スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事など

今日も朝から雨です。

久し振りの更新になります。

雨の日が多く、なかなか仕事の方が捗っていませんが、雨では仕方ないです。
人間は自然には逆らってはいけません。
自然との共存が人間に限らず生物にとっては一番望ましい事だと思います。

・・・自分で何を書いているのかよく分かりませんが、要するに雨の日は仕事は休みということです。
それでなくても、この時期は現場仕事の数が激減するので、厳しい状態です。
関西弁で一言で表現するなら「さっぱりワヤですわ」という言葉がしっくりくる今日この頃です。


それでもなんとか休みの日が多いながらも頑張っておりました。

昨日まで行っていた現場は家から車で30分程のところなんですが、周りの景色はこんな感じでした。

2013-625a.jpg

道の横には水車なんかもあったりします。
2013-6-25b.jpg 2013-6-25c.jpg
こうやって写真に収めてしまうと、単なる絵でしかないですが、近くで見ると水をかき回す音や木が軋む音が鳴っていて結構な迫力です。



仕事の方はいつも応援に来てくれている職人と一緒に作業をしていました。
2013-6-25e.jpg

庭が広すぎて写真に納まりません。
2013-6-25d.jpg


今月は雨や仕事が暇でもうお手上げ状態でしたが、なんとか明日からボチボチと仕事依頼もきているので、挽回していかねばなりません。


・・・・・・・・・・・・・


先日久し振りに雑誌「player」を買いました。
買うのはたぶん10年振りぐらいだと思います。
10年前は表紙がビートルズだったので思わず買ってしまったのですが、今回は表紙が「バン・ヘイレン」だったので買ってしまいました。

バン・ヘイレンは私にとっては永遠のギターヒーローな訳ですが、現在ツアーで来日中ということで、表紙になったのでしょう。
バンドサイドの意向で今回のツアーではライブ時の写真、ビデオ撮影okということなのでyou tubeで最新のライブの模様が確認出来ます。
学生の頃はバン・ヘイレンのライブの海賊版(当時はレコード)を集めるのに必死でしたが、どうせ隠し撮りして海賊版として出回るのなら、撮影okにしてしまえ!ということでしょうか?

それとも今バンドが絶好調なので、より多くの人に見て聴いてもらいたいという想いがあるのかも知れません。


久し振りに買った雑誌の方は、来日の情報がちょっぴり書いてあるだけで、後は昔のインタビュー記事が掲載されてるだけで内容はかなり薄いですが、それでも買ってしまうファン心理を上手く突いた雑誌であることだけは確かです。


2013-6-25f.jpg

スポンサーサイト

サウンドチェック(line out)

今日も朝からコーヒータイムをしながらのんびりと過ごしております。
今週は3日連続の朝からコーヒータイムとなっています。

一応今日は現場仕事の予定でしたが、天候が悪く明日に延期となりました。
上手くいかない時はこんなもんです。

仕事がないからといって家で閉じこもっているのも精神的に良くないので、出来るだけ外に出るようにはしています。



昨日は地元の練習スタジオに行き、サウンドチェックをしていました。

2013-6-18a.jpg

今回のサウンドチェックは以前から気になっていたギターアンプの後ろ側にあるラインアウト端子はどのような音が出力されているのかの確認をしました。

これ

2013-6-18b.jpg

レコーダーに録音して確認してみたところ、ギターアンプの全面のスピーカーから出てる音がそのまま出力されているようでした。
ま、予想していた通りなんですが、ハウリング(フィードバック)などの音もそのまま出ていていい感じでした。

何故こんな確認をしているかと言いますと、ライブレコーディング時にギターアンプの前にマイクを立ててギターサウンドを録音すると、演奏している他の楽器の音も入ってくるので、アンプのラインアウトから音を取り出せるのならカブリの問題が解決されるからです。
でも基本的にはギターサウンドはアンプにマイクを立てて録音する方が空気感というか、本来のギターサウンドが録音出来るようですが、いくら良い音で録音出来ても他の楽器とカブってしまっていたら編集時に音のバランスをとるのに苦労するので、少々のリスクを負ってもライブ録音ではラインで録った方が得策と考えています。

これは狭いライブ会場や、スタジオセッションなどを想定した場合の対策ですが、広いステージでの演奏などではカブリも少ないのでこの対策は必要ないでしょう。
というか、そんな広い会場を使って行うライブのPAなど私のような「なんちゃってPA屋」には依頼もこないし、対応も出来ません。

まだ先の話ですが、9月中頃にまたスタジオセッションがあるので、それまでにしっかりと対策を考えたいと思います。


ところで、今年から新たに始めた「ライブレコーディング」という趣味についてですが、アマチュアのライブでライブ演奏をきっちりと録音するという環境は私が知ってる限りでは、あんまり聞いたことがなかったので、それなら自分でやってみようと思い始めたのですが、結構色々な人が色々な場所でやっているようです。

私がいうライブ録音というのは、それぞれの楽器を個別にマルチ録音して、それらを編集して2トラックにまとめることですが、一昔前ではそうゆうことをするための機材を手に入れるのが高価で難しいかったのですが、今では容易に手に入れることが出来るようになってきているようです。

その辺の具体的な話はまた機会があれば書きたいと思います。


・・・というか、今はこんなことをしている場合ではないのです。
今年に入り、色々な機材を買い込んだために支払いに追われる毎日の中、仕事がなかなか動かず、収入も減り、厳しい状態です。

取り敢えず、レーザーディスクでも見ながら、今後のことを考えたいと思います。

3つの共通点

今日は日曜日。
カレンダー通りに仕事も休んでいます。
連日30度を超す真夏日が続いたので流石にバテ気味です。


先日からかかっていた大きなベランダのある現場も完了しました。
これがベランダ部分です。
2013-6-11a.jpg 2013-6-11b.jpg


ベランダの外壁にもタイルを貼りました。
2013-6-12a.jpg


一階のガレージ前もタイル貼りでした。
2013-6-12b.jpg


景気も回復傾向などというニュースが出始めている今日この頃、まだまだ庶民には実感がありませんが、儲けてる人は不景気などとは関係なく儲けている訳で、方法論を真似することは出来ませんが、参考に出来る部分は多々ありそうです。

あまり大きな声では言えませんが、この現場の施主は以前は建築屋を経営していたようですが、見切りをつけて現在はリサイクルショップを経営されてるようです。

観察していると儲けてる人というのは同じ共通した部分がありそうです。

1.決断が速い
2.情報収集力がある
3・何事にも前向きである


ま、金儲けにはあまり縁のない当社ですが、金儲けに限らず、この3つは普段の生活の中でも必要であることなので、見習わなければならないと思います。


今日はそんな事を考えながら、普段使っている道具でも磨こうと思います。

片づけの重要性

昨日から現場仕事に復帰しています。

2013-6-6a.jpg  2013-6-6b.jpg

これは大きな家のベランダ部分の壁や床にタイルを貼っています。
私を含めて3人で作業しています。

複数の職人で作業する場合の注意点は、やはり仕事の段取りと現場の整理整頓だと思います。
これは以前にも何度も書いていますが、現場がちらかってくると、材料や道具を探すのも一苦労します。
余計な時間もかかってしまいます。

私は作業しつつ片づけながら進めていくようにいつもしていますが、今回一緒に作業している職人は、作業をしたらやりっぱなし、タイルを貼ったら貼りっぱなし、必要のない道具も出しっぱなし、片づけは最後にやったらいいというスタイルの職人です。
そのままにしておくと夕方頃には足の踏み場もなくなってきます。

こうゆう職人はこうゆうスタイルなので、言っても無駄なので出来る限りこちらで片づけるようにして、作業を円滑に進めていけるようにしていくしかありません。


でもこうゆう人間に限って作業場はちらかすくせに、自分の車の中は綺麗に整理整頓出来ていたりします。
その職人に嫌味を言いつつ毎日片づけながら作業を進めていく日々がしばらく続きそうです。

心充電中

今日も快晴です。
朝から家でコーヒータイムを楽しんでいます。

仕事の方は明日から頑張るとして、今日もう一日ゆっくりさせて頂きます。


ゆっくりしている場合ではないのですが、色々あって気持ちの整理が必要と勝手に判断し、今日は仕事をサボりたいと思います。


実はいつもよく一緒に仕事をしていた建築屋の社長が亡くなったのです。
今年はまだ一緒に仕事をしていなかったのですが、2年前は二人で九州に出張も行きましたし、去年も色々な現場を一緒にこなしてきました。

今年は3月頃に仕事依頼の電話があったのですが、ちょうど私の方も忙しくてお断りしてしまったのですが、もしかすると社長一人で無理をしたのかも知れません。


社長の仕事以外のプライベートな事などはあんまり話はしなかったのですが、離婚していて長男、長女がいるという事だけは知っていました。もう子供達も世帯をもっていて、関東、名古屋にそれぞれ住んでいるようです。
たまに孫を連れて大阪に遊びに来ていたので何度か会ったことはありました。

子供達が父親と最近連絡がつかないという事で、実家へ行ってみたら、部屋で一人横になって死んでいたそうです。


それを聞いても信じられなくて、社長の自宅兼倉庫へ行ってみると、普段と変わらない風景がそこにありました。

・・・が、倉庫の扉が開いていたので中を覗いてみると、もう足の踏み場もないぐらいグチャグチャで、何処かの業者が金になるような道具や建築資材を盗んで行ったようです。
・・・なんとも言えない光景でした。


何か形見になるものはないかと探していると、社長がいつも使っていた刷毛が落ちていたので勝手に拝借してきました。
2013-6-3.jpg
これは社長と一緒に道具屋で買ったものです。


社長は私にとって大きな存在でした。
タイル仕事だけでは食べていけないのでもっと色々な仕事をするようにアドバイスしてくれたのも、色々な仕事の段取りを教えてくれたりもしました。まだまだ教わりたい事が一杯あったのですが、亡くなったのが3月末、私がそれを知ったのが5月末。
あまりにも寂しすぎます。

 
「人間はいつか死にます。だから今を精一杯生きましょう!」
なんて青臭いことは言いたくありません。
でもこの歳になって自分がこの世に生まれてきた意味はなんなのか考える時がたまにあります。
今はまだその答えは見つけていませんが、いつ死んだとしても、自分の周りのお世話になった人達に私という人間がこの世にいたということだけは頭の片隅にでも覚えておいてほしいという願望はあります。

そのためには今何をすべきかはおのずと見えてきます。


重たい話題を仕事をサボりながら考えていますが、明日からは通常業務に戻る予定ですので、今日だけは好きなようにさせて頂きます。



・・・ま、いつも好きなようにやってるけどね

ちょっと寝不足気味

週明けの月曜日、リビングの窓から朝日が眩しいくらいの好天に恵まれ、最高の仕事日和でしたが、今日はちょっとやりたい事があったので仕事は休みました。

やりたい事というのは先日からやっている音源のデータ管理です。
もうやり出すと意地になってきます。
ここ数日間は睡眠時間は3時間ぐらいでしょうか。
お昼に3時間程昼寝しながらも、なんとか作業の方は進めています。



昨日の日曜日は寝不足ながらも現場仕事をこなしてきました。

2013-6-2a.jpg 施工後→ 2013-6-2c.jpg
玄関アプローチのタイル貼りです。


作業自体は別にこれと言ってコメントすることは何もありませんが、作業を終えてから道路を綺麗に洗っておきました。
2013-6-2d.jpg
これが私流の営業活動でございます。


作業が早く終わったので昼からは先日施工した現場へ行き、残っていた仕事を仕上げてきました。

2013-5-57d.jpg  → 2013-6-2e.jpg
玄関ポーチが高いので一段ステップを作りました。
センスの悪いラインもそのまま引き伸ばしました。

先日にこの玄関を施工したときは、白のアクセント・タイルが不自然な感じがしてのですが、「慣れ」というのは恐ろしいもので、今日はそんなに気にならなくなっていました。
寝不足で判断が鈍っているのかも知れません。


音源データ管理はまだまだ続きますが、明日からは少しペースを落として無理のない範囲でやっていきます。

天然石の行方

ここ最近はマイペースな更新になっています。
ま、ブログに限らず全てにおいてマイペースで生活しているので、気にすることでもありません。

いよいよ6月に突入です。
雨の日が多くなりそうですが、昔ならそれを見越して室内で出来る作業を確保したりして梅雨時期を乗り越えていたのですが、室内でのタイル仕事というのが少なくなった今日では、雨の日は作業をあっさりと諦めて朝からコーヒータイムを楽しむしかありません。


先週の作業をダイジェスト版で書いておきます。

先週初めは門扉のブロック積み作業をしていました。
2013-5-29.jpg
画像では一方しか積んでいませんが、両サイドにブロックを積んだのですが、ブロックを積み終えてからいくつかの失敗をしていることに気がつきました。
取り敢えず今のところバレてないのでこのままにしておきますが、また機会があれば失敗の内容を説明致します。


気を取り直して次の日は玄関アプローチのタイル貼り作業でした。
2013-5-31a.jpg
これはもう本職ということで失敗もなく、ビシッと決めました。



そしてアプローチから道路までは乱石を貼りました。
2013-5-31b.jpg

ちなみにこれは私が並べたのではなく、この現場を担当している外構屋の職人さんが並べたものを、私がセメントで高さを合わせて貼っていきました。
2013-6-1.jpg


今回使用した石はこんな感じでした。

2013-5-31c.jpg
全体的にゴツゴツした感じの天然石ですが、このまま施工するとゴツゴツした部分に水が溜まるということで石をカットして平な部分だけを使って並べていったそうです。

遠くから見ると丁寧に施工されてる感じが分かります。
が、亀の甲羅のような、もしくはステンドグラスのような雰囲気になっている感じもします。
本来の天然石のダイナミックさが削り取られてるといった感じです。

ま、別にどれが正解ということもないので、これでもokですが、「ゴツゴツした部分に水が溜まる」と言ったのはこの某ハウスメーカーの営業マンな訳で、仕事を知らない人間に振り回される下請け業者の性みたいなものをヒシヒシと感じました。

カッコよく言えばフリーとも言いますが、何処にも所属していない私は、ほんとに気楽なもんだなぁとつくづく思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。