仕事納め

昨日で一応仕事も片付きました。
後日、応援に来てもらった職人さんに給料をお支払いして仕事納めとなります。


昨日の作業は去年から今年前半にかけてお世話になった大きな庭のある現場での補修作業でした。
2011-3-3a.jpg

上記画像のようにモルタルガレージ部分の一部に水がたまるとのことで、縁に溝を作り、そこに水が流れるように細工しました。
出来あがりの写真を撮り忘れましたが、この現場を請けた社長と和気あいあいと作業をさせて頂きました。

これは私の責任ではないのですが、一応クレーム対応なので、お客さんにお金を請求することは出来ないでしょうからこの現場では儲けさせてもらったこともあり、今日の報酬は頂かないことにしました。
それを昼前に告げると、昼飯は社長の驕りになりました。
ちょっと下心ミエミエでしたが作戦成功です。

こんな感じでこの社長とも来年も一緒に仕事をしていきたいと思っています。



年明けからの仕事もボチボチと入ってきています。
今までは来年の予定は全く無いことが多かったので正月も落ち着かなかったのですが、去年同様来年の正月も比較的ゆっくりと過ごせそうです。




昨日で現場仕事は終わりましたが、普段の仕事の習慣が抜けず今日も朝5時から起きてこのブログを書いています。

今日一日でどこまで出来るかは分りませんが、大掃除の日になりそうです。

皆が起きてくるまではのんびりと新聞を読みながらコーヒータイムを楽しむことにします。

では

いちかばちか

もう今年もあとわずかになりました。
気が付けばクリスマスもとっくに終わっていました。
それだけ頭の中は仕事のことばっかりになっています。

その仕事の方ですが、一応急な依頼がない限り明日で終わります。
今年の業務が終われば真っ先にまず音楽活動が出来る地盤作りをしたいと思っています。
ここ暫くは楽器も触っていないので以前の調子に戻すにはかなりの時間がかかりそうです。

・・・と大げさに書きましたが、以前の調子なんて大したことないので今とそんなに変わりはないでしょう。




今日までの作業内容を今年最後のダイジェスト版で書いておきます。


まず先週の金曜日は手動ドアを自動ドアに入れ替える工事に伴うはつり工事でした。
2011-12-23a.jpg
全部で5個所あり、ドアのレールを取り付ける為に現状貼ってある石やタイルを必要な部分だけくり抜いて撤去しなければなりません。
埃もかなり出るので完全に養生しての作業でした。
2011-12-23c.jpg
はつった部分を綺麗に掃除して作業完了です。
2011-12-23d.jpg
写真で見れば大したことないように思われるでしょうが、埃が外に漏れないように完全密封した中での作業なので、全身埃まみれの息も出来ない状態でした。
普段はタイル工事等の仕上げ作業がメインなので、このような下準備作業は精神的に辛いです。




翌土曜日は玄関アプローチのタイル貼りでした。
2011-12-24a.jpg 施工後→ 2011-12-24b.jpg
すっきりと仕上がりました。




日曜日はマンションのスロープ設置工事に伴うタイル工事でした。
2011-12-25a.jpg
この日は気温もぐっと下がり激寒でした。
気温の低い寒さだけならまだ耐えられるのですが、そこに北風がピュ~ピュ~吹きだすと、もうどうにもなりません。
手も足もかじかんで思うように動かないし、鼻水は突風で伸びて飛んで行くし、冷静な判断が出来なくなってきます。
それでもなんとかそれなりに仕上げました。
2011-12-25b.jpg  2011-12-25c.jpg




そして今日は、以前施工したテラス部分の壁にタイルを貼りました。
2011-12-26a.jpg 施工後 →  2011-12-26c.jpg
この壁部分は当初はペンキを塗る予定だったのですが、テラスのタイルを気に入って頂けたようで
お客さんからの要望でタイル貼りになりました。

写真では綺麗に仕上がってるように見えますが、この現場は大阪の北部ということもあり、朝から雪が降ったりやんだりで、しかも突風もあり思考回路が停止してしまいました。
貼ったタイルを横から眺めるとわかります。
2011-12-26e.jpg
普段ならきっちりと糸を貼ってそれに合わせてタイルを貼っていくのですが、激寒の為、細かい作業が出来ず、勘だけを頼りに貼った次第です。

でも普段、人が立った位置から眺めると、そんなに目立ちません。
2011-12-26d.jpg
目地がガタガタになったが、ギリギリのところでクレームはつかないかなぁと思ってはいるのですが、
このブログを見て頂いてる人ならピンとくるかも知れませんが、「いちかばちか」の作戦です。
もうこうなってしまった事は仕方ありません。
恥ずかしい事ですが、クレームがつかないことを神に祈るしかないのです。

ガタガタな目地で貼っておきながら言うのもナンですが、私としては壁部分はタイルを貼らない方が良かったと思います。
確かに壁と床の一体感がありますが、それが返って堅苦しいイメージになってる感じがします。
壁面は白色系のジョリパット等の塗りものでさり気なく模様をつけて仕上げた方がお洒落なテラスになったと思います。
タイルは沢山貼れが良いといったものではないのです。
全体のバランスが大切かと思います。

ま、ガタガタに貼っておいてそんな生意気な事を書くな!とツッコまれそうですが、私の自論です。




来年こそは出来る限り「いちかばちかの作戦」に出ないようにしたいと思います。

午後のコーヒータイム

巷ではクリスマスムード一色の今日この頃ですが、先日の失敗で
クリスマスなんかどっかへぶっ飛んでしまった感じがする今日この頃です。


今日は応援の職人さんと仕事の引き継ぎをする為に朝から昨日の現場へ行きました。

作業内容を確認し、後は応援の職人さんに任せて私は現場から逃げるように撤退しました。
現場が完了するまで気が休まりませんが、とにかく一段落です。


昼からの予定が無くなったので、この年末の忙しい中、午後のコーヒータイムを楽しみながら
ブログを更新しています。

明日からまた別の現場へ行く予定です。
今年もあとわずか。二度と失敗をしないように気を引き締めて作業に取り組みます。

現場から逃げる

あと今年も10日程になりました。

相変わらず仕事オンリーで頑張っていますが、たんまに心が折れそうになります。
まさに今日がそうでした。

今日の現場は以前ブログでも紹介しましたが、本体工事で近燐とのトラブルがあり、毎回お隣とブルーシートで覆ってから作業しなければいけない現場です。
2011-12-16a.jpg




実はこの現場は先週に側溝を据えたり、レンガを並べたりしました。
そして近燐から苦情が出ないように細心の注意を払っていたのですが、一日の作業を終え、道具を洗っていたら汚れ水が反対側の隣の溝に流れてしまったようで、お叱りを受けてしまいました。

元々トラブル続きでやりにくい現場だったのを外溝屋さんの計らいで隣人の機嫌も直っていたところに私がぶっ潰してしまいました。
お叱りを受けるだけなら聞いてるフリをしていれば済むことですが、この隣人は役所に電話したようで役所の人が4人程現場に来て、溝や側溝の写真を撮り側溝がセメント等で詰まっているとの指摘を受けました。
私はセメント等は流していないのですが、色々な業者が洗い場として使っていた場所なので、積りつもっていたのでしょう。私がやっていなくても、トラブルを引き起こす原因を作ったのは私です。



今日からその現場で乱石貼りでした。

朝からしっかりとシートをセットしました。
2011-12-21a.jpg

私に仕事を依頼してきた外溝屋さんは「気にするな」と言ってくれてはいましたが、
現場で一人で作業していると息苦しくてたまりませんでした。

それでもなんとか一か所だけ石を並べました。
2011-12-21b.jpg


この現場は自分の手で仕上げたかったのですが、精神的に厳しいので事情を説明して明日から応援の職人さんにお願いすることにしました。

「私はこの現場から逃げます」

こう書くと聞こえは悪いですが、しっぽを巻いて逃げる訳ではありません。
明日の朝、またこの現場へ行き、応援の職人さんと打ち合わせをし、引き継ぎをする予定です。


自分では精一杯頑張っているつもりでも上手くいかない事も多々あります。
そうゆう時は無理に頑張らずに、心地よい風が吹いてくるのをじっくりと待つことです。


困った時にサポートしてくれる仲間がいることに感謝しています。

今週の水曜日~日曜日まで

「今年はいつまで仕事をするの?」とあちこちから聞かれるようになってきました。

当社は今のところ来週いっぱいぐらいかなぁと考えているのですが、
ここにきて、新たな仕事依頼も入ってきてるので、仕事納めのXディーはまだ未定です。


毎年のことですが、この時期になると現場の下見は作業終了後に行くことになります。
2011-12-16d.jpg  2011-12-16e.jpg
これらの現場も今年中にやらねばなりません。

応援の職人さんも、他からの依頼を断ってまで当方の現場を最優先でやってくれてるので、本当に助かっています。
ま、それだけのこと(現場の段取りや報酬)をこちらもやっているからでしょうが・・・



今週の作業をダイジェスト版で書いておきます。


水曜日はトイレの壁に珪藻土を塗るための下地処理をしました。
2011-12-18a.jpg

そして今日の日曜日に珪藻土を塗りました。
初めての作業でしたが、プロの左官屋のようにはいきませんが、
ま、こんなもんでしょう。
2011-12-18b.jpg  2011-12-18c.jpg





木曜日は側溝を据えたり、レンガを並べたりしました。
慣れない作業なので終わったら真っ暗でした。
2011-12-16c.jpg

この現場は後日ガレージ部分に乱石を貼るので現場の下見を兼ねることが出来ました。
2011-12-16a.jpg

この現場は本体工事の時に隣人とトラブルがあったようで、作業時の埃が隣に行かないように作業前にブルーシートで毎回覆わなければなりません。
↓こんな感じで
2011-12-16b.jpg
乱石貼りでは石をカットしていくので埃が出まくります。
かなり神経を遣う現場になりそうです。



金曜日は先週に着手した現場での石貼り作業でした。
2011-12-16g.jpg  2011-12-16h.jpg
自分で言うのもなんですが、まぁまぁ綺麗に仕上がったと思います。
乱石を貼る場合のポイントは出来る限り「四つ目地」にしないことです。
「四つ目地」とは、例えば交差点でいえば四つ角のことです。
石の並びが全て三差路の状態になればそれなりに綺麗に整います。


そして土曜日は老人ホームの浴室の補修工事でした。
既存の浴槽が大き過ぎるとのことで、浴槽を撤去し、新たに小さめの浴槽を入れ替えに伴うタイル工事でした。
2011-12-17c.jpg

この浴槽に入れ替えるのですが、浴槽は取り外し可能にし、タイルは浴槽の足元まできっちりと貼ってほしいとの要望があり、何度も浴槽の寸法を計り、タイルをカットしていきました。
2011-12-17a.jpg 施工後→2011-12-17b.jpg
画像を見ただけではピンとこないかも知れませんが、タイルを大きめに貼り延ばし、浴槽を仮置きしてみてタイルが浴槽に当たる部分をチェックし、タイルをカットする作業を何度も繰り返し、最終的に上記右側画像になった訳です。
このくり抜いた部分に浴槽がスッポリと納まります。
排水管は画像には写っていませんが、タイルを半分浮かしてあってその下にあります。
思っていたよりも数倍大変な作業でした。
当ホームの担当者から「ここまでやってくれたら感無量やわ」
と満足されてたようなので、時間かけて作業した甲斐がありました。


・・・・

てな感じで応援の職人にも助けてもらいながらも、ほぼ一日で現場を片づけていっています。

忙しい時はつい欲が出て、予定より作業が早く終わったら、次の現場へ行って少しでも作業を進めたくなりますが、忙しい時こそじっくりと確実にミッションをこなしていかねばなりません。
慌てて作業をすると必ず失敗したり、クレームが付きます。
どんなに仕事に追われていても深呼吸して心の余裕が必要です。



来週もまだまだ現場は続きます。
確実に一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。

仕事オンリーな日々

今月もあと半月となりました。
現場の方も年内に仕上げるのか、それとも年明けにするのかの振り分け作業も始まっています。
いつも仕事はコンスタントにあればいいのですが、なかなかそんなうまい具合にはいきません。
忙しい時は仕事依頼が集中します。
それが来週あたりがピークになりそうです。




今週前半は久し振りにタイル仕事頑張っています。

月曜日はちょっと大きめのテラスのタイル貼りでした。
2011-12-12b.jpg   2011-12-12c.jpg


火曜日はマンションの入口のスロープ工事でした。
2011-12-13a.jpg  施工後→2011-12-13b.jpg


日々ミッションを応援の職人と二人でこなしていっております。
今回、その応援の職人を紹介します。
といっても、カメラを向けると逃げてしまいます。
2011-12-13c.jpg
見た目はかなり柄の悪い感じなんですが、案外シャイなところもあるようです。


今後さらに仕事を充実させるために久し振りに電動工具も買いました。
2011-12-12a.jpg
「タイルはつり機」とモルタルや目地を練るための「かくはん機」です。







ここ暫くは音楽活動は全く停止していて仕事オンリーな日々を過ごしています。
今までならバンド練習やセッションなどが定期的にあり、上手く仕事の都合をつけて活動していたのですが、仕事が忙しい時などは都合をつけるのが大変でした。
でも今は仕事オンリーなので全ての日々を仕事に集中出来ます。
仕事自体は嫌いではないので、ある意味充実した日々でもありますが、
今のままでは忙しさに流されて趣味のひとつも持たない人間になってしまいそうです。
それはつまらない人間だと思います。

忙しい中、もうひと踏ん張りして趣味の音楽活動を再開していかねばなりません。

外溝リフォーム

もう世間ではクリスマスムード一色なんでしょうか?
当方は自宅と現場の往復ばかりで、そんなムードさえありません。


本日、うちのボス(嫁ハン)が参加しているコーラスグループのコンサートがあるので、見に行ってきます。
オーケストラをバックに皆で「第九」を歌うそうで、少しはクリスマスの雰囲気が味わえそうです。


・・・・・


先週末の仕事内容は、外溝リフォーム工事の手伝いでした。
2011-12-10a.jpg

外溝といっても、玄関を出て階段を降りたらもう道路なので、小規模工事です。
自宅前に塀を作り、自転車を置く場所を作りたいようです。
壊す前の写真を撮り忘れたのですが、玄関周りに貼ってあったタイルや、階段部分のタイルをめくりました。
このようなリフォームは全てぶっ潰して更地にしてしまうのではなく、使える部分は残しておくのが鉄則です。
その変の見極めが難しいです。


階段部分にレンガを並べて、先週の作業は終了です。
2011-12-10b.jpg  2011-12-10c.jpg

床はいつもの乱石を貼ります。
来週の中頃に仕上げる予定です。



ではそろそろコーラス・コンサートに行ってきます。

Free Day

12月に入り、私の周りの皆は忙しそうな顔をしてバタバタと作業をしています。

当方も毎日のように仕事依頼や見積もり依頼の電話が掛かってきています。
確かに忙しいです。

でも昨年のように仕事に振り回されないように一週間に一日は何も予定を入れない日を作るようにしています。
その日を「free day」と名付けています。

実は今日がそのfree dayなのでした。

このfree dayの目的は、何も予定が無ければ疲れをとるために一日ゆっくりと過ごす日として活用したり、忙しい日々では出来なかった事、例えば現場下見や打ち合わせ等、又は急な依頼に対応するために設定しています。

なのでこのfree dayを何時設定するかは当社の極秘の企業秘密でもある訳です。


今日は朝からゆっくりとコーヒータイムを楽しむ予定だったのですが、なんと今日のfree dayを知っていたかのように朝の7時過ぎに電話が掛かってきました。

「急やけど今日お風呂の湯沸かし器を設置するんやけど、浴室内の壁タイルが数枚割れているようで、ついでに直してほしいとのことで、ちょっと現場見てほしいんやけど」

とのこと。

普段なら現場へ出ているのでこんな急な依頼は対応出来ないとこですが、これこそfree dayフル活用と言った感じで即対応で現場調査に行ってきました。

壁タイルが3枚割れていただけだったので、タイル材料屋までぶっ飛ばして同じような色のタイルを買いに行き、そのまま現場へ戻り、作業させて頂きました。

割れたタイルをめくり、一枚貼ったところで写真を撮るのを忘れていたのに気付き、撮影です。
2011-12-8.jpg

床面に近い部分が割れていたので、そこから水がしみ込んで壁タイルの下にある木が完全に腐ってしまっていました。モルタルできっちりと補修をし、タイルを貼って完了です。
通常なら現場調査だけでも精一杯なところですが、free dayのお陰で作業も出来ました。

昼からはなかなか取りに行けてなかった小額の集金にも行ってきたし、応援の職人さんのお願いしていた現場の片づけも出来ました。
2011-12-5.jpg

これは応援の職人さんに施工してもらったタイル貼り&乱石貼りですが、綺麗に貼ってくれています。
私が唯一信頼出来る応援の職人さんです。


今週前半の私の作業は、外溝屋さんの手伝いで玄関アプローチの両脇に乱石を貼りました。
2011-12-6b.jpg →施工後2011-12-6.jpg

この真ん中の部分はリンクストーンといって、小さな石をセメントで混ぜ合わせて塗り込み仕上げる予定です。


後は門壁にアクセントになる黒いタイルも貼りました。
2011-12-7a.jpg   2011-12-7b.jpg
なんか変な感じです。
アクセントにはなってはいますが、黒色が強すぎて重い感じがします。
「エクステリア・コーディネーター」というよく分からない肩書きの人の指示なので私のせいではありません。


色々なところで「忘年会いつにする?」というやりとりが飛び交う季節になってきました。



来週のfree dayの日はもう決めてあります。
そのXデーは部屋にあるスケジュール表黒板にも書いていないので家族すら知らない最高極秘事項なのです。
私の頭の中にあるのです。
たまにいつだったか忘れてしまう時も多々ありますが、一応毎週設定するようにしています。

市松貼り

風邪の影響で節々がだるいですが、あまりゆっくりしている訳にもいきません。

今日も現場に出ておりました。

2011-11-27c.jpg 施工後→2011-12-4a.jpg

2色のタイルを市松に貼りました。ま、ちょっとお洒落な玄関になったと思います。
2011-12-4b.jpg



市松貼りでの私のこだわりは、角の部分のみ同じ色のタイルを組み合わせるようにしています。
こんな感じ

2011-12-4c.jpg

人によってはこの部分も全て色違いにしてしまう職人もいますが、そもそも市松模様は落ち着きのない柄なので、角の部分のタイルを同じ色に統一することによって、どっしりとした感じになります。

「こだわり」といってもお客さんからこの部分も色違いにしてほしいと指定があればそうさせて頂きますが、
今のところそうゆうことを言われた事はありません。


とにかく風邪が長引いています。
明日は応援の職人さんの現場の段取りのみなので、空いた時間に病院に行ってこようと思います。



いよいよ来週あたりから年末のスパート週間に入っていきそうな予感がします。
今は一日を終えて布団に入り、自分の体温で布団が温もってきた時が一日の中で一番幸せなひとときになっています。

玄関の水勾配処理

一日遅れの日記になりますが、昨日は風邪の為に家でゆっくりと養生しておりました。

真夏の暑い時期も大変ですが、寒い冬も作業するには厳しい季節です。
ま、所詮タイル工事というのは肉体労働なので体を動かすと汗をかくので寒いといってもまだ大したことはありませんが、この汗が曲者で、汗をかいた後でそのままボチボチとタイルを貼ったり、目地入れ作業をしていると、体温を奪われ、最悪の場合は風邪で寝込んでしまうのです。
今回はまさにそれです。

1~2月になってくると、寒さに加え寒風が吹いてくるので汗はかかなくなりますが、足の先や鼻先の感触がなくなってしまい、仕事どころではなくなります。
作業をしていると知らぬ間に鼻水がビヨ~ンと垂れてきます。

違う見方をすれば、日本の四季を体全身で体感出来る仕事とも言えます。




先日まで行っていた現場はこんな感じでした

2011-12-2a.jpg
某ハウスメーカーの外溝工事で階段付きの玄関ポーチのタイル貼り、門塀への石貼り、そして玄関アプローチにピンコロといって四角い石を並べていきました。



今回注目して頂きたいのは玄関ポーチです。
仕上がった画像を見る限りではちょっと大きめな玄関ポーチに階段という感じですが、タイルで両サイドを囲むというのが難しいのです。
ま、一応プロなので難しいというよりも「手間がかかる」という方がしっくりきます。
何が手間がかかるかと言いますと、雨がかかる場所では水勾配を取らなければいけないのですが、通常なら階段の方へ水が流れるようにもっていくのですが、今回の玄関ポーチ部分のタイルは玄関ドアの下ギリギリの高さまで上げてあるので階段側に水勾配が取れず、向かって右側へ水が流れるようにしています。
その水勾配の分だけ階段の一段目の寸法が狂ってきます。
そのしわ寄せは右側側面のタイルの横目地に現れてきます。
2011-12-2b.jpg




左側側面は階段部分からの貼り出しなので水勾配の問題はないので目地がすっきり通っています。
2011-12-2c.jpg

2枚の画像を見て何処が違うのか分からないという人はそれはそれでいいです。
パッと見ておかしくなければそれでいいのです。


今日は日曜日ですが、まだ体調の方は完全ではないが、出来ることからボチボチと始めたいとおもいます。

気がつけば12月

今年もあと一か月となりました。

ここにきてスタミナ切れのようで二日前ぐらいから風邪気味で体がだるく、仕事を終えると余計なことはせず、飯を食って風呂に入ってすぐに寝るようにしています。
とにかく一日でも早く完治しないといけません。


さすが年末です。来週、さ来週と殆ど予定が詰まってしまっています。
なのに更に毎日のように仕事依頼の電話が掛かってきます。
取りあえず引き受けるのですが、段取りがつかず精神的にも追い詰められてきています。

応援の職人の手配い追われて、自分が現場に出てる場合ではないのですが、なかには私を指名してくる業者もいるので、自分が現場に出ないといけません。有難いことなんですが、忙しくなってくるとそれが負担にもなってきます。

そう言えば去年もこんな感じだったような気がします。
一日一日を無駄のないように、頑張るしかありません。

そのためにもいざという時に踏ん張れる体力が必要です。


なので今日も早く寝ることにします。



ま、誰も待ち望んでいないとは思いますが、現場写真も沢山撮り溜めてあるので、
時間がある時にボチボチとアップしていく予定です。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク