スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音圧ショック

今年は早めに仕事納めをして、のんびりとした年末を過ごしております。

この時間を利用して、もうかれこれ15年振りぐらいに音楽制作に着手しています。
今日は私の音楽制作の作業手順みたいなものを書いてみます。

今回は曲は既に出来上がっていてアレンジ作業からです。
定期的にライブをやっているのですが、その場でCDを配布することを目標に始めました。

ある程度曲の構成が頭の中で出来上がった時点で、曲の構成が分かる程度の簡単な譜面を書きます。

そしてその譜面で構成を確認しながらドラムパートを打ち込んでいきます。
この時点でドラムサウンドを決めてしまうのですが、楽曲にあったドラムサウンドを探すのが楽しみのひとつでもあります。

2016-12-25a.jpg



いくつかドラムマシンを所有していますが、今回は初めての試みですが、これを使っています。

2016-12-26c.jpg

これはドラムマシンではなくてサンプラーですが、ここにドラムキットを取り込んでドラムマシンとして使う方法でやっています。

実は先日なにげにパソコンで検索していると、ドラムマシンをサンプリングした音源をフリーに使えるサイトを見つけたので、今回はそこでダウンロードした音源サンプルを拝借しました。

取り敢えずサンプラーに取り込んだドラムセットは、ROLANDのCRシリーズ全機種、TRシリーズ全機種、それに訳の分からない外国製のドラムマシンのキットも数種類ゲットしました。

探せば結構ありました。TR-808の音源を探していただけなんですが、だんだんと意地になってきて、無料というのもあって気が付けばこの作業に丸3日間を使ってしまいました。

これで一応下準備は完了したので、明日から打ち込み作業に入ります。


色々と探していたら、こんなものも見つけました。
いつリンクが切れるか分かりませんが、これです

https://bakuage.com/

音圧を上げるフリーソフトのようです。
試しに私がライブレコーディングした音源を試してみたんですが、ビックリです。
自分で編集した音源はそれなりに自信を持っていたのですが、このソフトを使うとさらに音圧が曝上がってしまいました。

結果もグラフで確認出来るようです。
2016-12-26d.jpg

他人の音源で音圧のある音を聴いても他人事でしたが、自分で作った音源がここまで音圧が上がると今まで色々な機材を駆使してMIXしていた方法にダメ出しされてるような感覚になります。

フリーソフトで音圧の上がった音源はパソコンのしょぼいスピーカーでしか聴いていないので、音質面でどれだけ変化しているのかは確認出来ていませんが、レベルメーターを見ると殆ど0dbの部分に張り付いている状態になっているので、音楽的に不自然になっている気もします。

それでもこの音圧上げは衝撃的です。アマチュアでは手作業でここまで音圧を上げるのは無理だと思います。


まだまだ修行が足りません。
丸3日も掛けてドラムキットを探している場合ではありません。

スポンサーサイト

少し早めの仕事納め

今年もあと10日で終わりです。早いもんです。
何かと忙しい時期ではありますが、現場仕事は一応昨日で終了したので 今日は朝からゆったりとモーニングコーヒーを楽しんでおります。
まだ仕事納めには少し早いですが、仕事ばっかりしてると気も滅入ってくるので、今年はこの辺でいいかなって感じです。
取り敢えず昨日までの現場作業をダイジェスト版で書いておきます。


2016-12-14b.jpg  2016-12-14c.jpg
前回のブログで書いていた現場も無事完了しました。


2016-12-16a.jpg  2016-12-16b.jpg
これは先日仕上げた現場ですが、電気配線が間違っていたようで、電気屋さんが配線し直した部分のタイル補修です。

年末のこの時期は仕事依頼が多くありますが、稼ぎ時だからといって全て請けてスケジュールパンパンで予定を組んでしまいがちですが、この現場のように、自分以外の人間のミスで予定が狂わされてしまうと他の現場にも迷惑を掛けてしまい、どうにもならなくなってしまいます。
今まで何度も苦しんできました。

で、そうならないためにも最初に書いたように余裕を持って仕事に取り組むようにしています。
決して長期間休みがほしいから早めに仕事納めにした訳ではないということをここに補足しておきます。
補修後

2016-12-16d.jpg  2016-12-16e.jpg


昨日はいつもの玄関のタイル貼りでした。

2016-12-20a.jpg

******

音楽活動の方は今年は3年程前からやり始めたライブ・レコーディングが自分の思うような形に出来るようになってきた年でした。
でもまだまだ失敗も多いです。
金銭を頂いて録音をしてる訳ではないので、失敗してもその辺は気楽ではありますが、体力の続く限りは続けていく予定です。
来年はライブ録音もやりつつ、自宅録音にも頑張っていこうかと思っています。
というか、もうスタートしています。
来年はそれらの音源も紹介出来ればいいなと思っています。

器用vs不器用

12月も半ばになり、この時期になると忘年会の予定などが飛び交う頃かと思います。
当方もいくつか仕事絡みの忘年会の連絡が入ってきてはいますが、気分の乗らない忘年会はやんわりと断わるようにしています。
というか、仕事絡みで気分の乗る忘年会などあり得ないので、今年は全て不参加になると思います。

「忘年会を断れる身分になったんだな」と思われそうですが、そうではありません。
仕事絡みの忘年会といえば、会長、社長などの顔色を伺いながら、参加者どうしで名刺交換などをして交流を深める絶好の機会であるのは理解出来ますが、そうゆうのがめんどくさくなってしまいました。

このブログで以前にも書いたことがあるのですが、当方は営業などしていませんが、現場で仕事をしてその結果を見てもらって気に入ってもらえたらまた仕事依頼がくると思っています。
ただタイル職人としてタイルを貼ってるだけでは継続して仕事にありつけないでしょう。

「自分のことよりも相手のことを考える」

これが私の仕事戦略です。
どうすればクライアント(得意先)が儲けさせられるか、最終的には金を支払うお客さんが満足してもらうためにはどうすればよいかを考えて行動しています。

ということで、昨日までの現場をダイジェスト版で書いておきます。

今通っている現場はここ

2016-12-10a.jpg


玄関ポーチからアプローチまでのタイル貼りです。
2016-12-10c.jpg


3日かけて昨日はここまで

2016-12-10f.jpg  2016-12-10g.jpg

明日で仕上げる予定です。



某会社の事務所前に平板を貼りました。
2016-12-06d.jpg

この事務所前のガレージ部分には名物キャラクターを連想させる仕掛けがあったりします。
2016-12-06f.jpg  2016-12-06g.jpg

平板の一部にもくり抜きが
2016-12-06e.jpg
よっぽどネズミが好きなんでしょう。


外構屋さんの手伝いで乱形の石も貼りました。
2016-12-07b.jpg

この現場は工期がなく元請けの外構屋職人も手伝いに来て一緒に施工したんですが、完成がこれ

2016-12-07c.jpg

念のために書いておきますが、私が施工したのは画像の左上と右上部分のあたりです。
それ以外は外構屋の職人が石を並べたものです。

何が言いたいかといいますと、量水器メーターの右部分の石の並べ方です。
これは絶対にやってはならない並べ方です。この部分だけ天然石の雰囲気がなくなって不自然な感じになっています。

この現場は外構屋さんの現場なので目をつぶりましたが、最初にも書きましたが、こんな施工をしてしまうと、私のような個人でやっている職人にとっては二度と仕事依頼が来なくなります。

参考までに先日私が施工した乱石貼りはこんな感じです。

2016-12-06i.jpg

この違いは「その人のセンスの差」と今まで思っていたのですが、最近はそうは思いません。
「どうすれば綺麗にすっきりと仕上がるだろうか?と常に考えているかどうか」だと思います。
センスのいい人や器用な人は短時間でクリア出来ることも、センスの無い人や不器用な人は何倍もの時間が掛かると思います。
それでも長く続けていれば綺麗に仕上げることが出来ると思います。
今まで30年弱職人をしてきてそうゆう人を見てきました。


************

気分を変えて音楽の話題をひとつ


2016-12-06b.jpg
これは一年半程前に手に入れたダブルネックギターですが、結構毎日触っているような気がします。
フルアコやセミアコほど音が響かないので夜に練習するのには都合がいいです。

このギターはジミーペイジ・モデルということで、以前にレッド・ツェッペリンのCDをレンタルして聴いてみたんですが、あまりピンと来ず、ツェッペリンは私の肌には合わない音楽だと思っていたのですが、何を彷徨ったのかまたツタヤでレンタルしてしまいました。
2016-12-06c.jpg
以前試聴した時は全然耳に入ってこなかったのですが、何故か今回はじっくりと聴くことが出来ました。
いい感じです。

ジャズギターが弾けるようになりたくて、コツコツと練習したりしていましたが、ジャズだけでなくロック系のギターを弾く機会が最近あったりして、それからロックにも再び興味が湧いてきているのが今回ツェッペリン・サウンドを受け入れられた要因かなと思っています。

現場あれこれ

気がつけば12月。
更新に約一か月空いてしましました。
この一か月間は仕事三昧な日々を送っておりました。

現場の状況をダイジェスト版で書いておきます。

2016-11-15a.jpg 2016-11-15b.jpg
階段のタイル貼りです。階段は手間暇かかります。




2016-11-25g.jpg 2016-11-25f.jpg
ゴツゴツしたタイルを壁面に貼りました。



2016-11-25c.jpg  2016-11-25d.jpg
これも階段のタイル貼りです。
この時期は5時になるとすぐに暗くなってしまうので、照明をつけての作業が結構ありました。


2016-11-17b_20161118193528947.jpg  →  2016-11-17c_201611181935296b3.jpg 2016-11-17d_20161118193541ec2.jpg
某集会所の玄関タイル貼りです。
材料が少し足りず、後日また残りを貼りに行きましたが、完成写真を撮り忘れました。


2016-11-10a.jpg
途中で曲がっている階段のタイル貼りです。



2016-11-16c.jpg  2016-11-16d_201611181935258a1.jpg
ガレージ前のタイル貼りもありました。
道路と家の高さがかなりあり、タイルもそれなりの勾配になり、タイルを貼るのに苦労しました。



2016-11-09a.jpg  →  2016-11-09b.jpg
これは先々月にやった現場ですが、足場が倒れないように壁面に足場を固定するためのボルトのような部材が埋め込まれていて、その部分にはタイルが貼れず、足場を解体してから貼るのですが、高所が苦手な私には無理な作業なので、元請けの社長にお願いしてタイルを貼ってもらいました。
画像で見ている限りではなんともない作業のように思うでしょうが、あそこまでハシゴに上がると結構な恐怖感があります。
最初私も挑戦してみたんですが、ハシゴで上がると足が震えだしてきて体が硬直してしまって作業が出来ない状態になってしまったので、恥ずかしながら事情を説明して代わりに仕上げてもらいました。




2016-11-28a.jpg  →  2016-12-05a.jpg
これが先週末まで通っていた現場で、屋根付きのオープンテラスの土台です。

写真を撮り忘れた現場もいくつかありますが、先月の仕事はこんな感じでした。
殆ど休みもなく、働き尽くめの一か月でした。


膝痛の方は違和感がありながらも、なんとか仕事が出来ているので有難いです。
年内まだいくつか仕上げなければならない現場があるので、無理をしないように確実に現場を仕上げていきたいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。