腰痛~音楽三昧

今日は朝から雨で家でゆっくりとコーヒータイムを楽しんでいます。

先週後半には3連休があったりで、腰痛の方もだいぶ楽になっていましたが、週明けに現場で仕事をしていると、再び腰痛がぶり返してしまったようで、もう現場でフニャフニャになりながらもなんとか仕上げました。

2014-3-25a.jpg


次の日も仕事が入っていたので、腰に最善の注意を払いながらもなんとか仕上げました。
2014-3-25b.jpg  施工後→ 2014-3-25c.jpg



腰痛の場合は、完全復活するために数日間は安静にしておくしかないのですが、週末の3連休は音楽活動の予定がびっしり入っていて、飛び回っていたので、結局腰痛が完治しないまま、週明けまで持ち越してしまったようです。

今日は恵みの雨になりましたが、明日からびっしりと仕事の予定が入っているので腰がどうなるか心配であります。





3連休の音楽活動の方は、有意義な時間でした。

まず初日はスタジオライブ・レコーディングの日でした。
2014-3-21a.jpg
まだ誰もいない静かなスタジオに一人で乗り込み、マイクセッティング等をしていきます。
裏方作業は孤独なもんです。


ちなみに今回の機材はこれだけ

2014-3-21b.jpg
アレン&ヒースの16chミキサー、6uのケースにはレコーダー、エフェクター、8chのマイクプリを入れてあります。
これだけで24トラックのレコーディングが出来てしまいます。
素晴らしい時代です。
たぶんこれでも私の機材は一昔前のものなので、今はもっと便利になってると思います。
・・・ま、最新のものには興味がないし、今の機材で十分対応出来ているので問題なしです。


無事レコーデイングも終わり、連休の残り二日で編集作業をしながら、地元のライブスタジオにて色々なバンド見学にも行ってきました。
2014-3-22a.jpg  2014-3-22b.jpg
来月にはここでライブをする予定なので、現地下見が主な理由です。


編集作業では今回から新たに導入した機材がこれ

2014-3-26b.jpg 2014-3-26a.jpg

aphexのリミッターです。
mix down時にはある程度音圧を上げたいのですが、今まではトータルコンプやレコーダー側についているリミッターなどで対応していたのですが、なかなか苦労をしていました。
一か八かでの導入でしたが、正解でした。
今まで苦労して上げた音圧レベルまでは簡単に出来るし、とにかくリミッターの効果が自然で、音楽的なのが好感度大です。
一度設定してしまうと、全ての音源に対応できるので作業も捗ります。

なかなかこういったメジャーでない機材はネットで調べても、ユーザーレビューは見当たらないし、使ってみないと分からないというのが現状なのでヒヤヒヤものですが、取り敢えずは結果オーライでした。



2014-3-22c.jpg

ライブ・スタイル

今日も体を動かせば汗ばむような陽気に恵まれ、先日から通っていた現場仕事の方は無事完了しました。

助手のT君も頑張ってくれました。
2014-3-19a.jpg

なんとか完成です。
2014-3-19c.jpg  2014-3-19b.jpg

腰痛の方はもう限界にきています。
普通に歩くことも困難な状況になってしまっていますが、明日の天気予報は完全に雨のようなので、明日は一日ゆっくりと養生することにします。




*******


ところで音楽活動の方もいくつかライブ予定が入ってきているので、ライブ・スタイルの話題を書いてみます。
ギタリストの立場から言えば、ライブでギターを弾く場合は立って弾くか、それとも椅子に座って弾くかの2パターンがあるのですが、ボーカリストが立って歌っている横で椅子に座ってギターを弾いている姿はあまりカッコいいとは思わないし、かといってボーカリストの横で同じように立ち上がって棒立ちでギターを弾いていても、様にはなりません。
ギターを立って弾くなら、ある程度動き回れるほどの広めのステージがあればそれなりにいい感じでパフォーマンスが出来ますが、ジャズ系のライブとなると、狭い場所での演奏が殆どです。
なので椅子に座って弾くのが妥当な訳ですが、やはりパフォーマンス的にはイマイチです。

で、私が考えたのがこれ

2014-3-19d.jpg
アマゾンで買いました。
通称「弾き語り用椅子」と言うそうで、軽く腰を掛けながらも、椅子の位置が高いので立って弾いているのとほぼ同じ位置に目線がくるし、足掛けもついているので、片足は地面につけて、もう一方の足を軽く足掛けに乗せればシルエット的にもイケそうです。

