スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱石の再利用

日曜日の今日は久し振りに何も予定がなく、家でゆっくりと過ごしています。

仕事で無理をしたのか右手首に痛みがあり、今日の休みは有難いです。


仕事の方は、3件目のレンガ積みに着手しています。
2012-10-23.jpg


でも木曜日~土曜日までは現場を空けさせてもらって、別の現場へ行っておりました。



まずはタイル貼り作業です。
2012-10-26a.jpg 
施工後

2012-10-26c.jpg 2012-10-26d.jpg


昨日は先日に現場下見に行った乱石の補修作業でした。
2012-10-8a.jpg

画像で見る限りではなんともないように思いますが、殆どの石が浮いてしまっています。
補修というよりも全面貼り替えとなりました。
助手をつけてもらって、石の貼り替え作業をしました。
2012-10-27a.jpg → 2012-10-27b.jpg


補修に伴う予算がないとのことで、現状に貼ってある石をそのまま使用せよとの指令があり、
かなり難易度の高い作業でした。

施工後

2012-10-27c.jpg


元々貼ってあった石もお世辞にも丁寧とは言えない施工ですが、石をめくる際に粉々に割れてしまった石は新たに使うことが出来なく、限られた石数で埋めていかねばならず、おおざっぱな施工になってしまいました。

この現場のように、苦労する割には綺麗に仕上がらないというのは精神的にも肉体的にも疲れます。


明日からまたレンガ積みの現場へ戻ります。
まだまだ長い戦いの日々が続きます。
スポンサーサイト

職人達

もうそろそろモモヒキが必要な季節になってきました。
現場仕事をする者にとっては一番仕事のやりやすい季節です。
この前まで汗ダラダラかきながら仕事をしていたというのに・・・

と、言ってるうちに手がかじかむぐらい寒い季節になり、寒さで鼻の感覚も麻痺し、
鼻水が垂れていても気がつかない日々がおとずれるでしょう。
いつもの事です。


今日は応援の職人の現場でタイルを貼りました。
写真を撮り忘れましたが、応援の職人と、それ以外にも3人程タイル職人が来ていて、一緒に作業をさせて頂きました。
前日に作業内容を聞いていたので、久し振りにタイル職人達に交じって仕事が出来るのを少し楽しみにしていたのですが、ま、それなりでした。


一緒に作業をした職人達は私よりも少し年上のベテラン陣でしたが、一ヶ月に10日程しか仕事がないそうです。
当然と言えば当然の事です。
このご時世、タイル仕事だけで食っていくのは厳しいものがあります。

「これだけ不景気で単価が下がってもうどうにもいかんわ~」

と嘆いていましたが、どうにもいかんのは、君達です。

これだけタイル仕事が減っているのに、まだタイル工事専門で作業していたら、そら仕事は無いです。
今時毎日タイルを貼りたいというのなら大きなマンションなどの壁面のタイル貼り工事ぐらいでしょう。
これらは「野帳場職人」といって、大きな現場専門で廻っている人達です。

私も独立して仕事がない時はマンションなどのタイル貼りをさせてもらっていましたが、
現場が大きいので毎日同じことの繰り返しです。
人によってはそれが楽で良いという人もいますが、私には退屈で仕方ありませんでした。
しかもタイルを貼る面が多く、スピードが要求されます。
個々人のスピードというよりも3~5人でのチームプレイの段取りが全てだと思います。


それが出来ないのなら私のように「町屋職人」といって、一戸建てのタイル貼りや、リフォーム工事に伴うタイル工事、タイル工事以外にも出来る範囲で業務に対応する柔軟性をもった職人になるしかありません。

色々な職人さんを見ていて思うことは、職人なので仕事が出来て当たり前。
プラスαがないと生き残っていくのは難しいと思います。

ま、αというのは一言で書くと「人間関係」でしょう。

このブログでも何度も書いてると思いますが、それは仕事を覚える事よりも難しいことかも知れません。
でも案外簡単なことでもあります。

「自分に正直になること」
「しょーもないプライドは捨てる」

この2点を備えていれば、なんとかなるのではないでしょうか。

簡単なようですが、これらを備えている人は精神的にもよっぽど強い人だと思います。


当社の発展のためにも私も精進致します。

連休

今日はいつも応援に来てくれている職人さんの現場へ手伝いに行く予定でしたが、雨で中止になりました。
昨日から連休になり、しっかりと養生が出来ました。

久し振りにゆっくりと音楽鑑賞も出来ました。

今回レンタルしたきたのはこれ

2012-10-17a.jpg
ジョージハリスンの名作「オール・シングス・マスト・パス」である。
ビートルズ時代のジョージの作品はあまりピンとこない曲が多いので、ジョージのソロのアルバムには今まで関心を持っていなかったのですが、ま、名作ということなので借りてみました。
もう30年も前の作品ということですが、それを象徴するような合成されたアルバムジャケットが面白いです。
作品の内容の方はまた機会があれば書きたいと思います。


