テレホンコール待ち

昨日で先日から通っていた現場も私の任務は終了です。
後は浴槽周りのコーキングや水道の蛇口、シャワー等を取り付ければお風呂が使えるようになります。
2012-6-26a.jpg     2012-6-26b.jpg


今日からの仕事の予定が全く入っていないので、現場が終わってやれやれという感覚はありません。

昔なら現場が終わる頃には色々なところへ電話を掛けて次の仕事の営業活動をしていたのですが、2年程前から営業はきっぱりと辞めました。
営業といっても当社では直接お客さんに仕事を取りにいく訳ではなくて、得意先の建築屋や工務店にタイル仕事等を分けてもらうように頼みにいくことです。
電話をして仕事の段取りをしてもらったら取りあえず仕事を休まずに済むので助かりますが、長い目で考えると都合が悪いことに気がついたのです。
借りを作ってしまうと、今度その相手から仕事依頼が合った場合に待ったなしに即対応しなければならなくなります。
忙しい時は重なるものです。今までそれで気を遣い苦しんできたので電話営業は辞めました。


で、今日は予定がなく朝からコーヒータイムを楽しみながら、携帯電話がなれば直ぐに出れるように傍らに置き、次の仕事をただひたすら待ち続けます。

仕事依頼の電話が今日あるかも知れないし、1年間全く無いかも知れません。
経験した者にしか分からない事ですが、この孤独と戦う時が一番キツイ日々なのです。
電話がならない日が続くと、だんだんと気が滅入ってきて精神的に参ってきます。
無理難題言われても、仕事があることが一番の幸せであるのを身に染みて思います。

3年程前に同じような状況に陥って、耐えられなくなり、昔世話になった工務店などに使ってもらうようにお願いしたことがあるのですが、追い詰められてる精神状態で交渉しに行っても上手くいくはずがありません。
さらにドツボにハマってしまった苦い経験もあります。


ここはジタバタせず自分を信じてどっしりと構えておくことにします。

久し振りの本業

今日もいつもの現場へ行き作業をしておりました。

2012-6-25a.jpg
朝から設備屋さんが浴槽を据えてくれたので、昼から自分で積んだブロックにタイルを貼りました。


2012-6-25b.jpg
通常は専用のボンドでペタペタと貼っていくのですが、今回は砂、セメント、水を適度に混ぜて積み上げて貼っていく通称「だんご貼り」での施工です。



2面積み上げた時点で終了です。
2012-6-25c.jpg



明日にはタイル工事は完了の予定です。


明日に備えて夜更かしせずにさっさと寝たいところですが、今からギターの練習をします。

気合い入っています。

new guitar紹介

暇があればパソコンをつければ興味のあるものを見たり調べたり出来るので暇つぶしには重宝しますが、時間を食うだけならまだしも、油断をすると出費がかさむ場合もあるので注意が必要です。

今回も何気なくヤフーオークションを見ていて気がついたら落札してしまいました。
これ

2012-6-23b.jpg

1981年製イバニーズのギター。
メイド・イン・ジャパンです。



30年前のギターなのでもうビンテージギターらしくバインディングもアメ色に日焼けしています。
2012-6-23a.jpg



現在私が所有しているギターはセミアコ、フルアコ等ギター本体に空洞がある、いわゆる「箱モノ」と言われるものばかりなのですが、今回ゲットしたのはソリッド系ギターです。

ソリッド系のギターといえば、数本所有していたのですが、もう必要がないので3月頃にレンガ積みの家の現場で偶然一緒に仕事することになった若い衆達に全て譲ってあげたのですが、ソリッド系のギターが無ければ無いでまた欲しくなってしまうというなんとも説明が出来ない心境に陥ってしまったのです。

「箱モノ」とソリッド系ギターの違いは、ここで説明すると長文になってしまうので省略しますが、とにかく全く違うのです。
箱モノのサウンドも良いですが、昔にロック&ポップスバンドをやっていたこともあってかソリッド系のサウンドも恋しくなるのです。


ところで何故今回このギターをチョイスしたかと言いますと、私が初めて買ったエレキギターがこのギターと同じ機種だったのです。
もう30年程前のことになりますが、当時オフコースやビートルズをこのギターでコピーしていた記憶があります。サウンドには満足していましたが、ギターが重いのが気に入らなくて、友人に貸したままそのまま行方知らずになってしまいました。

今回ゲットしたのはいいが、重さだけが気になっていたのですが、実際に持って弾いてみると、確かに重かったです。しかしフルアコに慣れていたこともあり、ボディが小さいので扱いやすいという部分もありました。


ちなみに私はギターの弦は通常より少し太めの「011」セットのフラットワウンド弦を張っているのですが、以前所有していたソリッド系ギターに張ってみると、弦の張力にネックが耐えきれず反り返ってしまうのです。
トラスロッドで多少の修正は出来ても、そんな弱いネックのギターは頼りなく思えてしまい、使う気になれず譲ったのですが、今回のギターは「011」セットを張ってもネックが反ることなくがっしりしています。
さすが、何十年経っても人気のあるギターはそれなりに頼もしいです。


上のギター画像は陰気臭いカラーになっていますが、照明の当たり方によって綺麗な木目もうっすらと見えてきます。

2012-6-23d.jpg




ところで、ここまでダラダラとニューギターの事を書いておいて言うのもなんでんですが、今回私が一番言いたかったことは、「自分にとって趣味の音楽ってなんなんだろう?」ってことを最近よく考えたりしています。
このブログでも以前書いたことがあるのですが、音楽をやり続けている大きな理由は同じ趣味を通して色々な人との繋がりを楽しみたいのです。
ジャズをやり始めて今年で7年目になりますが、最初の頃は何も分からなくて、とにかく周りの経験者に体当たりにぶつかっていきジャズギターのノウハウを教えてもらったり、また周りの人達も親切に教えて頂き自分もジャズマンの端くれとして活動に頑張っておりました。
というか、頑張っているつもりでした。

でも未だに上達せずにいる自分に歯がゆい今日この頃です。
今でもたまにセッションに誘ってくれる人もいるのですが、自分のヘボイギター演奏にセッション自体が楽しめなくなってきているので適当に理由をつけて断っています。

こういった状況に陥った場合の改善策としてまず私の頭に浮かんだことは
「初心に帰る」
ということです。

今回のギターゲットはそうゆう意味を込めてのゲットでもあり、夜間でも練習出来るようにソリッド系のギターを選びました。

もう一度音楽活動の目標を立て直し、近い将来のビジョンをしっかり見据えて日々練習に励みたいと思います。





2012-6-23c.jpg

左官仕事に挑戦

今日は日曜日ですが、仕事でした。
この不景気なご時世、有難いことです。

先日から通っている現場へ行き、昨日に大工さんが壁を作ってくれたので、今日はその部分をしごき材で仕上げる作業でした。
2012-6-24a.jpg → 2012-6-24b.jpg

本来なら左官屋さんの仕事なんですが、そんなことは言ってられません。
どんな作業でもチャレンジしていかないとタイル仕事だけに拘っていては生活していけないのです。
色々な作業に挑戦させてくれることに感謝しながらなんとか仕上げました。

2012-6-24c.jpg



セメントを扱うのはタイル仕事でも同じなのである程度要領は分かりますが、所詮素人なので窓周りなどの角などをきっちり出すのが難しいです。
2012-6-24d.jpg

悪戦苦闘しながらもなんとか完了です。
今日仕上げた壁部分は後日ペンキを塗る予定です。
そして先日積んだブロックにはタイルを貼ります。

もう当社は何屋さんなのか自分でも分からなくなってきていますが、
順調よくいけばいよいよ明日から一応本業のタイルを貼ることが出来そうです。

この現場ももうひと踏ん張りです。

自営業の癖

今日は朝からコーヒータイムを楽しみながらゆったりとした時間を過ごしています。

昨日は浴槽の土台になる部分をブロックで作り、周囲をセメントで固めました。
2012-6-22.jpg


これで浴槽を据えることが出来るところまできました。
まだまだ作業は残っていますが、順調にいけば来週半ば頃には完了するので、そろそろそれ以降の仕事も探し始めておかなければなりません。


自営業ということもあり仕事が休みの日でも常に仕事のことを考えてしまう癖がついてしまっています。
でもそれなりの収入があれば文句なしといったところですが、なかなかそう上手くはいかないのが現実です。

最近よく口癖のように同業者や職人に言う言葉があります。

「楽しく仕事が出来ればそれでいいやないか」

そして収入は後からついてくるものです。

そう考えながら日々作業をこなしています。

勉強の日々

相変わらずマイペースで更新します。

今週は台風の影響で天候が悪いのですが、仕事の方は休むことなくガッツリと働いております。

今週からはお風呂の浴槽の入れ替えに伴うタイル工事に着手しています。
2012-6-18a.jpg



予定では2日間程で完了する予定だったのですが・・・

壁のタイルを捲ってみると、タイル下地の木が腐ってしまっていて、簡単にタイルを貼り替えるという事が出来ない状況でした。
2012-6-18b.jpg  2012-6-18c.jpg

築40年の家で、何処からか水が壁の裏に回ってしまい、本来なら壁があるべき所が完全に空洞になっています。通常ならお風呂周りの壁は腰あたりまでの高さまで基礎コンクリート、もしくはブロックで下地を作ります。
この家は全ての壁が木材で作られていました。手抜き工事のようです。


下地がないのでタイルを貼ることも出来ず、それ以前に壁が宙ぶらりんの状態なので地震がくれば壁全体が崩れてしまう危険があります。

お客さんに説明をして、壁の下地から作ることになりました。

浴槽を入れ替えるだけの工事が予想外に大層な工事になってしまいました。

浴槽を撤去し、腐っている壁を落とし、新たにブロックを積み上げ、しっかりとした壁となる土台を作りました。
2012-6-21a.jpg
画像を見ると、積んでいるブロックの後ろに壁があるように見えますが、これは元々あった木材の下地に塗った外壁のコンクリなのです。
ちょっとの衝撃でも崩れてしまいそうなペラペラな壁です。



水掛りの多い高さまでブロックを積み、そこから上は後日大工さんに壁をこしらえてもらいます。
ブロック部分はタイルを貼ります。
2012-6-21b.jpg  2012-6-21c.jpg


とにかくここ数日間は解体作業で埃まみれの日々でした。
本職のタイル仕事に関しては、2日間程の工事ですが、解体から殆ど全て素人の私に任せてくれている元請けの建築屋社長には感謝しています。

純粋なタイル職人だとタイルに関することだけしか考えられないですが、色々なことを経験させてもらっている御蔭で現場の流れや収め方が体で覚えることが出来ます。


慣れない仕事は余計な体力や気を遣うので大変ですが、
日々勉強です。

黄色い潜水艦♪

今日は一日雨で外出する気にもなれず、家でダラダラと3食昼寝付きの贅沢な一日を過ごさせて頂きました。

今回は私のマニアックな音楽活動である「ビートルズ遊び」について書きたいと思います。

まず「ビートルズ遊び」とはどうゆうものかは以下のページの書いてあります。

ビートルズ遊びについて

現在はアルバム「リボルバー」に着手中ですが、その中の一曲、イエローサブマリンをアップします。

yellow submarin


とにかく以前と比べて活動のペースが鈍っております。
その原因は私自身で把握していますが、簡単に言うと「飽きてきた」ということです。

シンプルな演奏ゆえに自分の好きな曲ならまだいいですが、そうでない曲を演奏するのが少々苦痛になってきております。しかし全曲制覇を成し遂げるというのはそうゆう苦痛を乗り越えた先にあるものなので、ここは踏ん張りどころであります。

マンネリな気分を変える為に、機材も少し変えてみました。

まず演奏に使うギターですが、以前紹介したヒストリーのギターを今回から使っています。
2012-6-3a.jpg
エレキでありながら生音もしっかりしているので、まさにこの活動のために作られたギターといっても過言ではありません。

そしてこの「ビートルズ遊び」は気楽にやっているようで、実は録音には少し凝っていて、ギター演奏はマイク録りとライン録りを同時にしていて、それらをミックスさせています。
今回からライン録リ時にコンパクトエフェクターを導入しています。
2012-6-3b.jpg
これはフェンダー・ブルースマンというベースアンプサウンドを意識したアンプシミュレーターです。

オールドアンプの自然な歪みが得られるエフェクターなんですが、「ビートルズ遊び」については歪み系は必要ないので完全に路線を間違えたエフェクターをチョイスしてしまいました。
買ってしまったので渋々使っていますが、私の経験から言うと、失敗から新たなアイデアが生まれるという事もあります。

今後も気分が変わるまでこのスタイルで続けていこうと思います。

今年の失敗作 2

ブログ更新は完全マイペースになってきた今日この頃です。

今日は2週間振りに仕事はなしで、朝からコーヒータイムを楽しんでおります。

今週も色々ありました。

まずは昔よくお世話になったタイル職人さんの応援に行ったり、某ハウスメーカーの研修会に参加するために何十年振りかの通勤ラッシュ時の満員電車も経験しました。
私も20年程前に3年間程サラリーマンをやっていて電車通勤していたのですが、脱サラしてからはもう殆ど電車に乗る機会もなく、毎朝よくこんな状況を耐えてきたなぁと思います。
しかも車内でカバンを持って立っていると、前方に女性が立つと、ちょうどカバンが女性のおしり付近をツンツン当たってしまうので痴漢に間違われないかヒヤヒヤします。
色々と気を遣いかなり疲れました。


一昨日はいつもの玄関のタイル貼りでした。
ここ数日暑い日が続いていて体力も消耗気味でしたが、この現場は殆どが家の影になっていてラッキーでした。

これは作業途中の画像です。

2012-6-14a.jpg



2012-6-14b.jpg
一応完成はしたんですが、道路から玄関ポーチまでの段差が高いということでステップを一段作ることになりました。

2012-6-15.jpg
ま、私が言うのもなんですが、これは基本的に失敗です。
段を作る時は段差を均等に同じ高さにしないと上がりにくいのです。
この段だと道からの一段目が高く、次のポーチに上る2段目が低いので、玄関にたどり着くまで違和感があると思います。
自分でタイルを貼っておきながら完成してから「うわっ!」とびっくりした次第です。
焦って作業するとこうゆう失敗をしてしまいます。

もう今さらジローなので、クレームがつかないことを祈るしかありません。
お恥ずかしい限りです。

当社のビジネス戦略 その1

この一週間は仕事三昧な一週間でした。

先週から取り掛かっていたシャッター周りのタイル貼りも完了しました。

2012-6-12.jpg  2012-6-10a.jpg  2012-6-10b.jpg

なかなか手間暇掛りました。


玄関アプローチの現場も仕上げました。
2012-6-8.jpg  施工後→2012-6-11.jpg

建築業界一般的には暇なこの時期ですが、おかげ様で休みなく働き続けています。

そろそろ休暇がほしいところですが、先月は腰痛の為に殆ど仕事をしていなかったので、ここはもう少し踏ん張ってガッツリ稼ぎたいと思います。


でも予定を毎日ビッシリ詰めてしまうと、この時期は雨が多いので、ほどほどに余裕を持って、対処していかないと、結局自分の首を絞めるだけになってしまいます。


この梅雨の時期を乗り越えると、またあの暑い夏がやってきます。
そうこうしているうちに枯葉舞い散る秋がやってきて、やがては冬が来る。
冬の次には春が待ち遠しくなるが、いずれまた梅雨の時期が訪れる・・・・

ま、難しいことは考えずに、大切なことは、四季折々に順応したビジネス戦略で風邪をひかないように注意することである。
具体的には夏は汗をかけばマメに服装を着替えたり水分を補給し、寒い時期にはモモヒキは必需品だということである。

シャッター部分のタイル貼り

まだ6月ですが、日中はかなり暑いです。

10年程前なら暑い日には昼に冷えたビールを飲み、身体中から汗が噴き出てくるのを見ながら気合いを入れていましたが、やはり歳には勝てません。
暑さにバテながらもなんとか作業の方、進めました。
2012-6-7a.jpg

裏側も途中まで貼り、今日の作業は終了です。
2012-6-7b.jpg

まだ身体が暑さに慣れていないせいもあり、季節の変わり目の今が一番キツイ日々なのです。
といっても、真夏の暑さはもう仕事が出来る状態ではなく、毎年悲鳴を上げてしまいます。

明日も気合いを入れて頑張ります。

ぼちぼち頑張っています

マイペースで更新です。

今日は音楽関連の話題を書こうと思いましたが、急遽気分が変わり、仕事の話題にします。

昨日から腰痛を気にしながらも全力投球で仕事をしています。

今週の業務はブロック積みからのスタートでした。
2012-6-6a.jpg


ブロック積みが完了すれば、そこにタイルを貼りました。
2012-6-6b.jpg 2012-6-4d.jpg

面白い門壁になりましたが、結構個性の強いタイルを貼る時は、全体のバランスが大事だと思います。
今回の玄関はタイル貼りの壁が程良いアクセントになってると思います。



仕事が早めに終わったので、明日から入る現場に行き、作戦を考えていました。
2012-6-6c.jpg
これはガレージ部のシャッターボックスにタイルを貼ります。
玄関の入口部分も同じタイルを貼って統一感をだします。

久し振りに貼り応えのある現場です。

明日に備えて今日は早めに寝ることにします。

腰痛、その他

今日から6月です。早いものです。

いつものように先月の作業をダイジェスト版で書いておきます。

2012-5-27a.jpg 2012-5-27b.jpg
某ハウスメーカーの玄関ポーチ、アプローチのタイル貼りです。




その他にもこんな感じでタイルを仕上げました

2012-5-27c.jpg 施工後→2012-5-27d.jpg


先月の作業はこれだけでした。

先日「完全復活」宣言をしたばかりなのに、張りきり過ぎたのか腰を痛めてしまい、殆ど仕事が出来ませんでした。
「腰痛」に関しては2~3年前から何度も繰り返しているので、気はつけていたつもりでしたが、今回もやってしまいました。
今はだいぶ楽になりましたが、今までなら1週間程で復活していたのが、今回は1ヶ月以上も腰に違和感があり、自分の身体や体力が年々衰えていってるのが身に沁みて感じる今日この頃です。



最近の当社のニュースは、作業車が変わりました。
以前は軽自動車でしたが、車体の大きさは軽自動車と殆ど同じの普通車にレベルアップしました。

2012-3-6a.jpg
軽自動車と違ってパワーがあり、遠い現場までもストレスなく運転出来ます。
ただ、私は車にはひとつだけ拘りがあって、それは音楽を聴く環境が整っていなければなりません。

以前の車にセッティングしてあったカーステレオを新しい車に合わせて作り直し載せ換えました。
2012-3-4c.jpg  2012-3-4b.jpg

普通車ということで運転席以外の座席も座りやすいのですが、完全にフラットに畳むことが出来なかったので、思い切って後ろの座席は全て取り外し、完全仕事仕様の車にしました。
2012-5-22.jpg

腰痛に苦しみながらも、新しい現場の打ち合わせや見積もり依頼は入ってきてるので、今月も色々と現場はあると思いますが、腰の様子を見ながらの作業になりそうです。

プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク