興奮は何だったんだ!」という感じです。
音源ゲットしながら平行していくつかドラムマシンも手に入れていましたが、
結局殆ど手放しました。
今あるのはRolandのVドラムの音源のみです。
これだけで十分だということに気付くのにかなりの投資をしてしまいました。

レコーディング作業はこれからも続けていきながらも、ライブ活動、イベントの主催と
忙しい一年になりそうです。

そしてもうひとつ今年チャレンジする事があります。

これです

2018-01-08.jpg

今年からバイオリン教室に通います。
自分がバイオリンを優雅に弾きこなしている姿はもう想像できています。
あとは練習あるのみです。

精進致します



 
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。