後はスリムなボディラインを作り、そのカッコいいシルエットに見合う演奏技術を身につければ、ヤバイ程かっこいいギタリストになれそうです。

日々精進致します。

火の用心

ここ暫らくは定期的に更新しています。
頑張ってこのペースを維持したいところです。

仕事の方は腰の様子を見ながらの作業になっていますが、なんとか前に進んでいます。


2014-3-18a.jpg
真っ直ぐな定規を使って高さを確認しながら、昨日並べた石を一枚ずつ貼っていきます。

なんとか玄関内、ポーチと貼り付けは完了しました。
2014-3-18b.jpg  2014-3-18c.jpg
しかし、今日もしゃがんだ体勢での作業がほとんどだったので、もう腰が限界にきました。
立ち上がろうとしても腰が伸びず、腰が曲がったまま立ち上がって移動するといったカッコ悪い状態になっています。
今までの経験から察すると、これ以上無理をすると、立ち上がることも出来なくなるような気がします。



明日はポーチの立ち上がり部分の石貼りと目地詰め作業が残っているのですが、得意先の人が見かねて、明日は一人助手をつけてくれるとのこと。有難いことです。
ここの得意先の社長は少し神経質なところがありますが、いざという時は人間味のあるフォローをしてくれます。
こうゆう得意先は大事にしたいと思います。

施工期限は明日までなので、助手に手伝ってもらいながら、なんとか仕上げたいと思います。




ところで、今夜は自宅のすぐそばにある長屋の家が火事で全焼しました。
2014-3-18d.jpg
木造平屋の4軒連なった一昔前の長屋ですが、左隅の家から火が上がって5分も経たないうちに隣に燃え移り、屋根が落ち、一気に火柱が上りました。一瞬の出来事でした。
原因などまだ分かっていませんが、気をつけなければなりません。

乱石並べ

今日はポカポカと暖かい小春日和な一日でした。

2014-3-17a.jpg 2014-3-17b.jpg



仕事の方もTシャツ一枚で作業出来る季節になりました。

日曜日から新しい現場へ入っています。
2014-3-16b.jpg

ちょっと大きな玄関に石を貼ります。
2014-3-16c.jpg


昨日、今日でなんとか石を並べるところまで出来ました。
2014-3-17c.jpg  2014-3-17d.jpg

ほとんどしゃがんだ体勢での作業なので、もう腰がガクガクになっています。

明日はこの並べた石を一枚ずつ高さを合わせてモルタルで貼っていきます。
明日でそろそろ腰が悲鳴をあげそうな予感がしますが、踏ん張るしかありません。


今夜はゆっくりとお風呂に入り、腰を温めて明日に備えてさっさと寝ることにします。

ブース制作開始

寒さも若干やわらぎ、仕事するには絶好の季節になってきました。

ま、今日は仕事の話題は置いといて、趣味の話題を書きます。

昨日夜はバンド練習でした。
2014-3-13.jpg

バンドといっても、ドラム、ピアノ、ギターのリズム隊のみでの音合わせでした。
ジャズ系の演奏だとピアノがいるとギターはどうしても脇役になってしまいがちですが、このバンドのピアニストは歌も歌うので、その場合、伴奏時でのギターの比重が大きく責任重大になります。
どのような伴奏でいくかまだまだ試行錯誤の段階ではありますが、来月からいくつかライブ予定も入っているので、しっかりと取り組んでいきたいと思います。



2014-3-14a.jpg

これは自宅の音源編集部屋ですが、この後ろ側はこうなっています。

2014-3-14b.jpg

隅の方に小さな床の間があります。
通常は仏壇を置くスペースですが、今のところ仏壇を置く予定はないので、ウッドベース置き場になっています。
2004-3-14c.jpg

この部分を改造して防音ブースを作ろうと企んでいます。

出来る限りお金をかけずに作りたいので・・・・というか、資金がないので、
現場で余った廃材などを持ち帰る日々が続いています。

ある程度部材がたまってきたので、いよいよ今日から着手することにしました。
制作過程を随時紹介していきたいと思います。

仕事の関わり方

今日は朝から雨で現場仕事もなく、家でモーニングコーヒーを楽しんでいます。

先週通っていた現場も無事完了しました。

2014-3-6e.jpg 2014-3-6b.jpg
家の裏側にあるテラスにちょっと変わった色のタイルを貼りました。

家の基礎部分には通常、空気を循環させるための換気口があるのですが、タイルを貼ってしまうと換気口が埋まってしまうので、その部分は空気が抜けるように細工をして、上にグレーチングを置いて対処しました。
2014-3-6d.jpg 2014-3-6c.jpg




別の現場では真っ白のタイルも貼りました。
2014-3-8c.jpg 2014-3-8b.jpg

玄関を出て二か所に分かれて階段があるという、ちょっと凝ったデザインです。

上の画像はタイルとタイルの間に目地を入れていない状態なのですが、目地を詰めるとこうなります。

2014-3-8e.jpg 2014-3-8d.jpg
白いタイルに白い目地を入れました。
お客さんは白色が好きなようです。
でもタイルと同系色の目地を入れてしまうと、それぞれのタイルがぼやけてしまいます。
しかも、最初のうちはいいですが、土足で歩く部分に白目地は直ぐに汚れてしまうし、水垢などが染み込んでしまうと、目地が変色するし、決して綺麗なものではありません。
絶対にお勧めはしませんが、今回はお客さんの希望ですから指示通り施工させて頂きました。


2月~3月は忙しさもピークになるとの予想でしたが、確かに周りの職人達は忙しそうに走り回っているようですが、当社は案外のんびりしています。
去年暮れから今年にかけて、仕事をしていて楽しくない得意先はバッサリと切っていったので仕事量が減ったためです。
「楽しくない」と感じる理由としては、仕事内容ではなく、やはり人間関係です。
「この人、この人達と一緒に仕事がしたい」と思える得意先だけに絞って細々と業務を続けています。


自論ですが、仕事の関わり方として大きく分けて二つあると思います。
ひとつは、色々と工夫しながら仕事は楽しくやるものだという考え方。
もうひとつは、仕事中は時間を拘束されても、仕事が終われば気持ちを切り替えて自分の好きな事に時間を使うというタイプ。

これはキッパリとふたつに分かれるものではなく、仕事内容によって振り分けられる部分もあるので、その辺のバランスを保ちながら、日々仕事に取り組んでいます。
このバランスが崩れてきたときにどうするかが重要だと思います。

私の場合は、趣味の音楽活動に没頭する・・・と言いたいところですが、
まずは仕事をサボる。
これに尽きます。



先週末には、学生時代の友人らと遅めの新年会もありました。
2014-3-8f.jpg
昔はかなりアホなことをやっていた連中も、最近ではすっかりと真面目な旦那になってしまってちょっと寂しい感じがしました。

一か月振り の更新

気がつけばもう3月になってしまいました。
ちょっと油断をすると更新がご無沙汰になってしまいます。

久し振りに風邪をひいてしまいまして、今日は雨ということもあり、自宅で養生しております。
ブログ更新の遅れのために現場の画像もだいぶ溜まってきてしまいましたが、ダイジェスト版で紹介します。


2014-2-7b.jpg  2014-2-6b.jpg
玄関のタイル貼りです。
一軒家ではもうタイルを貼るところは玄関のみになってしまっています。
昔はお風呂場や台所前の壁とかにもタイルを貼っていたのですが、どんどん仕事が減ってきております。


玄関タイル貼りの現場をもうひとつ

2014-3-5c.jpg
これはセメントで床を仕上げてある玄関なんですが、これに予算をあまりかけずにタイル貼りの玄関にしてほしいとの依頼があり、セメントの上に直にタイルを貼りました。
こんな感じ

2014-3-5d.jpg 施工後→ 2014-3-5f.jpg 2014-3-5e.jpg
簡単にペタペタとタイルを貼ったように思われそうですが、実はこれは結構難易度の高い作業なのです。
既存のセメント床はタイルを貼る予定など考慮していないので、微妙に波打っていて、その上に平なタイルを貼っていく訳ですから、それなりに調整しながら施工していかねばなりません。
なんか自分の技術を自慢しているかのような書き方になっていますが、職人なら出来て当たり前の事を書いているだけです。

別の現場ではセメントの床にタイルを貼り、玄関ポーチを作ったりもしました。
20014-3-5n.jpg 2014-3-5o.jpg


玄関ポーチからそのまま階段へと続くパターンもよくあります。

2014-3-5b.jpg 2014-3-5i.jpg 2014-3-5h.jpg


先週中頃から掛かっている現場はここ

2014-3-5j.jpg



玄関ポーチは出来上がっていて道路までのアプローチ部分のタイル貼りと、この家の裏側には大きなテラスがあり、その部分もタイルを貼る予定です。
2014-3-5l.jpg 2014-3-5k.jpg
テラスが広すぎて、全体像が写真に納まりきらないですが、ここ最近は本職の仕事が続いています。


********


ところでネットで色々と検索していると、こうゆう興味深いものがヒットしました。

だんぼっち

防音室なんですが、ま、素材がダンボールなのであまりこれには期待できませんが、気楽に防音効果を楽しむには良いかと思います。しかし、値段設定が気楽ではないようです。

で、私も自作で作ってみることにしました。
まだ構想段階ですが、このブログで随時紹介していきたいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク