八方塞がりな感じ

久し振りの更新です。

娘の結婚式も終え、一段落と言いたいところですが、仕事の方が炎上したままです。
今週末は雨の影響もあり、ゆっくりとした時間を過ごせましたが、気分的には追い詰められてる状況です。

そもそもの原因はこの現場から起こりました。

2012-2-7a.jpg

今月中頃にお客さんや元請けと一緒に打ち合わせをしたのですが、自社ビル3階建ての正面壁に長方形の御影石を貼る工事の依頼でした。
工事するにはどのくらいの期間と人手が掛るのかをその場で説明しただけでその日の打ち合わせは終了したのですが、どのように作業を進めていけば良いのか具体的に決める為にいつも手伝ってくれている応援の職人に後日現場を見てもらいました。
その時の職人からの返事は厳しいものでした。

石の重さは一枚7キロ程あり、計算すると約450枚貼らなければなりません。
全体の壁に3000キロの重さが掛ってくる計算です。
石の場合はタイルと違って重量があるので貼るというよりは下から積み上げていく施工になります。
なので石の重みは壁だけではなく地面にも掛かるので壁の強度については気にもしていなかったのですが、画像ではよく分からないと思いますが、2階部分にほぼ壁の幅いっぱいに大きな長い窓があり、窓から上は石を積み上げていくことが出来ず、宙ぶらりんの状態での石積み施工になるのです。
2階の窓から上部分は石の重みが全て壁に圧し掛かってきます。
そこで壁が石の重みに耐えられるかが問題です。

このような事を最初の打ち合わせ時にやっておけば、なんの問題もなく対策を立てることが出来たのですが、石屋さんに材料を発注し、石の加工も全て依頼した後だったのでどうにも立ちいかなくなってしまったのです。

私の勉強不足と認識の甘さが今回の失敗の原因です。

この状況をどう切り抜けるか娘の結婚式の後からずっと考えています。
レンガ積みの現場も同時進行しているので現場をこの為に長期空けることは気が引けるので参加していますが、
お客から、元請けから、石屋さんからも電話が何度も掛ってきていて
仕事に集中出来ないためかこちらでも細かいミスをしてしまって立場がありません。

そんな中、別の仕事依頼も来ているのですが、今は新たに仕事を請けると迷惑をかけてしまいかねないので全て断っています。


とにかく石工事の現場をどうにか解決させないことには先に進めない状況になっています。



神経をピリピリさせていても良い解決策なんて浮かばないので今日は先日購入したCDを聴いて気分を落ち着かせるように努めています。
2012-2-26.jpg

ビートルズの楽曲をボサノバ・アレンジしたものが収録されています。
癒されます。


ま、仕事の方は、簡単に解決させるひとつの方法としては
「最初はやると言ったけど、よく考えたら技術的に当社では出来まへんわ~。すんまへん、ハッハッハ~」
と言ってケツを割ってしまえば問題解決です。
ある程度の責任感がそれをさせないだけです。


その場から逃げだしたい自分とそうさせない自分が格闘している日々が続いています。

報告など

今日は早起きしてモーニング・コーヒーを楽しみながらブログを書いています。

おかげ様で昨日、娘の結婚式が無事終わりました。
2012-2-14a_convert_20120214235854.jpg

取りあえず一段落です。
今日は朝から普段の何気ない慌ただしい風景の中に家族が一人いないことに、なんとも言えない寂しさを感じました。


ま、結婚式について思ったことはまた後日機会があれば書くとして、
昨日の昼間は祝賀ムード一色だったのが、夕方には仕事関係の一本の電話により、事態は急変しました。
今日はその対応に追われる日々になりそうです。

この件についてもまた落ち着きましたら書きたいと思います。

所有ギターなど

相変わらず冷え込む寒さが続いています。

先日から通っている「レンガ積みの家現場」ですが、背の高さぐらいまで積み上がってきました。
2012-2-10c.jpg

まだまだ先は長いですが、現場は足場のシートで覆っているので画像では全体像が分かりにくいですが、定期的に画像をアップしていきたいと思います。
ところでこの現場は娘の結婚式や細かい仕事が出てきたのでチームリーダーにお願いして今日から5日間程休ませて頂くことにしました。