アマゾンで注文していた本も届きました。

2012-10-17b.jpg
ちょうどレンガ積みの家を施工している者にとっては、興味のあるタイトルだったので思わず購入しました。


著者は工務店を経営されてるようです。
・・・・が、レンガ積みの家の秘密というのは、レンガをただ単に積み上げていくのではなく、鉄筋を家の壁に固定させて強度を保っているとの簡単な説明のみで、後はレンガ積みの家以外での自社の施工物件はどれだけ手間暇をかけて取り組んでいるかの話ばかりでした。

毎日レンガを積んでいる者にとっては当たり前のことを書いてあるだけで、本のタイトルに騙された感じです。
でもこのブログのタイトルも殆ど騙しに近い状態になってきている今日この頃です。

久し振りの休日

今日は朝からモーニングコーヒーを楽しんでおります。
久し振りのオフ日です。

昨日は玄関のタイル貼りでした。

2012-10-15.jpg

なんとか完成です。

この現場はレンガ積みの家の現場の合間に玄関ポーチを作ったり、
2012-9-2b.jpg

基礎部分を左官仕上げしたり
2012-10-12d.jpg

色々とさせて頂きました。


日々の疲労の蓄積により身体の節々がギシギシと軋んでいるので、今日はゆっくりと家で静養することにします。

業務報告92

相変わらず、連日レンガを積んでいます。


2012-10-12b.jpg   2012-10-12a.jpg  

中国人研修生達も頑張ってくれています。



そして、なんとか今日2軒目のレンガの家が完了しました。

2012-10-14d.jpg

中側はこんな感じ

2012-10-14a.jpg




しかし同じ敷地内にもう1軒建っています。
2012-10-14c.jpg
これも来週からスタートしますが、やりだすと、なかなか現場を抜けれなくなるので、休みをもらうにはこのタイミングしかないと思い、4~5日程休みをもらいました。

その間に色々とやらなければいけない仕事を片づけたいと思います。



まずは先日家の基礎を左官作業をした現場にタイルを貼ってきます。
2012-10-12c.jpg


写真を撮り忘れましたが、週末の土曜日はガレージ前の乱石の浮きの補修に行ってきました。
これ

2012-10-8a.jpg
2軒分が隣り合わせになっていますが、取りあえず一軒分だけ補修しました。
補修といっても、石を全部めくり、めくった石を再びモルタルで敷きつめるという作業になり、一日で仕上げなければならず、必死でした。
結局、右腕が筋肉痛になり、腕が上がらない状況です。

近日中にお隣の乱石も補修しなければならず、それまでに完治しておかないと身体が壊れてしまいそうです。


今のところ、今週の火曜日は何も予定を入れていないので、久し振りに一日休めそうです。

業務連絡87&その他

気がつけばもう暑い夏も遠ざかり、芸術の秋本番といった気候になっています。
現場仕事するには一番良い季節でもあります。


相変わらずレンガを積み続けております。
2012-10-6.jpg
2軒目もだいぶ出来あがってきました。
今週中にはほぼ完成に近いところまでいけると思います。

でも次の一軒が向かい側に新たに建っているし、来月中頃にももう一軒レンガ積みの依頼がきました。
このご時世、毎日仕事があるのは有難い事ですが、年内いっぱいはレンガ積み作業に追われそうです。


しかし、得意先はレンガ積みの家だけではないので、他の現場をどのように対応していくかが今後の課題でもあります。

レンガ積みの作業がない時に上手く別の現場を割り当てるようにはしていますが、全く休み無しの状態が続くので流石にキツイです。



昨日、一昨日の連休も別の現場対応でした。

2012-10-8b.jpg
家の基礎部分の左官仕上げをしました。
画像では分かりませんが、家の周り全部を塗ると結構な仕事量でした。
まだまだ左官仕事は慣れてないので上手くいかず、時間が掛ってしまいました。
後日この家の玄関のタイル貼り作業もありますが、これもなんとかレンガ作業の休みの日に
いけるように調整する予定です。


現場下見にも行ってきました。
2012-10-8a.jpg
ガレージ前に乱石を貼ってありますが、全部浮いてしまっているようです。
画像ではなんともなさそうですが、手でたたくとポコポコと石が浮いている音がしています。
石が捲れるのも時間の問題かと思います。
貼り替えるしかありません。
しかも修理する予算がないとのことで、貼っている石をそのまま使ってほしいとのこと。
なかなか厳しい注文ですが、そこはプロとして出来る範囲で対応するしかありません。
難儀な作業なので、応援の職人に頼むことも出来ず、
この現場は今週の土曜日にしてほしいとのお客さんからの依頼もあり、レンガの現場を空けて行くしかありません。



なにかとバタバタとした日々が続いていますが、趣味である音楽からどんどん遠ざかっていってしまっているのが気がかりでもあります。
仕事が少し落ち着いたらまたアクションを起こしていこうとは考えてはいますが、これだけ楽器を触っていない日々が続くと感を取り戻すにもかなりの時間が掛ってしまいそうです。

そんな中、嬉しいこともありました。
以前ジャズバンドを組んでいたメンバーがこのブログを見て場所が分かったとのことでレンガ積みの現場へ来てくれたのです。
今は仕事に追われてしまっていて音楽仲間の誰とも連絡を取っていない状態なので、私のことなど忘れられていると思っていたのでビックリでした。


まずは片づけなければいけない作業をきっちりとこなし、音楽活動出来る時間を確保出来るように努力していきたいと思いました。

業務報告85

気がつけばもう10月になっていました。
久し振りの更新です。

先月からずっとレンガを積み続けています。
3軒同時着工していますが、取りあえず一軒は完了しました。
作業途中の画像が沢山あるのですが、全部載せても仕方ないので3枚だけアップしておきます。

2012-9-6a.jpg 2012-9-18a.jpg 2012-10-1f.jpg


そして完成写真がこれ

2012-10-1g.jpg

下から一個ずつ積み上げていきました。
2012-10-1i.jpg  2012-9-18c.jpg

レンガは自然素材でありながら、半永久的な強さを持ち、時を重ねるほどに風格が生まれます。
しかも、家本体とレンガの間には数センチの空間がある通気工法なので、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴です。
ま、私は実際にレンガ積みの家に住んだことがないので分かりませんが、レンガを積んでいて気になることもいくつかありました。

たとえば窓やサッシなどは通常の日本の家なら雨戸が標準装備ですが、このレンガの家にはありません。
2012-10-1j.jpg  2012-10-1k.jpg
防犯面でいかがなものかと思います。
外国では窓には鉄格子などがついているようです。

家一軒で約9千個のレンガを使うのでかなりの重量になります。
レンガを家の壁に直接貼り付けてる訳ではないので、家自体には負担はないとのことですが、
レンガは家の基礎の上に積み上げていくので家本体に全く負担がないというのには疑問が残ります。
ま、その辺のことはお偉い人がちゃんと強度計算をして、レンガの重量に耐えられるだけの基礎を作成していると思いますが、それにはよっぽど地盤がしっかりしていないともちません。

色んな事を考えながら、毎日コツコツとレンガを積んでいます。


今は完成した家の隣の家のレンガを積んでいます。
2012-10-1h.jpg

中国人研修生とも仲良くなり、一緒に頑張っています。
言葉は通じませんが、ゼスチャーでなんとかこちらの意思は伝わっているようです。
現場画像は人物は写っていませんが、中国人研修生3人を始め、こちらのグループ4~5人が常時慌ただしく動き回っています。





レンガ積みの現場はご近所に配慮して日曜日は仕事をしないようにしているので、その日に別の現場へも行っています。
2012-9-18d.jpg 施工後→ 2012-9-18j.jpg
玄関周りに壁と同じような色の擬石を貼りました。


キッチン前の壁にもタイルを少し貼りました。
2012-9-18e.jpg 施工後→ 2012-9-18f.jpg

角の部分は専用のプラスティックの素材を使ってこんな感じで仕上げました。

2012-9-18h.jpg 2012-9-18i.jpg


タイル補修工事もありました。

2012-10-1a.jpg
これは以前施工した大きな庭のある現場の通路部分のタイルなんですが、浮きあがっています。
この部分は今まで何回も補修しているのですが、やはりまたタイルが浮いてしまいました。
タイルを捲り、一応いつも通りに貼り替えました。
2012-10-1c.jpg 補修後→ 2012-10-1d.jpg


こんな感じでレンガの現場が休みの時は別の現場へ行っているので、ここ一ヶ月以上全く休みなしの状態です。
毎日レンガを掴んでいると指もボロボロになってしまってギターなど弾ける状態ではありません。
早くレンガの現場から離れたいのですが、同じ敷地内にまた一軒レンガ積みの家が建ちました。
P9280042.jpg

もしこの家もこちらでレンガを積まなければいけないのならば、まだまだ先が見えなくなります。
この状態がさらに続けばブログのタイトルを「タイル職人の音楽活動出来ないblog」に変えないといけなくなってしまいます。

ま、これも楽しみながらやってはいますが、さすがに疲れが溜まってきています。
ここは踏ん張りどころです。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。