スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のある家

気が付けばもう10月も半分を過ぎています。
このまま年末までぶっ飛ばしていきたいところですが・・・
「予定は未定」な部分も多く、いつエンストしてもおかしくない状況でもあります。

そんな中、今日の作業は某アクセサリー会社社長の本宅でのちょこっとした石貼り作業でした。

2011-10-21a.jpg
元々はクロス貼りだったリビングの隅部分にコンパネを貼り、そこに専用のボンドで通常では床に使う石を壁面に貼りました。
こんな感じになりました。

2011-10-21d.jpg
一枚一枚貼っていきますが、出来る限り同じ大きさの石が横に並ばないようにするのがコツです。
画像が少しボケていて石のゴツゴツ感がよく分かりませんが、アート風で部屋のアクセントになったと思います。


この部屋のリビングはこんな感じです。

2011-10-21b.jpg


部屋にあるもの全てが高級品のようで、リビングの片隅にはカウンターバーまであります。
2011-10-21c.jpg
私がいつも嗜んでいる発泡酒等は置いていないようです。

この社長の会社の年商は200憶円だそうで、不景気の中、儲けている人はしっかりと儲けているようです。

他にも全国各地に別荘や別宅があり、それら全てを某工務店一社が引き受けています。
その工務店の年間業務の8割がこの社長関連の依頼という異様な雰囲気に私は去年この工務店から手を引いたのですが、今回は工務店の出入りしている外溝屋さんからの依頼だったので、外溝屋の顔を立てるために仕事を請けました。

「異様な雰囲気」はどんなものなのかはご想像にお任せしますが、普段では使わないような高級な材料を惜しげもなく使い、完成させていけることは、業務に携わっている職人や業者にしてみればやりがいのあることだと思います。
でも私にはこの雰囲気には馴染めません。
誘ってくれている知り合いの外溝屋さんには申し訳ないですが、いくら不景気で仕事が無いといってもこの「年商200憶社長関連プロジェクトチーム」に参加することは出来ません。

・・・・・

いよいよ明日は3回目のベースレッスン日です。
今までは先生に言われた課題をしっかりと取り組んでレッスンに挑んでいましたが、今回は色々と忙しかったこともあり、全く練習をしていません。
忙しい中、教えて頂いている先生に申し訳ない気持ちですが、人によってはレッスン料を払っているんだから何も気を遣う必要などないという考えもあるでしょう。
でも私としては、商売であっても人と人の繋がりというのを大切にしています。

練習をサボってしまって明日の課題が全然出来なくても、実は私には秘策があります。
それは何か?



それは明日のお楽しみということで。
スポンサーサイト

職人のマナー

今日も引き続き昨日の現場へ行き・・・・

と言いたいところですが、朝一番に向かったところは、うちのアホ息子の通う学校です。
2011-10-19a.jpg

このブログを見てくれてる人ならだいたい見当がつくかと思いますが、遅刻者指導のための「保護者呼び出し」です。
生徒指導室にて校長先生、担任、生徒指導係と同席しての今後の指導説明を受けました。
時間にして5分ほど。
わざわざ朝から学校へ出向く意味がいまいち分からないながらも先生にアホ息子の指導をお願いし、学校を出ました。
帰りに先生から
「お父さんの方からも厳しく言ってもらえますかね」
と言われましたが、息子の遅刻回数など私の学生時代の出席状況に比べたら可愛いものです。
息子もそれを知っているので私からは「遅刻せずしっかり学校へ行け!」なんて口が裂けても言えません。


朝から出足をくじかれた感じですが、気を取り直して昨日の現場へ行き、目地詰めをして完成です。
2011-10-19b.jpg


一応、施工前と施工後を並べておきます。
2011-10-6d.jpg → 2011-10-19c.jpg

すっきりとした玄関になりました。


仕事は午前中で終わったので、昼からは先週から借りているトラックを洗ってついでにワックスをかけて、ピカピカにしました。
これでいつでも返す準備が出来ました。

基本的に借りた道具などは借りた時よりも綺麗にして返すのが職人としてのマナーです。
というより当たり前の事です。


気になっていた現場も片付き、取りあえずホッとしています。
今週末はベースレッスン日なんですが、今回はまだ全然練習が出来ていません。
ちょっと焦っていますが、寝不足気味なので取りあえず今日は早めに寝ます。

全ての事は明日から・・・・ということで。

カップ麺は熱湯でお願いします

今日は少し体を動かせば汗ばむぐらいの暖かい天気でした。

今日は古びた玄関の撤去&タイル貼りでした。
これ

2011-10-18a.jpg

まずは既存のコンクリをはつり、撤去します。
2011-10-18b.jpg  →  2011-10-18c.jpg



コンクリをはつってみないと分からない部分もあり、まずは一安心です。
現場によっては、給水管が地面近くに這わしてあったりして破損させたり、配管を移設しないとどうにもならない場合があったりするのですが、この現場は問題なしでした。
もうこれで先が見えました。作業の7割は完了したも同然です。


既存の玄関ポーチは撤去せずにそのままタイルを貼りました。
予算が厳しいので使えるものは出来るだけ活用します。
2011-10-18d.jpg


土間の強度を上げるためにメッシュネットをはりめぐらし、その上からモルタルをうちます。
2011-10-18f.jpg


ちょうどこの時点で昼になり、昼飯を食べて現場に戻ってくると、家主のおばあさんから差し入れを頂いたのですが・・・
2011-10-18e.jpg
らっきょう、ブロッコリー、そしてカップラーメンです。
むちゃくちゃな組み合わせです。
しかも昼飯を食べたとこなのに、カップラーメンには湯が注いでありました。
おばあさんのご厚意なので捨てる訳にもいかず、仕方なく食べてみると、熱湯ではなくぬるま湯をいれたようで、麺が硬く、かなりキツかったです。
一応完食しましたが、案の定、胃がもたれてしまいました。


昼からハンデを背負いながらの作業になってしまいましたが、なんとかタイルを貼りつけて今日の作業は終了です。
2011-10-18g.jpg


明日は目地入れをします。

有難いお言葉

今日は昨日に引き続き、外溝工事でした。

境界ブロックを一段継ぎ足し、壁にペンキを塗るための下地処理をしました。
2011-10-17a.jpg  施工後 → 2011-10-17b.jpg

通常これは左官屋さんの仕事になりますが、「そんなの関係ねぇ~」です。

明日からはまた別の現場仕事が入っており、ここの外溝工事は来週までこのままでストップします。
外溝屋の社長曰く
「あんたの都合がつくまで待ってるよ」
と有難いお言葉を頂きました。

社長のお言葉に甘えて明日は先日ちょこっと紹介した古びた玄関周りの現場へ行ってきます。
ここ

2011-10-6d.jpg

さてこの玄関にタイルを貼るとどれだけ変わるでしょうか?

乞うご期待ください。

2度あることは3度あるか?

今日は日曜日ですが、朝から昨日の現場へ行き、残土をトラックへ積み込む作業をしておりました。
2011-10-16.jpg
ガレージ部分にコンクリートを流す準備です。

お陰でトラックは土がてんこ盛りでブレーキが効きにくく運転に気を遣います。

そもそも私が知り合いの建築屋所有のトラックを借りているのは今週初めにあった自分の現場で使うためと、明後日にガレージ部分のコンクリを撤去し、新たにタイルを貼る現場のために借りたのですが、ここの外溝屋社長は、私がトラックに乗っているということで残土を積んだり、砂を運ばせたりと自分のトラックのように扱われています。
この社長は良いところも沢山ありますが、このようにがめつい所が気に入りません。
ま、色々とお世話になっているのでその辺のことは我慢してやっています。

この現場ではブロックを積んだり、その他もろもろの作業が残っているので明日またこの現場へ行きます。



・・・・・・


仕事は午前中に終え、社長を最寄りの駅まで送っていき、昼からは月一回のセッショングループの集まりに参加してきました。

先日ブログでも書いておりましたが、今回はネットでメンバー募集をかけていて3人の方が新たに参加され、合計8名でのセッションになりました。
新しい方は、ボーカル、アルトサックス、ギターでした。

楽しい時間を過ごさせて頂きました。
というか、初顔合わせはやはり気を遣います。
このセッショングループは遠慮がちな人が多く、場を引っぱっていく人がいません。
良く言えば「仲良しグループ」ですが、悪く言えば「生ぬるいムード」です。
これだと新たに参加される人には物足りないと思います。

今回はその生ぬるいムードを変えていく方向で取り組んでみました。
それなりに今までにはなかった活気のあるセッションになったと思います。
セッション後は皆で喫茶店で自己紹介を兼ねての親睦も計れました。


とにかく今日は一日気を遣っていたのでヘトヘトです。
なんとかセッションも無事終わりましたが、充実感はまだありません。
大変なのはこれからです。
新たにメンバーが参加してくれることは有難いことなんですが、それを持続していくことの難しさを今まで嫌という程見てきているので、今後やっていけるのか不安の方が大きいです。

いつもの私の口癖である「ま、どうにかなるやろ」も仕事では使えますが、人との付き合いでは上手くいかないことも多々あります。
こちらが良かれと思ってしたことも、全ての人に共感してもらえるとは限りません。

そのためにもどういったコンセプトでどのような方向性で活動を続けていくのかを明確にしていかねばならないと思っています。今までそのことでここのセッション・リーダーと2度も大喧嘩をしています。

別に自慢することでもないですが、私はこういったセッション・グループの活動に関して数多くの失敗を繰り返してきています。
それを経験値として今後活動の方に活かせたら良いなと思っています。

「笑い」の哲学

今日の話題も相変わらず仕事ネタです。

昨日ブロックで玄関を作ったので、今日はそこに当方の本職であるタイル貼りでした。
2011-10-15a.jpg  施工後 → 2011-10-15b.jpg

この現場の外溝工事の担当者である某社長と一緒に現場に行き、いつも通りの作業をしただけですが、夕方の5時半頃まで掛かってしまいました。
その原因は私としては早く現場へ行って仕事に取り掛かりたかったのですが、朝から某社長が喫茶店でコーヒーを飲みたいと言い出したので、朝から喫茶店でのんびりとコーヒーを飲み、スポーツ新聞を読みあさり、それから某社長を乗せて高速道路を飛ばして現場に着いたのは昼前でした。

そこから必死で仕上げたのです。

朝からコーヒーわがまま社長は
「別にタイル貼りが一日で終わらなかったら明日またやってくれたらいいよ」
と言ってはくれていたのですが、来週の半ばから現場が重なっていて某社長の現場を空けなければいけないので少しでも進めておきたかったのです。



明日は昼からセッショングループの集まりがあるのですが、午前中は空いているのでこの現場で作業の続きをやり、そのままセッション場へ行く予定です。
ちょうど今トラックを借りているのでガレージ部分の残土のすきとり作業をしようと思っています。

昼から土をてんこ盛りに積んだトラックでセッション場まで行くのは少し抵抗がありますが、そんなことはいってられません。
しかも某社長も現場まで乗せていき、帰りは最寄りの駅で下ろす予定になっていて、楽器を助手席に置くことも出来ず、ギターを土の上の乗せて運ばなくてはなりません。
変な光景でかなりカッコ悪くなりそうですが、40歳を超えた頃から他人に笑われる事など気にならなくなりました。
「笑いたければ笑っとけや!」といった感じです。


でも「笑わせている」と「笑われている」の違いだけは自分なりに意識して行動しているつもりです。

開かない添付ファイル

ここ毎日仕事の話題ばかりですが、今日も仕事ネタを書きます。

今日の天気予報は雨とのことだったのですが、朝は曇り空だったので一応現場に行くことにしました。
予報通り昼頃から本降りの雨になり、半日で作業は中止です。
写真を撮り忘れましたが、玄関のタイル貼りではなくて、その前の段階であるタイルが貼れるようにブロックで玄関ポーチの形を作ったりしておりました。

これでなんとか明日はタイル貼りが出来ます。

近年では家一軒建ててもタイルを貼る個所は少なく、タイル貼り専門で仕事をしようとするには厳しいものがあります。タイル貼り以外の作業もどんどんやっていかないと食っていけません。
でもタイル貼りが減ってるからといってしょうがなくやってる訳ではなくて、基本的に物作りは案外楽しいものです。
それにタイル工事以外の作業内容も分かってくるので、現場で作業していても周りの動きがよく見えてきて自分の作業だけでなく全体の動きが見えてきます。
現場で他の職人や業者達との意思疎通も計れます。
仕事の視野を広げることで色々とメリットがありました。



明日も予報では午前中まで雨が残るようですが、一応現場に行く予定です。
ただ難儀なのはトラックの荷台にそのまま道具を積むと雨ざらしでずぶ濡れになってしまいます。
取りあえず道具をブルーシートで覆い、明日のスタンバイは完了です。
2011-10-14.jpg




ところで仕事の打ち合わせ等ではファックスを使って図面や現場の地図をやりとりしているのですが、最近ではパソコンでのメールでやりとりする建設会社もちらほらあり、当方のパソコンにも仕事に関するメールがたんまに入ってきます。
殆どが現場写真や図面などですが、会社によってはCADなどで製作された図面をそれ専用のファイルで送ってきたりするので、こちらではファイルを開く方法が分からずお手上げ状態です。
先日も図面を送るから見積もりをしてほしいとの連絡があり、メールに添付されてたファイルを開けようとしましたが、やはり見れませんでした。
先方にファイルを開くことが出来ないことを告げても、「おかしいなぁ~、見れるはずやけどな~」というばかりです。
「見られへんから電話しとるんじゃボケ!」
と言いたいところですが、こちらでも色々と調べてやってはいるのですが未だ分かりません。

もうこの事でかなりの時間を費やしています。
で、結局私が出した結論は・・・

「下請け業者である当社に仕事を依頼したいのなら、当方が自力で開けるファイルを送って来い!」

ということです。

とにかくファイルが開かないことを先方に報告しているので、後は先方がどのような対応してくるのか黙って待っておくことにします。


ま、単なる私がパソコンに無知なだけなんですが、そんなことは関係なくここは強気でいきたいと思います。

仕事は自分のペースで

今週から知り合いの建築屋所有の2tダンプを借りて現場へ行っています。
2011-10-13b.jpg
普段仕事用に使っている軽自動車と比べると荷台が広いので必要な道具や材料を好き放題に積みこめます。
今日は玄関ポーチの補修作業でした。


先日現場を下見に来た時はこんな感じでした

2011-10-3a.jpg



外溝屋さんがタイルをめくり、新たに下地を作ってくれています。
2011-10-13a.jpg


お茶菓子も頂き
2011-10-13e.jpg


作業を終え、道具を片づけていると家主さんが訪問者に貼りたてのタイルを踏まれないように気を遣って頂いて障害物などを置いてくれています。
2011-10-13f.jpg


ふとこの現場の周りを見渡すとこんな風景が広がっています。
2011-10-13c.jpg  2011-10-13d.jpg
昨日の現場とはうって変わって川のせせらぎを聞きながらのんびりと作業させて頂きました。





午後からは先日のダイナミックな石貼りの現場へ行き、→ここ
残りの作業をしました。
2011-10-13g.jpg




そしていつものように電源を勝手に拝借して、別の現場のタイルのカット処理をしていました。
2011-10-13i.jpg
このカットしたタイルは何処の現場で使うものなのかピン!ときた人はこのブログをよく見てくれている人だと思います。

ということで、ボチボチとマイペースで頑張っています。

明日は昼から天気は下り坂ということらしいので、ここ暫くサボっている楽器練習の時間をそれなりに作って、それなりに練習したいと思います。

落ちつかないトイレ

昨日、今日の2日間は特別養護老人福祉施設のトイレのタイル貼りでした。

ここは先日自分で壁、床のタイルをはつった現場です。
先日の作業

ここの現場はトイレの排水が詰まり、階下へ水漏れしたようで、防水処理をやり直すために床タイルをめくり、又壁面のタイルも部分的に浮いていたので全面貼り替えることになったのです。

タイル工事の工期は2日間だったので応援の職人を手配して4人で作業にあたりました。
2011-10-12a.jpg


トイレの壁や手摺が以前のまま設置された状態でのタイル貼りだったので予想以上に時間がかかってしまいました。
2011-10-12b.jpg


アクセントになるように適当な場所に別の色のタイルを貼りました。
2011-10-12d.jpg



2011-10-12c.jpg
トイレの間仕切りはアコーディオン・カーテンのみです。
ここの施設の入居者は、要介護のご老人ばかりで、自分の足でトイレにも行けない方々ばかりのようなので、このような仕様になっているのです。
ここは2階なのですが、1階にも同じ仕様のトイレがあり、当方もトイレをお借りしてう○ちをさせて頂きましたが、鍵も何も無いので誰か入ってこないかと気になって落ち付いて用をたすことも出来ません。
一応したけど。






とにかくヘトヘトです。
今週から毎日のように新たな仕事の依頼も入ってきています。
・・が、今日はもう何も考えず取りあえず寝ます。

全てのことは目が覚めてから考えることにします。

それでは


ダイナミック

今日まで世間では3連休だったのですね。
全く気にしていませんでした。
・・・っていうより、気にしたところで別に何も変わりません。

ということで、今日から暫く知り合いの建築屋の社長からトラックを借りての作業になります。


2011-10-10a.jpg
今日の作業で必要なものは砂袋を少しといつもの道具だけだったので寂しい荷台です。


作業の方は先月にやった現場の残り作業でした。
2011-10-10b.jpg
ガレージの前部分の石貼りです。

施工後

2011-10-10c.jpg
いつもの私の石貼りと比べると少し荒っぽい仕上げです。
これは現場の担当者の意向でして、細かく組み合わせずに自然な天然石の感じを出してほしいとのこと。
「雑な貼り方」ではありますが、言い方を変えれば「ダイナミックな貼り方」とも言えます。

やはり日本語の言葉のニュアンスというのはTPOに合わせた使い分けが必要だと思います。


明日はトラックの荷台満載で現場入りします。
明日も気合いいれて頑張りたいと思います。

ベースレッスン~ビートル遊び ETC

今日は仕事はなくのんびりと家で過ごさせて頂きました。

仕事が無いといっても、来週の現場の材料の搬入などがあって、なにかと仕事に関する用事はあります。
2011-10-8z.jpg

玄関内が材料で人一人通るのが精一杯の状態になっています。
普通タイル屋に限らず、個人で仕事をしている建築屋はたいがいが倉庫などを持っているのですが、当社にはありません。
小さい倉庫を確保するにもそれなりの維持費が掛かるので節約のためです。なので玄関が倉庫状態になっています。玄関の外には砂袋が山積みにされています。
いつも工夫しながらなんとかやっていますが、材料が多い時はどうしても玄関にあふれかえってしまいます。
ま、いつまでもこの状態という訳ではなく、この材料も来週には使ってしまうので、そのうち片付くので良しとします。


******


久し振りに音楽の話題も書いておきます。

今週末は3回目のベースレッスン日でした。
今までは演奏スタイルの確認ばかりでしたが、今回から簡単な曲を演奏する練習に取り組みだしました。
また、機会があれば音源などもアップしたいと思います。

去年から初めた「ビートルズ遊び」も現在進行中です。
アルバム「リボルバー」のコピーに取り掛かっています。
Taxman
Eleanor Rigby
Im Only Sleeping
Love You To
Here, There And Everywhere
このアルバムはビートルズはライブ活動を辞め、スタジオに閉じこもって作品制作を始めた最初のアルバムです。
私も少なからず影響を受けて今まで基本的にギター2本だけで楽曲を表現してきましたが、今回からエレキベースを導入してみたり、部分的にSEやウッドベースをかぶせてみたりと新たな挑戦に出てみましたが・・・

どうも何をやりたいのか方向性が見えなくなってしまい、最初のコンセプト通りにギターだけでビートルズの楽曲を気楽に表現するというスタイルで落ち着きました。
試行錯誤していたので楽曲をアップする間隔が空いてしまいましたが、またぼちぼちと進めていく予定です。
孤独でしょーもない活動ですが、少数派ながらこの活動を支持してくれている人もいるようなので、時間がかかっても当初の目標である全曲制覇を成し遂げたいと思っています。

ストレスの行方

今日は久し振りに去年末に完成した大きな庭のある現場へ行っておりました。

以前ブログで何度も紹介していた現場です

大きな庭のある現場

ここの裏庭部分の壁面のつなぎ目にヒビが入ってきているということで、建築屋社長と一緒に割れてきている部分をはつって原因を調べました。
2011-10-8.jpg
ちょうどこの塀の裏側が大きな花壇になっていて、雨が降るたびに水が裏から回って繋ぎ目から漏れ出してきていたようです。
今日は水の抜け道を作ってやり、取りあえずこの状態で雨が降ったらどうなるか様子を見ることになりました。

この現場でその他にもいくつか補修作業をしていたのですが、雑談ばかりしていて写真を撮り忘れました。
ま、今日は仕事というほどのことはしていないので本日の報酬は受け取らない代わりに、来週の数日間社長所有のトラックを借りることにしました。

先日に壁、床面のタイルをはつった特別養護福祉施設のタイル貼り作業が来週の火~水曜日にあるのですが、材料や砂、セメントなど一度に沢山運ばなくてはならないので、どうしようか困っていたのですが、これで解決です。


*****

ところで今日はうちの家族全員が寝不足です。
原因は2回目の高校一年生である私の息子がまたやってくれたのです。
情けない話ですが、書いておきます。

息子は3ヶ月前から学校へ行きながらバイトをやり始めていて毎日夜の11時過ぎ頃に帰ってきます。
それから風呂に入ったり夜遅くまで友人と携帯で話していたりで寝不足続きで学校もほとんど遅刻していて、とうとう学校側から遅刻者に罰則を与えたようで、今週から息子は他の学生より早く登校しないといけない「早朝登校組」のメンバーに入れられたようです。
最初は頑張って朝早く行っていたようですが、やはりここにきて疲れが溜まってきたのかイライラしている姿が気になっていたのですが、とうとう昨日そのストレスの限界にきたようで、深夜に長女の娘とどちらが先に風呂に入るかで口論していたようです。
私は隣の部屋ですでに寝ていたのですが、あまりに喧嘩が騒がしいので目が覚めてしまい、傍らで様子を伺っていました。
すると突然「バッシャーン」という音が聞こえたので仕方なく様子を見に行くと息子が洗面所のドアのガラスをどついて割ったようです。
2011-10-8b.jpg

今まで威勢よく喧嘩していたアホ息子が急におとなしくなり腕を抱えてうずくまっていたので、手を見てみるとガラスの破片で手の甲の部分が数か所切れていて、しかも拳の部分がえぐれていて中指の骨が丸見えの状態でした。
これはヤバイと思い、止血のため腕を布で縛り、近所の夜間救急センターへ直行しました。

指の骨や腱がむき出しの状態でしたが、神経は切れてなかったようで、最悪の事態は避けられましたが、お陰さまで寝不足です。
息子を病院へ連れていってる間に娘達が割れて飛び散ったガラスの破片を片づけてくれていて娘達も寝不足です。

ま、だからといって息子を責めることはしません。
直接の原因は息子の暴力によるものですが、バイトで疲れてるうえに学校からは制裁を受け、精神的に追い詰められてることが一番の原因です。
いくらアホでも痛い思いをすれば自分で反省するでしょう。


こんな感じでうちの子供達には色々と振り回されてる日々です。
もっと良い話題で振り回してほしいものです。

お茶菓子の見返り

一応ベースやギターも適度に練習はしているのですが、今日も仕事の話題を書きたいと思います。

今日の業務は昨日の続きで浴室の床のタイル貼りでした。
2011-10-6a.jpg 施工後 →  2011-10-6b.jpg
全体の色合いはいまいちですが、一応お客さんも喜んで頂いたので良しとします。
作業途中にホームセンターへ行き、排水口(ワントラップとも言う)を買ってきて古い排水口と交換しました。
2011-10-6c.jpg
周りのタイルを貼り替えて綺麗になると、どうしてもそれ以外のものが古びているので目立ってしまいます。
今回は独断で私のポケットマネーで交換させて頂きました。
昨日、今日と毎回10時と3時にお茶菓子を出して頂いたほんのお礼です。



作業を終え、そのまま高速道路をぶっ飛ばし、新しい現場の下見にも行ってきました。
2011-10-6d.jpg
古びた玄関ですが、ここにタイルを貼ってほしいとのこと。
モルタルがバリバリに割れているので取りあえずモルタルを撤去してから新たにタイル下地を作成しないといけないようです。タイルを貼るよりもそっちの方が大変な作業になりそうです。
まずは見積もりを出してOKが出れば作業に着手します。
かなり強敵な現場ですが、仕上げ甲斐のある現場でもあります。


そして、先週に壁及び床を必死のぱっちでめくった福祉施設の現場へ行き、タイル工事の打ち合わせをして今日の任務は終了です。


今週末にまたベースレッスンがあるので、今晩はがっつりとベースの練習をしたいと思います。

まずは一杯飲んでからですが・・・

目地材について

気が付けばもう10月に突入しておりました。
毎年のことですが、年末~正月期間の長い休みの頃にこの不景気の中、今年も一年やっていけるんやろか?といつも不安だらけなんですが、ここまでくればあともう少しです。
なんとか今年も乗り切れそうな感じになります。


ここ2日間の業務内容を書いておきます。


昨日は玄関アプローチのタイル貼りでした。
2011-10-4a.jpg 施工後→ 2011-10-4b.jpg
ま、別に画像通りの仕上がりでタイル工事としてはとてもやりやすい現場でした。


今日は浴室の壁及び床タイルの補修工事でした。
2011-10-5a.jpg  2011-10-5b.jpg

正面のタイルにヒビが入っています。
この割れ方は異常なのでよく調べてみると、正面の壁のタイル目地と横のタイル目地が1cmほどずれています。
2011-10-5c.jpg

これは正面の壁が横の壁に対して1cmほど陥没していることを意味します。
画像では分かりにくいですが、壁だけではなく、浴槽も同じように下がっていて左の壁以外の部分が全て陥没しているようで、これは家自体がいびつに傾いているようです。

今回の私の任務は壁面のヒビ割れたタイルをめくって新たに貼り替えるのと、ついでに床のタイルも貼り替える作業です。

この現場は某工務店からの依頼で、タイルなどの材料は全て用意してくれてあり、施工方法も工務店の指示に従わなくてはなりません。


問題なのはこの浴室に貼ってあるタイルは廃番になっていて、この大きさのタイル自体ありません。
かなり昔の規格で作られたタイルで三寸六分というサイズのタイルで通称36角タイルと言いますが、センチの単位で言えば109mmの大きさのタイルなのです。
壁にタイルを貼る時にタイルが何枚並ぶのかをまず調べるのですが、このような中途半端な大きさだと測りにくいので職人には人気がなく、無くなっていったんだと思います。
今は100mm角や150mm角タイルのように区切りのよい寸法になっています。
外国製品は例外ですが・・・


で、今回某工務店がチョイスしたタイルは100mm角タイルで、現状で貼ってあるタイルよりも約1cm小さいタイルを貼るということになりました。
しかも「縦横の目地を合わせろ」との指示があり、言われた通りにめくって貼り替えましたが・・・
こんな感じになりました。
2011-10-5g.jpg
お客さんは「柄みたいでこれも面白いなぁ。結果おーらいですな~」
と言ってましたが、お客にとってはヒビ割れがなくなって安心したのかも知れませんが、私としては全然おーらいではありません。

白色の目地を入れてありますが、目地材というのは内装用と外装用があり、外装用は小さな粒子が入っていて内装用目地材に比べて強度があります。ただ粒子が入っているために細い目地には不向きなので外装用となっています。逆に内装用目地材は、強度がないために目地の幅は3mm以内での施工が好ましいと説明書にも書いてあります。
今回某工務店が用意した目地材は内装用で、1cmもの広い目地での施工になっています。
これでは目地が割れてしまいます。
実際にアップで写真を撮ると割れてきているのが分かります。
2011-105h.jpg

壁がしっかりしているのならまだしも、亀裂が入っているうえに、現在進行形で少しずつ陥没している壁にこの施工はヤバイです。
せめて外装用目地を入れさせてほしいと頼んだのですが、某工務店側は「予算が無い」とのこと。
予算がないのではなくて知識がないだけのことです。

陥没の程度にもよりますが、1年もすれば目地はボロボロと砕けて落ちてしまうかも知れません。
ま、その時はまた修理すればいいことですが・・・
車に例えれば、日本車は潰れにくいというのが売りですが、外国車は使っているといずれ潰れるのは当然で直して乗り続けるのが常識のようで、ここは外国人感覚の気持ちで対処させて頂きます。


お客さんからは御心遣いも頂き恐縮です。
2011-10-5e.jpg



2011-10-5f.jpg

明日は床を仕上げる予定です。
出来る範囲でベストを尽くします。

同じ志

今日も仕事の予定はなかったので、朝から昼前まで新聞や雑誌を読んだりコーヒータイムをくつろいでいたら、仕事の電話が掛かってきたので現場へ直行しました。

当方は仕事の予定が無い日でも作業服を着ているので、連絡があればすぐに動けるのです。
もっと分かりやすく言えば、消防隊や救急隊と同じ志であるということです。

・・・と書けば聞こえがいいですが、普段着自体が作業服なだけです。


で、まず向かったのが現場の下調べです。
2011-10-3a.jpg  2011-10-3b.jpg
大きな玄関ポーチの先端部分が陥没しています。

このような部分補修は同じタイルを探すのが難しいのです。
人気の無い種類のタイルはすぐに廃番になってしまうので、一昔前の建築物だとなかなか同じものがありません。
現物カタログを持っていき見比べながら一番近いタイルを選びます。
2011-10-3g.jpg

そしてタイルの現物サンプルを取りよせて、お客さんに確認をとってOKが出れば作業開始です。
タイル職人はタイルを貼るだけが仕事ではありません。



そして次にポストや手すりがついていなかったのでその部分だけタイルが貼れなかった現場へ行き、仕上げてきました。
2011-10-3d.jpg  2011-10-3c.jpg

施工後

2011-10-3e.jpg   2011-10-3f.jpg
いつもこのブログでも書いていますが、タイルだけ貼ればOKではありません。
タイル工事とは直接関係ないですが、ポストや手すりの足も綺麗に仕上げておきます。
お客さんにとってはこれら全てが商品なのです。


****

昨日は深夜まで二代目LDにて映画鑑賞していたこともあり、かなり眠いです。
今日は早めに休むことにします。
ところで昨夜みていた映画は「2001年宇宙の旅」というスタンリーキュービックの作品です。
眠い目をこすりながらも最後まで見たのですが、結局意味が分かりませんでした。
しかし、なんか独特なムードを持った作品であることは確かです。
機会があればぜひ見てみてください。
そしてこの作品のストーリーの解説をお願いします。

LDの行方

先日に気候も涼しくなり、仕事日和な季節だといっておりましたが、もう今日は部屋にいても寒いぐらいの冷え込む一日でした。
ま、暑いよりはマシなので良しとします。


今日も仕事はなく、ゆっくりと家で過ごしました。
以前このブログでも紹介しましたが、レーザーディスク・プレーヤーを買って、暇な時は映画三昧な日々を楽しんでいたのですが、
以前の記事
ある日突然プレーヤーがカタカタと音が鳴りだして、潰れてしまい、映らなくなってしまったのです。

やはり年代物の電化製品はすぐ潰れてしまいます。
もう映画鑑賞は諦めようと思ってたのですが、大量にストックしてあるソフトもまだ見ていないのも沢山あるので、もう一度チャレンジしてみようと再びヤフオクでプレーヤーをゲットしました。
2011-10-2b.jpg

これが私にとって二代目レーザーディスク・プレーヤーです。
今度はしっかり頑張ってほしいものです。



ところで潰れてしまった初代プレーヤーはディスクが入ったまま取り出せなくなってしまったので、分解してディスクを取り出しました。
2011-10-2a.jpg
これは近々粗大ゴミ行きになりますが、私の家の横がたまたま粗大ゴミ置き場になっていて、月に一回収集日があり、その前日から近所の人達が粗大ゴミを持ち寄ってきます。
そしてそれを狙って金になるようなものを探しに、何処かの業者が軽トラックで物色しにきます。
日に何回もまわっているようで、しかも業者も一社ではなくて複数いるようです。

ま、一度捨てた物だから、かってに持ち去っても問題ないですが、それが夜中にも来てゴソゴソ詮索するので、我が家が隣ということで、横には子供の自転車やバイクも置いてあるので一緒に持っていかれないかと
落ちついて寝ることも出来ません。(寝てるけど)

この潰れてしまった初代プレーヤーもゴミ置き場に置けばすぐに持っていかれるはずです。
で、このプレーヤには最後にもうひと仕事してもらうことにしました。

ディスクを取り出すために分解しましたが、綺麗に元通りに戻しました。
ただ、戻す時に電源ユニット部の+と-部分を接触するように細工しておきました。

これでこのプレーヤーを持ち去った業者はプレーヤーが故障しているかどうか確認するためにコンセントにさした途端にパ~ンと爆発します。

「だからなんやねん?」
とお思いになるかと思いますが、人生いろいろ、プレーヤーの楽しみ方も色々ということで。


ということで今晩は久し振りに二代目プレーヤーで映画鑑賞させて頂きます。

最後の運動会

今日は半袖では肌寒い程の気候の中、中学3年生の二女の運動会でした。

2011-10-1.jpg

今回でこうして子供達の運動会を見るのも最後だと思うと少し寂しい気もしますが、それよりも今年は受験生でもあるのに全く勉強などしていないことが心配であります。
韓国ポップの大ファンで、もうそのことで頭の中はいっぱいのようです。
ま、私の子供なので仕方ないですが、細かいことはガミガミ言わず、自分から受験勉強を初めてくれるのをどっしりと構えて黙って様子を見ている今日この頃です。

子供ネタついでに長女は先日20歳の記念に振袖姿の写真を撮ってきたようです。
今回初めて私の娘を披露します。
これ↓
2011-9-30a.jpg

こいつは家では誰よりも一番態度がでかくて生意気なのですが、写真ではとても上品そうに撮ってくれています。
家ではこんな表情など見せたことありません。さすがプロの写真家だなぁと感心しました。


我が家にはもう一人娘達に挟まれて長男がいますが・・・・
日々の行動、髪型、服装等など・・私の世代では理解できないことばかりですが、もう何も贅沢は言いません。


みんな大病などせずに元気でさえいてくれればそれでいいと思っています。



*****


それと昨日のブログを自分で読んでいて一部間違いがあったのでここで訂正しておきます。
最後お方に書いたこの部分

「今回はもう少し社長を信じてみようと思っています。」

「信じてみよう」ではなくて「賭けてみよう」に訂正いたします。

今回の事情では相手を信じても上手くいくとは限りません。
自営業自体、大きな賭けでもあります。

小切手

昨日の現場が予定より一日早く完了したこともあって、今日は仕事はなく、のんびりとした一日を過ごさせて頂きました。

久し振りにツタヤで荒井由実時代の4枚のアルバムを借りました。
以前グログでも紹介しましたが、松任谷由美のアルバムを大人借りしたことがあるのですが、やはり荒井由実時代のバンドサウンドアレンジの方が私にはしっくりきます。
暫くは車に乗る時は荒井由実がかかり続けることになりそうです。


・・・・


今日はのんびりと過ごしたいところでしたが、月末ということで集金日でもあり、気を引き締めて夜は集金に行ってきました。今時では殆どが振り込みなんですが、未だに得意先の何軒かは手渡しでもらっています。
今日の集金相手はこのブログでも何度か紹介していますが、気難しい社長の集金日なのです。

集金に行っても直ぐに金をくれる訳でもなく、嫌味をタラタラ言う日もあれば、機嫌の良い日ならしょーもないギャグを言って自分で爆笑してこっちはどう対処すればいいのかさっぱり分からない状況を作り上げるワンマン社長なのです。

この社長に会わなければいけないと思うたびに気が滅入ってきて胃が痛み出します。
現場で仕事してる方がよっぽど楽なのです。

「そんなに嫌なら取引を辞めればいいじゃないか」とお思いになるでしょうが、お金は決められた期日にきっちりと払ってくれていたので今までなにかと助かっていたのです。

ここの会社は以前は仕事も沢山あり、私にとってはメインの得意先だったのですが、最近では月に1~2軒のペースで建売物件をやってる程度なのでそれだけでは私の方もやっていけないのでアテにすることは出来なくなっていました。
物件が減り支払いも遅れ出してきたのです。
集金に行っても「もう少し待ってくれ」と言われてお金をもらえない時が出始めたのです。

それでもたんまにタイル工事があったので、仕方なしに仕事をしていましたが、金はもらえず、仕事をするたびに集金額が増えていくのでそろそろ手を打たないといけないなと思っていました。


金がもらえていないのは私だけでなく他の下請け業者も同じです。
ただ、数は少ないながら現場はやっているのでいくらかのお金は入ってきてるはずで、それらのお金は優先順位があって、しかるべきところにはちゃんと払っているのです。
まずは金貸し屋には期限が来れば最優先で借りた分を利子つけて返しているようです。それに木材会社などの材料、資材関係を扱っている業者にも最優先で支払います。お金が遅れて取引出来なくなってしまうと材料が入らなくなり、家を建てることすら出来なくなるからです。

で、当方のタイル屋などの仕上げ業者の優先順位は最下位なのです。
お金を払わなくて取引を断られてもまた別のタイル屋を探せばいいとでも思っているのでしょう。


で、そろそろ勝負に出ないといけないと思い、社長にゴマをすり、信用させて未払い分の金額に相当分の小切手を支払える時期がきたら連絡するので、それまで換金するのは待ってもらうという条件で数枚に分けてきってもらうことに成功しました。

これで立場は逆転です。その気になれば鬼になって、小切手を勝手に換金すればよい訳です。
もし私が社長の了解なしに銀行にその小切手を持ち込めば社長の会社口座に小切手分の金額がなければ、即口座凍結となり、事実上倒産になってしまうので、死に物狂いでお金を用意しなければならなくなります。

実は以前に鬼になり、それを実行に移して現金を回収したことがあるのですが、今回はもう少し社長を信じてみようと思っています。


今ここにある数枚の小切手は気難しい社長の会社が潰れてしまえば、たたの紙切れになります。
難しい判断を迫られています。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。