で、今日は某福祉施設の浴室の壁タイルが浮き上がってきているとのことで、浮いているタイルを全部めくりました。
2012-2-10a.jpg
タイル剥離の原因は上部に大きな窓があるのですが、その窓のコーキングが剥がれていて、結露した水がタイルの裏側に流れ込んだ為に起こったようです。
2日ほどこのまま養生して壁面を乾かして、また後日タイルを貼りに行く予定です。


・・・・・

ところで、「レンガ積みの現場」では2人程アルバイト君に来てもらっています。
アルバイト君もギターを弾いてるそうで、去年手に入れたミニギターをあげたら喜んでくれたので
昨日は更に我が家に眠っているギターを2本を提供してあげました。
これ↓
2012-2-6d.jpg
どちらもソリッド系のギターですが、昔は大音量でギターアンプを鳴らすことに快感を覚えていたのですが、歳を取るに連れ嗜好も変わり、今ではソリッド系ギターには全く興味が無くなってしまいました。


今我が家に残っているギターを引っぱり出してみました。
2012-2-10b.jpg
アコギ、セミアコ、それにフルアコが3本です。
それにウッドベースです。
ギタリストがギターを数本所有するのは服を着替えるのと同じ感覚で、その日の気分や演奏スタイルで楽器を持ち替えることが楽しいのです。

今までは色々な種類のギターを所有していましたが、今ではやりたいことや方向性もはっきりしてきたのでギターの種類も統一されてきた感じです。

以前からブログでも何度も書いていますが、ジャズがやりたいのです。
ジャズの魅力は人それぞれ違うでしょうが、私がジャズを好きな理由は、
若い頃はロックやポップスバンドを組んでいましたが、それらのバンドではドラム、ベース、ギター・・・等々のパートが集まって音楽を作っていきますが、逆に言えば演奏パートがひとつでも欠けると成立しません。
ジャズではその時に集まった面々で工夫しながら音楽を作りあげていけるのが魅力であり、やりがいがあるのです。

近々練習日記も再開したいと思います。
精進致します。

人手不足月間

寒いです。

現場に出ていてもなかなか体がかじかんで動きません。

先月末からスタートした「レンガ積みの家」に集中したいところですが、
他の仕事依頼もポツポツと入ってきていて、今回も応援の職人の頼らざるを得ない状況になってきました。

新たな現場は某会社の自社ビル正面に御影石を貼る工事です。
2012-2-7a.jpg  2012-2-7b.jpg
足場にはシートが張ってあるので画像では全体像がよく分からないですが、それなりの仕事量があります。
暫くはこの現場に応援の職人さんに通ってもらうしかありません。

来週あたりからスタートします。

「レンガ積みの仕事に集中したいので、暫くは他の仕事はやりたくありません」

と言いたいところですが、やるしかありません。
これ以外にもポツポツと仕事依頼が入ってきているので、上手く段取りを組んでいかないとどうにもいかなくなってしまいます。

早速今月は人手不足でピンチですが、それをチャンスに変えなければこの仕事をしている意味がありません。
頑張ります。

RAIN DAYS

昨日、今日と雨降りの為、レンガ積み作業は中止になりました。

雨の日でもシートを張れば作業が出来るのですが、雨の日は作業はしないようにしています。
湿気が多くて、レンガの目地が普段の日と変わってしまうからです。
この現場をスタートする前に別の業者が施工した「レンガ積みの家」を下見した時に一番気になった事が目地の色でした。
これ↓
2012-1-12g.jpg
所々白くセメント目地が白華しています。
レンガを積んでから雨に打たれたのか、セメントと砂の配合が違ってしまうとこういう現象が起こってしまいます。
あまり綺麗なものではないので、当方では雨の日は作業の中止、セメント、砂の配合は比率を決めてマニュアル可して出来るだけのことはしています。
それでもセメントが白華したりアクが出たりする場合があります。
所詮自然には勝てません。そこがレンガの家の「風格」と認識してくれれば有難いのですが・・・



連日の雨は当社にとっては恵みの雨になりました。

先日タイルが足らなかった現場へ行き、仕上げてきました。
2012-2-6a.jpg  2012-2-6b.jpg
後はここにキッチンが据われば完成です。

タイルを貼る時に外したコンセントも元通りにしておきます。
2012-2-6c.jpg
ま、言ってみればこうゆう作業はタイル屋の仕事ではないので、ある職人からは

「お前がそんな事までするから工務店はタイル職人はなんでもやってくれるものだと勘違いするんや。
お前がやってることはタイル屋の首を絞めてるだけやぞ!」

という風に同業者からお叱りを受けたことがあります。
私はそうは思いません。
昔のようにタイル屋はタイルだけを貼っていればいいという時代ではありません。
出来ないものは「出来ない」とはっきり言うことも必要ですが、何事にも出来る範囲で協力することが大事だと思います。

権利ばかり振りかざしていても人間関係がギクシャクするばかりです。


明日からまた天気が回復するようなので、今日はしっかりと体を休めてレーザーディスク鑑賞に浸りたいと思います。

今年の課題

寒い日が続いております。
以前にも書きましたが、この時期は一日を終えて熱い風呂に入り、体が温まってるうちに布団に入って寝るのが最高の幸せなんですが、そんなちっぽけな幸せなんか早朝の冷え込みで吹っ飛んでしまいます。

ここ暫くは「レンガ積みの家」の施工が続いているために毎日決まった時間に起きています。


作業の方も手探りの状態ながら少しずつですが進んでいます。
玄関周りや、どのようにして積めばいいのか分からなかった窓部分のレンガもクリアしました。
2012-2-3c.jpg  2012-2-3b.jpg


裏面の狭い場所もちょっとずつですが、積み上がってきています。

2012-2-3a.jpg
この画像を見て頂ければ分かると思いますが、レンガが積み上がってくると更にスペースが狭くなってきて、
もうこの時点で足場が邪魔になってそのまま横に歩いていくことも出来なくなりました。
しかもアルバイト君が何も考えずに後ろにレンガを積み上げてくれてるので置いてあるレンガが邪魔になって後ろに逃げることも出来ません。
こんな場所で作業していると閉所恐怖症になってしまいそうです。

ま、この画像は一昨日のもので、昨日中に後ろの壁に上ってレンガを積めるところまできたので、明日からやっと狭いところから脱出できそうです。


久し振りの長期戦の現場なので仕事自体は大変ですが、気の合う仲間との作業なので楽しいです。

去年も今年の年初めも応援の職人さんに手伝ってもらったりして業務をこなしてきましたが、やはり個人で動いてる方が気楽だし、失敗しても自分のミスなので納得出来るし、とにかく余計な気を遣わなくてすむことが一番楽しいのかも知れません。

2年程前から応援の職人さんにも手伝ってもらって現場をこなしてきたのですが、職人さんの手間賃の支払いに追われるばかりで、足りない分は自分の稼ぎからはき出している状況になっていてバタバタしている割には儲けが少ないことに最近になって気づきました。

いつも応援に来てくれてる職人さんは、とっても丁寧に仕事をしてくれるので本当に感謝しているのですが、
丁寧にしてくれるあまり作業量的に3日で仕上げなければならない現場を4日かかったりします。
一日多くかかってしまった分は私の別の現場の報酬分で充填していました。

ここ最近応援の職人さんに頻繁に来てもらっていたので、年末に手間賃や材料代を支払うと年末年始は全く金の無い日々を過ごすことになってしまいました。
それでやっと気付いたのです。


職人さんの作業が遅いのが原因ではなくて、腕のいい職人を数人抱えておきながら、職人を上手く使いこなせていない私に原因があるのだと思っています。
「レンガ積みの家」の工事があるので、他の現場の依頼があった時は応援の職人に頼るしかありません。
実は先週も何度か別の現場へ行ってもらっています。

今年の課題は「職人をどのように使うか」ということになりそうです。



・・・・・

日曜、祭日は「レンガ積みの現場」も休みなので、この日を利用して他の現場の作業に充てたりしています。

今日の日曜日は台所のリフォーム工事に伴うキッチン周りのタイル貼りでした。
2012-2-5a.jpg 施工後 → 2012-2-5b.jpg
なんともセンスの悪い真っ赤なタイルの上からベージュ色の上品なタイルを貼りました。

・・・が、数枚タイルが足りませんでした。
2012-2-5c.jpg
この失敗は痛いです。
また後日足らずの分を貼りに来なければいけないのですが、平日はレンガ積み作業が入っているので厳しい状況です。
こうなると雨が降ってくれるのを願うしかありません。



・・・・・
たまには音楽の話題も書いておきます。

ジャズセッションでお世話なっている某ギタリストから、「最近使ってないギターがあるんやけど、もし良かったらyasuさん使ってくれないか?」
とのことで、ギターをお預かりしています。
それがこれ

2012-1-19c.jpg 2012-1-19d.jpg
1957年製、グレッチのフルアコです。
俗に言うビンテージギターです。
画像では綺麗なギターに見えますが、アップで見ると・・・
2012-1-19b.jpg
経年劣化により木にクラックが入っています。
これぞオールド!ってな感じです。


グレッチと言えばロックンロールやカントリー系のミュージシャンがよく使っているメーカーで、ジャズギタリストでグレッチギターを使用しているのは私の記憶では白人ギタリストのサル・サルバドールぐらいです。
SalSalvadorAd.jpg

ま、音を出してみて分かりましたが、あまりジャズ向きの音色ではなさそうです。
でも「皆と違う物」という意味では非常に心動かされるギターでもあります。

暫く貸してくれるようなので、取りあえずメインギターとして使ってみようと思います。
仕事ネタばかりではなく、たまにはブログで「ギター練習日記」が書けるように精進致します。

レンガ積み

今日から2月です。
ボ~としていると一ヵ月なんてすぐに過ぎていきます。


先週末から今年最初のビッグイベントである「レンガ積みの家」に着工しています。
2012-1-29.jpg  2012-1-31b.jpg


レンガを積んでいくのは3人で、それ以外に材料を運ぶ係を1~2名アルバイトを雇って施工していく予定です。
一ヵ月はたっぷりかかりそうな予感がします。

取りあえず家の周囲をレンガで囲みました。
レンガを5段積んだところで強度を保つための鉄筋をはわしていきます。
こんな感じで↓
2012-1-31c.jpg

この作業を家の屋根の部分までやり続けなければなりません。
レンガは約9000枚あります。
外壁といえばサイディング等が一般的な今日に時代を逆行するような作業です。
まだまだ先が見えず、気が遠くなりますが、コツコツと頑張るしかありません。



ところで先日のブログでも書きましたが、この作業は3人でチームを組んでやっていきます。
その中の一人がいつもお世話になっている建築屋の社長なんですが、先日は飲みすぎの為腹痛で苦しんでいたようですが、仕事を開始するまでにはなんとか体調を整えてきたようです。
さすがです。

この物件は小さなハウスメーカーからの依頼なんですが、今回の家はモデルハウスということで、家の周囲もスペースがありレンガ積みはしやすいと聞いていたのですが、事前の説明とは裏腹に周囲には家が建っていて部分的はかなり狭い個所もあります。

2012-1-31a.jpg

画像では広く見えるかもしれませんが、後ろには隣の家の壁があるのでこのスペースで作業をしていると閉所恐怖症になってしまいそうなぐらい圧迫感があります。
ここに材料を運ぶだけでも手間暇がかかります。
なんとかこの部分を乗り越えれば作業も捗ってくるとは思いますが、暫くは忍耐の日々が続きそうです。

こんな狭い場所があるとは聞いていなかったので、チームリーダーである建築屋の社長は
「おいらは3匹の子ブタか?」
と訳のわからない文句を言いながら黙々と取り組んでいます。



今日は天気が悪いということで休みました。
明日に備えて体調を整えておきたいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク