ぼちぼち頑張ってます

今日は先日捲ったタイルを朝から貼りつけました。

2010-7-30b_convert_20100730202423.jpg


昨日洗ったタイルがまだ乾いていなかったので、現場で乾かしながらの作業でした。

2010-7-30a_convert_20100730202358.jpg


昨日の疲れが残っていたようで、体が思うように動かず、無理せずに休憩をたっぷり取りながら作業していたので、今日はここまで。

2010-7-30c_convert_20100730202454.jpg


明日にはなんとか仕上げたいと思います。

今日も作業中に数件の仕事依頼の電話があり、来週も忙しくなりそうです。
でもこの連日の暑さには参ってしまいます。

セミも朝からギンギン鳴いていますが、今日ふと気がついたんですが、昼間は鳴いていないようです。
さすがのセミもこの暑さには参っているのでしょうか?

アウェー作業

今日は久し振りに一日雨でした。

昨日の現場で捲ったタイルの裏についたボンドを削る作業をしました。

作業自体もタイルの枚数が多くて大変なんですが、それよりもその作業を何処でするかが2~3日前から悩みの種でした。
先日も少し同じ作業をしたのですが、その時は自宅から電源を引き、裏にあるスーパーマーケットの駐車場でやったのですが、タイルを削る時に出る騒音や埃を考えると住宅街で作業するには気が引けます。
駐車場で作業した時も周りに停めてある車が埃で白くなっていたので、次は必ず苦情が出そうです。

人里離れた山奥で作業出来ればベストなんですが、電源が確保出来ないので難しいし、でももう今日やっておかないと明日の仕事が出来ないので、以前やった新築現場で作業することにしました。
しかしその現場ももうお客さんが住んでいてその近くに新たに工事している家があったのでそこから電源を使い、作業を始めました。

2010-7-29c_convert_20100729221244.jpg 2010-7-29a_convert_20100729221147.jpg



ただひとつ問題なのは、ここは同じ不動産屋の物件ではありますが、家を建てている工務店が違うのです。
要するにライバル会社の敷地内で勝手に作業をすることになります。
完全アウェー状態です。
ま、アウェーと言えば、敵地で戦うことであって、まだカッコいい響きですが、今回の私の場合は、「お前誰やねん?」と言われたら直ぐに道具を片づけて退散しなければならず、戦う術もありません。

今までの経験上、してはいけないことをやらなければいけない時の秘策は人に見られないようにコソコソとするのではなくて、堂々と振る舞う方が逆に怪しまれないのです。

雨が降っていたので、現場横に建ててある知らない会社名の書いたテントの下で作業することにしました。
ここで作業することをアピールするために車をべったり横付けし、誰か来たら、いの一番に挨拶をし、文句を言いにくくします。
でもラッキーなことに今日は一日中雨だったこともあり、職人さんも休んでいたのか殆ど誰も来ませんでした。
今月は雨で振り回されましたが、今日は雨で救われた感じです。

2010-7-29b_convert_20100729221214.jpg


現場の横に水道があったので最後にタイルについた埃を取るためにを一枚ずつ愛情を込めて水洗いします。

2010-7-29d_convert_20100729221309.jpg


本来ならこれらのタイルは撤去して廃材になる予定でしたが、再利用することで、また長い年月人様の目に触れることになります。

車も埃だらけになったのでついでに洗いました。
もうやりたい放題です。
2010-7-29e_convert_20100729221338.jpg


全て片付ける頃にはもう日も暮れてしまいました。
2010-7-29f_convert_20100729221357.jpg

もう毎日クタクタです。

毎日フル稼働中

今日も朝6時に一軒目の現場へ行き現場下見をしてきました。

2010-7-28a_convert_20100728190324.jpg 2010-7-28b_convert_20100728190351.jpg



ここにタイルを貼る予定です。ここにシャッターが付くようです。
「もういつでもタイルを貼ってくれていいよ」と言ってはくれてるのですが、ここ暫くは忙しくて都合がつかないので、シャッターが付いてから施工させてもらうように頼みました。

タイル屋といっても大きなタイル屋さんは営業マン(番頭とも言う)がいて、その人達が仕事を取ってきたり、現場の段取りをして、そこの会社に所属しているタイル職人がタイルを貼りに現場へ行くというのが流れなんですが、私はそれを一人で全てやっているので、気楽ではありますが、現場で作業しながらも次の仕事を考えておかないといけません。

なので現場下見などは仕事前の早朝か作業が終わってから下見に行ったりしています。
それだけならまでいいのですが、工務店や建築屋の社長の機嫌もとらないといけないし、飲みに誘われれば、断る理由がなければ行くしかありません。
ま、でもしんどい時もありますが、基本的には楽しみながらやっているので苦痛ではありません。


現場下見後は先日調査に行ったタイル剥離現場へ行き、全てのタイルを撤去しました。

最初は足場を組んでくれる予定だったのですが、不動産屋が「予算が無い」と言い出して、足場代をケチり、カーポートの上に上ってタイルを貼り替えろとの指令が下り、仕方なくコンパネを敷き、恐る恐るカーポートの上に上がりタイルを捲りました。

2010-7-28c_convert_20100728190419.jpg 2010-7-28d_convert_20100728190441.jpg



歩くたびにカーポートの屋根がギシギシとしなるのでビビリましたが、怖々作業をしていても全然捗らないので、この作業の仕方が上からの指令なので、重みでカーポートの屋根が割れようとこちらの責任ではないと開き直りガンガン作業を進めました。

そしてなんとかタイル捲りは完了です。

2010-7-28f_convert_20100728190528.jpg


2010-7-28e_convert_20100728190506.jpg
ヘトヘトになりながらも、埃まみれになった玄関だけは綺麗に洗っておきます。
これが私流のポイント稼ぎです。



明日はこの捲ったタイルの裏面に付いたボンドを削り、綺麗に洗って再度使えるようにします。
かなりの量があるので、明日は残業になりそうなので、今からちょっと気合いを入れたいと思います。
   



3-18_convert_20090318234024.jpg

炎天下での作業

朝から蝉がギンギン鳴いております。
今日は某駅前の歩道のタイル補修でした。
2010-7-24a_convert_20100725160722.jpg 2010-7-24b_convert_20100725160750.jpg



今日は完全炎天下での作業となりました。
ある程度覚悟はしていましたが、さすがにキツイです。
作業途中の写真を撮る余裕もなく、作業が終わりふと上を眺めて一枚撮ったのがこれ

2010-7-27_convert_20100728004255.jpg


真っ青な空に南国風の木が立っています。
・・・ ただそれだけです。


ところでこれだけ暑いと適度に水分補給をしながら作業していますが、特に午後からの日差しがきつくて、体力も消耗しやすいのですが、3時頃からが勝負なのです。
この3時ごろが一番のピークで喉もカラカラなのですが、そこを我慢できるかどうかがポイントなのです。
我慢出来れば仕事を終え、家へ帰ってからのビールが最高に上手いのです。

でも今日は3時どころか一時間おきぐらいに水分補給状態でした。
これでは本来のビールの美味しさも半減です。

明日は別の現場ですが、なんとかピーク時間帯をクリアして、その先にある幸せの花園へダイビングできるよう頑張りたいと思っています。

シングル曲part5

ビートルズの7thアルバム「リボルバー」のセッション時期に制作されたシングル曲及びカップリング曲です。

paperbackwriter
rain



だいぶこの「ビートルズ遊び」のスタイルも慣れてきて、馴染みのある曲なら2時間ほどあれば完成させられるのですが、この時期以降のビートルズの作品はシンプルながらもメロディライン以外にも楽器で印象的なフレーズが入っていたりで、そうゆうのもある程度コピーしたいので、今後アルバム制覇には時間がかかりそうです。


ところで私がビートルズが好きだということで、話かけられることがたまにあります。

「へー、ビートルズ私も知ってますよー。レットイットビーとかイエスタディとか、・・後は何があったかな?
昔結構よく聴いてましたよ~」

なんとか話題に首を突っ込みたいのか知りませんが、思い入れが違い過ぎてこちらとしては話をする気にもなりません。

そんな中、このブログをたまに見てくれてる人からこうゆうメッセージを頂きました。

「ビ-トルズ遊びもいよいよサイケデリックの時代に突入ですね」

短いメッセージですが、これだけで全て分かりあえます。
久し振りにジ~ンとくる出来事でありました。

最上階でのひととき 

今日はマンションオーナーの最上階の部屋のお風呂の水漏れがあり、補修工事でした。

ここは一か月前に一度来て、水漏れの原因を調べるために配管の破損がないか床の一部を捲って、取りあえず使えるようにセメントで仮補修しておいた現場です。

2010-7-26a_convert_20100726191533.jpg


マンションの最上階ということもあり、風が心地よく吹く中、この暑い日に鼻歌が出るくらい快適な環境での作業でした。

でも作業自体は簡単なものではなく、床面を全て撤去して新たにタイルを貼りました。

2010-7-26b_convert_20100726191557.jpg  →  2010-7-26d_convert_20100726191640.jpg
  



作業途中でトイレをお借りしたのですが、豪華なトイレで貧乏人の私には落ち着かないトイレでした。

2010-7-26c_convert_20100726191617.jpg

忘れていた仕事

一日遅れの日記になりますが、日曜日はいつもの師匠のバンド見学&奈良バンドの練習日だったのですが、急遽仕事が入ってしまい、泣く泣く欠席することになりました。
ここ最近欠席率が高いのでこのままではクビになってしまいそうです。
なんとか今後挽回していきたいところです。

急遽仕事になった訳は、土曜日に施工するように言われていた現場をすっかり忘れていたのでした。
これ↓
2010-7-25a_convert_20100725160937.jpg


建売物件の玄関タイル貼りです。
そんなに急ぎの現場ではなかったのですが、来週もぎっしり予定が入っていて、施工出来るのは来々週になってしまうので、予定を狂わせてしまい申し訳ないので、バンド練習を諦めて日曜日に現場へ行きました。

現場担当のおっちゃんも一緒に来てくれたんですが、あまりの暑さにやる気もなさそうでした。
2010-7-25b_convert_20100725161001.jpg


ここの現場は住宅街の中にあり、日曜日ということで工事の騒音は控えるようにと上からの指令があり、タイルを貼ることは出来ませんでした。
仕方なく手作業でガレージの土を整地したりして炎天下の中コンクリをうつ段取りをしました。


今日は一日仕事をしていましたが、今日の分の報酬は頂かないことにしました。

W.C

今日も朝からバタバタとした一日でした。

早朝に来週にする現場の下見をしました。
補修仕事なので同じタイルを用意しないといけないのでタイルカタログ持参で現場で色合わせをします。

2010-7-24a_convert_20100725160722.jpg 2010-7-24b_convert_20100725160750.jpg


ご丁寧に貼り替えるタイルに赤スプレーでチェックを入れてくれています。

・・・


次に別の現場へ行き、トイレの床のタイル貼りでした。

2010-7-24c_convert_20100725160810.jpg →  2010-7-24e_convert_20100725160848.jpg





この日もカンカン照りの暑さでしたが、部屋内の仕事だったので身体は少し楽でした。


現場のトイレのドアには女性用のマークが貼ってあります。
2010-7-24f_convert_20100725160913.jpg


髪はポニーテールで背中からおしりにかけてのラインが異常にリアルです。
しかし胸のふくらみが無いので5歳ぐらいの園児の設定でしょうか?
可愛らしい女の子をイメージして作ったのでしょうが、使用しているトイレはどう見てもオマルです。
なんか変な感じです。

こうなってくると男性用のマークはどんなんだろうと興味深々になりますが、残念ながら何者かに剥がされてしまっていて確認出来ません。
もし見かけた方は写メールください。

環境問題に取り組む

今日は朝から先日の芦屋現場のタイル足らず分の貼りつけに行ってきました。

CA3E0007.jpg


今日の仕事はこれで終わり。

・・・・

「タイル屋って楽な仕事やな~」と思われそうですが、私は雇われタイル職人ではないので、今日の作業などはタダ働きです。
厳密にいうと、タイル2枚貼ったので、その報酬をもらったとしても、現場までの交通費等の諸経費の方が高くついて、今日一日だけで考えると、仕事をすることによって稼ぎはマイナスになってしまいます。

ま、そんなことを考えながら仕事してると気が滅入ってしまうので、まず考えることはありません。
場合によっては、後日この近くで仕事をする予定があれば、その時についでに足らず分のタイルを貼るという方法もありますが、とにかく一日でも早く現場を完了させることを最優先で考えています。
経費等のロスが出ても、自分の失敗を出来る限り早く対応することにより、信頼感が生まれます。

今日は時間が余ったので、昨日の現場で持ち帰ったタイルを洗っておりました。

2010-7-23_convert_20100723135053.jpg

タイルの裏についていたボンドを取り除くために削った埃がついているとまた剥離の原因になるからです。
今まで壁に貼ってあったタイルを再利用してエコに貢献するのはいいですが、壁からタイルを剥がし、裏についたボンドを取り除き、そして埃をとるために水洗いをする・・・

結局、新たに同じ材料を仕入れた方が楽だし安上がりではないか!

と言いたいところですが、最初はタイル材料費をネコババしたいがために始めた作業でしたが、限られた資源を有効に使うことは人類に課された使命であり、この地球上で生活させてもらっている限り、責任感をもって、環境問題に取り組まなければならないと切に思う今日この頃です。

タイル剥離現場初日

今日は某マンションの浴室の水漏れによるタイル貼り替え工事の予定だったのですが、急遽予定が来週に変更になってしまい、明日行く予定だった現場へ行ってきました。

2010-7-22a_convert_20100722182047.jpg


先日現場下見に行ったタイル剥離の現場です。


タイルが剥がれて日々落下しているようで、カーポートの屋根も割れてしまっています。

2010-7-22c_convert_20100722182125.jpg  2010-7-22e_convert_20100722182203.jpg

かなり危険な状態です。


2010-7-22d_convert_20100722182145.jpg


結局タイルを全部貼り替えることになりました。
インターホン越しに現場調査をしに来たことを説明し、
手の届く場所からコツコツとタイルを捲っていたのですが、そのうち家の人が出てきて
「今日作業することは聞いてませんが・・・」
と苦情を言われてしまいました。

忙しい日々が続くとついつい今日出来ることをパッパとやってしまいがちですが、客からすると近所の人にも声をかけなければいけないだろうし、相手への気遣いを怠ってしまいました。
しかもクレーム工事なので、普段以上にきめ細かな対応が必要でした。

ま、私も苦情を言われたからといってひるむことはなく、既に工務店が捲ってあるタイルがベランダに並べてあったので片づける振りをして持ち帰ることにしました。

何故持ち帰ったかというと、タイルの裏についてるボンドさえ取ることが出来れば、そのままこのタイルを使えるからです。
一応ここの現場は全面貼り替えるということで、新たに同じタイルを用意するためのタイル材料費及び、作業に掛る日数を計算して見積書を工務店に提出しているので、もし既存のタイルを使うことが出来ればタイル代をうかすことが出来ると企んだのです。

家の人には不謹慎かも知れませんが、なかなか美味しい現場でもあります。

・・・・・

材料を持ち帰り、自宅横でタイルの裏についたボンドをグラインダーで一枚ずつ剥がしてみましたが、予想以上に時間がかかるようです。
2010-7-22f_convert_20100722182225.jpg


今日昼から剥がし始めて全体の四分の一の量しか進まず、これだとボンドを全部剥がすのには後2日はかかりそうです。
その分の手間代を考えると、新たに材料を注文するのと同じぐらいの値段になってしまいます。
やはり、そう簡単には儲けさせてくれないようです。

でも埃だらけになりながらも、タイルを再利用してエコに貢献したいと思います。

現場仕事

今日は朝6時から現場へ行って作業をしていました。
明日、お客さんに引き渡しをする物件なんですが、玄関タイルの目地部分が白くなっているのでどうにかしてほしいとのことで、朝から塩酸を使って洗いました。

2010-7-21a_convert_20100721200441.jpg 2010-7-21b_convert_20100721200505.jpg  →  2010-7-21c_convert_20100721200538.jpg

これは白華現象といってセメントのアクが目地部分にシミ出てきているのです。
原因はタイルの裏に水分が廻ったりしたときに出てきます。
玄関を水洗いしたときにどこからか水がしみ込んでしまったのでしょう。

取りあえず洗ってそのまま高速道路をぶっ飛ばして次の現場である神戸の芦屋まで行って作業しました。

2010-7-21d_convert_20100721200602.jpg


セメントで作った階段にタイルを貼りました。
2010-7-21e_convert_20100721200629.jpg


昨日の現場と違って一日中カンカン照りで、とにかく暑かったです。
夕方になってやっと日陰になりましたが、今度は蚊が飛び回ってきて落ち着いて作業が出来ません。
やはり日頃の行いがかなり悪かったようです。


しかもタイルが足りませんでした。
2010-7-21f_convert_20100721200649.jpg


遠い現場でこのチョンボは痛いです。
後日これだけ貼りにまたここまで来なくてはなりません。
明日からもぎっしり予定が入っているので、合間を見つけて仕上げたいと思います。



作業をしながらも新たな仕事の電話もジャンジャン掛ってきて忙しいのは有難いことですが、電話の内容を忘れないようにメモしていたのですが、あまりの暑さの中だったので後で見てみると何を書いてあるのか自分でも分からない文字になっていました。


明日に電話で再度確認しないとなりません。
今日はもうバタンキュ~です。

日頃の行いの結果

今日は朝からセミが鳴き出しました。
いよいよ夏本番です。

今日の現場は玄関サッシを新しく入れ替えに伴い、床も綺麗にしようということで玄関タイル貼りの工事です。

2010-7-20a_convert_20100720202834.jpg


元々は純和風の鉄平石が貼ってあり、これはこれで風格がありますが、石のデコボコで掃除がしにくいということで、「それならタイルでしょう!」ということでタイル屋の出番です。
でも玄関内の壁面の石まで剥がすのは大変でコストもかかるので床だけ石の上から下地をしてタイルを貼ることになりました。
2010-7-20b_convert_20100720202856.jpg



とにかく朝から直射日光が当たる場所で、暑さにまだ慣れていないこともあり、休憩ばっかりで午前中は仕事が捗らなかったのですが、たぶん日頃の行いが良いのか昼から作業場所は完全に影になり、暑さも和らぎいい感じでした。

2010-7-20c_convert_20100720202920.jpg 2010-7-20d_convert_20100720202940.jpg




明日の現場もこうあってほしいものですが、それは明日のお楽しみということで。





2010-7-20g_convert_20100720203041.jpg 2010-7-20f_convert_20100720203022.jpg



勘違いアホの話

世間では3連休だったようですが、私の方はガンガン仕事をしています。
先週の長雨のために遅れてしまった現場を今週中に全て対応するべく必死のパッチで働いております。

先日から通っている現場も今日は玄関を仕上げて店舗内のタイル貼りは完了しました。
2010-7-19a_convert_20100719160001.jpg


後は外のポーチを作り、そこにタイルを貼れば完了です。
2010-7-19c_convert_20100719160056.jpg


店舗内では今日から洗い屋さんが室内のクリーニングを始めていますし、外では駐車場の舗装工事も始まって、最後の追い込みにかかっています。
2010-7-19b_convert_20100719160026.jpg    2010-7-19d_convert_20100719160121.jpg
暑い中おっちゃんも頑張っています。
ここの現場はしばらく空けて、明日はまた違う現場へ行く予定です。



店舗の仕事は工期が少なく、時間に追われることが多いので、仕事的には綺麗にタイルを貼って仕上げるというよりも、決められた工期内に作業を終わらせることが最優先で作業が遅れてしまうと他の人達に迷惑がかかってしまいます。
なのでトイレなどの床タイル貼りでは便器等で隠れてしまう部分は少々タイルがいがんでいてもそのまま仕上げてしまいます。
綺麗に目地が入っていなくても目立たない部分ならそのままいきます。
クレームがつかないギリギリの部分で仕上げます。
タイル職人としては与えられた現場を綺麗に仕上げたい気持ちは山々あるのですが、現場の状況に合わせて対応していかねばなりません。
職人の中には、現場の状況に関係なく隅々まで綺麗に仕上げる人もいますが、やはりそれだけ時間が掛ってしまいます。
時間がある現場ならそうすればいいのですが、そうゆう人は殆ど綺麗に仕上げることを優先しているので工期に間に合わなくなってきます。

「現場の状況を把握し、工期に間に合わせるためには自分はどうすればいいのか?」
をまず考えて行動していかないと、タイル職人だからといってただ単にタイルを綺麗に貼ることだけを考えていたのではただのアホなのです。
しかもこうゆうアホが一番やっかいで、自分はちゃんと仕事をしているという自負心を持っているので、こちらとしては文句も言えないし、場合によってはこちらのクレームギリギリの作業にわざわざ手直しをしたりもします。

ま、今回は私が選んだスペシャリスト達でチームを組んで作業に取り組んだので、そんな勘違いアホはいなかったので順調に作業が出来ました。


仕事を終え、自宅に帰り明日の段取りをしていると、急遽現場下見してほしいとの電話が入り、そこから再び別の現場へ行ってきました。
2010-7-19h.jpg    2010-7-19i.jpg



タイルが剥がれているようです。
私が施工した現場ではないので、原因はいまのところ不明ですが、せっかく一軒家を購入したのにこれはお客さんにとっては切ない思いでしょう。
剥がれたタイルを持ち帰り、原因を調査したいと思います。

とにかく今週は「猫の手」だけでなく「犬の足」まで借りたい忙しさです。

・・・

ま、でもこうして日記を書けるということは全然まだ余裕があるということなんですけどね。

一応ウッドベース・デビュー

今週末に梅雨明けして、快晴な日々が続いております。
今日は仕事を休んでセッションバンドに参加してきました。
このセッションは以前に書いたのですが、こんな感じの集まりです。

http://tilekougei.blog14.fc2.com/blog-entry-295.html

ユル~イ感じのセッションであんまり練習していなくても、気にすることなく気楽に参加出来る集まりということで、今回私はウッドベースで参加してきました。
気楽に参加出来るのが、このセッションバンドの良いところでもあり、最大の欠点でもあります。

私はこのセッションの参加者の中で前々からどうしても気に入らないオッサンがいて文句を言って辞めたのですが、3年ぶりに今年からまた参加しています。当時気に入らなかったオッサンもまだ在籍していますが、仲良くやっています。
気に入らなかった理由は、このセッションバンドがユル~イ感じなのをいいことに練習もろくにせずに変な音ばかり出していたのでブチ切れてしまったのです。

時間が経ち、私はこのオッサンを受け入れることが出来るようになりました。
自分の演奏のスキルをアップしていくためにはそれなりの努力が必要です。
特にジャズのような自由な音楽は「なんでもあり」なのでそれなりのルールがあります。
そのルールを把握するのには膨大な練習量や経験値が必要です。
当時の私は「音楽を続けるからには上手くなりたい」という考えがあり、それは周りの皆も同じだと思っていました。
そこまでしんどい思いをしてまで音楽をやりたくはないけど、もっと気楽に皆と演奏を楽しみたいというのがオッサンのスタンスなのでしょう。
それを理解していれば、キレることは無いし、上手く付き合うことが出来るようになりました。

考えてみれば私もこのセッションがユル~イのをいいことに、ろくに練習もせずにウッドベースを持ち込んで、適当に音を出して楽しんでるのですからオッサンと同類だったことを今日気づかされました。


ところで今回ウッドベース・デビューした訳ですが、思ったことを書かせて頂くと、まず「持ち運びが大変」ということです。
といっても今日は車で移動だったのでまだマシですが、駐車場からセッション場所まで炎天下の中の移動だけでスタミナ切れでした。また楽器が大きくて狭いお店の中ではとり回しが難儀で色々なところで楽器をぶつけてしまいました。
これを電車で移動となると、たぶん挫折すると思います。


演奏的には大した練習もしていかなかったので、納得のいく演奏など出来ませんでしたが、一人でベ-スを弾いていても全然楽しくないというのが日々なかなか練習出来ない理由なので、今日のようにドラムと一緒に音合わせすることによりベースの面白さが少し分かった感じがしました。

サウンド的には、今日は欠席者が数名いたこともあり、伴奏はギター無しで、ドラム、ピアノ、ベースだけだったので、音が団子状態になることもなく、結構音抜けも良かった感じでした。
ただ前回助っ人で来て頂いたベーシストさんの100万円のウッドベースはアンプを使わず生音で対応していたのに対し、私のベースだとパワーが無く、生音だと全然聴こえない状態でアンプを使わなければなりませんでした。
ま、でも一応音は出るので良しとします。


このセッションバンドは専属のベーシストがいるので、ベーシストとしての私の出番はなかなか無いかも知れませんが、機会がある限り、ここのセッションバンドではベースで参加してみようと思っています。



2010-7-18_convert_20100719005001.jpg

RUBBER SOUL 制覇!

ビートルズ6thアルバムになります。

Drive My Car
Norwegian Wood
You Wont See Me
Nowhere Man
Think For Yourself
The Word
Michelle
What Goes On
Girl
Im Looking Throug You
In My Life
Wait
If I Needed Someone
Run For Your Life

5thアルバムを制覇してからだいぶ時間がかかりましたが、なんとかクリアしました。
時間がかかったのは仕事等の影響もありますが、今までのアルバムはコードをかき鳴らしてメロディラインを乗せればなんとか形になっていましたが、このアルバムあたりからメロディ以外に伴奏のリフやフレーズも印象的な部分があったりで、コピーするアイテムが1曲の中で数多くありました。ほんの1~2年前までロックンロールを主体としていたバンドのアルバムとは思えない完成度の楽曲が揃っているアルバムです。

個々の曲の感想は以下のところで詳しく書く予定なので、こんなしょーもない企画に興味のある変な人は参照してみてください。

http://musictrack.jp/index.php?pid=myPage

まだ廻っていない廻る寿司屋

今週は雨ばっかりで仕事が出来なくて、モンモンとした日々を過ごしていましたが、今日からエンジン全開です。
2010-7-16a_convert_20100716185751.jpg   2010-7-16b_convert_20100716185808.jpg



現場は店舗のトイレのタイル貼りです。
トイレが数か所あるので2~3日は通う予定です。

朝から昨日までの雨が嘘のような快晴でしたが、今日から店舗内のトイレのタイル貼りということで雨でも作業が出来ます。
人生はこんなものです。
「上手くいかないのが当たり前、上手くいけばラッキー!」
ぐらいに考えておかないとやってられません。

なんとか一か所仕上げて今日は終了です。
2010-7-16c_convert_20100716185825.jpg


店舗内を見まわしてみるとこんな感じ

2010-7-16d_convert_20100716185842.jpg


廻る寿司の店舗です。
相変わらず人気があるようです。
ここの現場は自宅から車で15分程の場所にあるので完成したら一度食べに行こうと思います。


明日からまた気合いを入れなければいけないということで、今日は久し振りに一杯やらせて頂きます。

エンジン始動!

今日は昼から雨がやんだので遅れているそれぞれの現場の状況を確認するために走り回っていました。
2010-7-15c_convert_20100715163128.jpg 2010-7-5a_convert_20100715180751.jpg



タイル工事を待ってもらえそうな現場は無理をお願いして来週に伸ばしてもらい、今週中にやらなければいけない現場は明日からスタートする予定です。
なんとか今週末の日曜日はセッションに参加出来そうな感じです。


現場回りをしてる時に、以前参加していたバンドリーダーからのライブのお誘いメールも舞い込んできました。
私の地元である和泉市が主催しているジャズ企画で、去年も参加させてもらったのですが、今年も一緒に出ませんか?という嬉しいお誘いです。
去年のライブの模様はこんな感じでした

2010-7-15b_convert_20100715162502.jpg


このバンドは自宅から車で20分程の場所でいつも練習をやっていることもあり、条件的には最高のバンドだったのですが、仕事が忙しくなり以後連絡を絶っていました。

音楽は人と人とを繋げることが出来るアイテムの一つに過ぎないと思います。
音楽の楽しみ方、音楽ジャンル、年齢、国籍などが違っていてもなんら問題はありません。
簡単に言うと「人が好き」かどうかだと思います。

大阪は今日も雨だった♪

天気予報では今週末から天気は回復するそうなので、金曜日あたりから今週の遅れを取り戻していかないといけません。
いよいよ梅雨明けでしょうか。
雨のために現場が5件ほどたまっているので、順番にこなせていければいいのですが、工期を待ってもらえない現場は応援のタイル屋に声をかけて助けてもらうしかありません。


仕事の遅れにより今週末の日曜日は月一回のセッションバンドの練習日だったのですが、これに参加出来るかも微妙な状態になってしまいました。
今回は特にいつも来てくれているベースの人が都合が悪くて欠席のために私が急遽ベースをやる予定になっています。
大きな声では言えませんが、最近ベースは全然練習していないのですが、ここのバンドはそんなに上手な人もいないこともあって、気楽に参加出来るので去年手に入れたウッドベースデビューを企んでいるのですが、仕事の状況を見て参加出来るかどうか判断しないといけなくなってしまいました。

ところでこのセッションバンドは先月もベースの人が欠席だったので急遽助っ人のベーシストが来てくれたのですが、その人の持ってきたウッドベースは100万円とのこと。
ちなみに私のベースはリサイクルショップで3万円也。
ネット上の情報によると値段の差は他の楽器と一緒に演奏したときにはっきりとわかるらしいのです。
良い楽器はアンサンブルの中でもサウンドの輪郭がはっきりとしていて音抜けが良いそうです。
それに比べて安物楽器は周りの音に埋もれてしまうそうです。
ま、演奏技術にもよると思いますが、実際にそうなるのか試してみたいのですが、なんとか仕事の方、上手く段取りをつけたいところです。

2010-7-15.jpg

「あの時こうしておけば良かった~」

今日も雨です。
今週は一週間がっつりと仕事の予定を組んでいたのですが、どうしようもありません。
ビジネス戦略である「てるてる坊主」も全く役に立ちません。


ところで先週末に学生の頃の懐かしい友人と会って話をする機会があったのですが、あまり仕事が上手くいっていないようで、
ため息をつきながら「あの時こうしておけば良かった」と連発していました。

そういえば私も以前はよく何事にも後悔をすることがあったけど、最近はそうゆう感覚はなくなりました。
別に何もかも順調にいってる訳でもないのですが、後悔をしても何も解決しないことが経験上分かったので、失敗したと思ったら反省はするが、後悔することよりも次の手段を考えるようにしています。


ここ暫く音楽活動の話題を書いていませんが、週末はいつも通り、バンド練習見学やセッションなどに参加しています。

20歳の頃からジャズには興味を持っていたのですが、私の周りにジャズをやってる人がいなかったり、ジャズは敷居が高いという考えから実際にジャズに取り組みだしたのは30歳後半からでした。
その当時は「もっと早くからジャズに取り組んでいれば、今頃ジャズギターが弾けるようになっていたのになぁ~」と後悔をしたのを覚えています。

ジャズを取り組む前は、ロックバンド、フォークソング、自宅録音でのオリジナル曲作り、弾き語り野郎の後ろで伴奏など・・をやっていました。
かなり遠回りしましたが、全て無駄なことでは無かったと思います。
ジャズ以外の音楽をやってたということで、ジャズしか知らない人に比べて技術的には劣っていても演奏の幅も広がってくるだろうし、特に10年間程やっていた「オリジナル曲作り」が私にとっては貴重な時間だったように思います。
曲を作るには想像力が必要なわけで、ジャズのような型にはまらない演奏にはとても重要なことだし、自宅録音で曲を作るには全ての楽器パートを自分で作っていくので、楽器のアンサンブルを研究する機会がもてたことも大きいです。
デメリットは、オリジナル曲を作り始めた時点で楽器の腕前は止まってしまいます。
曲作りは「ウンチ」と一緒で食べたものしか出てこないのです。
そのような理由から、ギターが上手になりたいので今は曲作りはやめています。
もっと色々なものを食べて色々な「ウンチ」を出してみたいのです。

もし今後、私がオリジナル曲を作りだしたのなら、自分のギターのレベルに自信がもてるようになったか、もしくは上達を諦めたかのどちらかだと思います。
「あの時こうしておけば良かった」という言葉は私の中にはないのだ。

小クモ

週の始めの月曜日は雨模様のスタートとなりました。
要するに仕事が出来ないということです。

仕方がないので今後のビジネス戦略をどうするかコーヒーを飲みながら考えているところです。
取りあえず子供の頃、遠足の前日によく作った「てるてる坊主」を作ってみました。
今年の梅雨時期の頼もしい助っ人です。


もうそろそろセミが鳴き出してもいい頃だと思うのですが、今年は少し遅い感じです。
先月の始め頃には小クモが飛んできて、家の周りに巣を作りだしています。
このブログでは以前に何度も書いていますが、私はクモが一番の苦手でして、家の周りに巣を作った時点で取り除くようにしているのですが、今年も例年と同じように巣の掃除をしながらも一匹だけそのままにしてあります。
こいつ↓

2010-7-12b_convert_20100712102346.jpg 2010-7-12a_convert_20100712102326.jpg




写真ではわかりにくいのですが、クモの巣のはる場所は大きく分けると2つあります。
雨風がしのげる場所に作るか、そうでないかのどちらかです。
家の軒下などの雨風のしのげる場所に巣を作り、獲物がかかるのをひたすら待ってるあの態度、根性が気に入らないのです。
画像のクモは雨がまともにかかる場所に作っているので、色々と苦労はあるでしょうが、獲物が巣にかかる確率も大きくなるので、やはり軒下のクモと比べると成長するのも早いです。
強風のときは巣が大揺れで今にも飛ばされそうな勢いでもしっかりと巣の真ん中に陣取っている姿を見ていると、いくら苦手なクモであっても殺虫剤でシュ~とは出来ないです。


昨日の日記で 「music track」のことを書きましたが、説明不足でした。
ログインしていないと、リンク先のアドレスはトップページにいってしまうようですね。
ここでは「お気楽ビ~トリー」の名前で登録しています。
「BEATLES」で検索をかけても数曲引っ掛かってくると思います。

毛筆の心

今日は久し振りの晴天でした。

昨日のやり残した作業を終え、なんとか完了です。
今日もデジカメを忘れたので携帯での撮影です。

CA3E0005.jpg CA3E0006.jpg
現場写真を見たい人はパソコンの前で逆立ちして見てください。


雨によって予定が狂わされ、イライラする日々が続いていますが、今日は気分を落ち着かせて
昼から書道に取り組みました。

2010-7-10_convert_20100710143055.jpg


何のためかといいますと、これを見て頂ければ分かるかと思います。

http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=17353

こんなことをしてる暇があるんやったら、もっとギターの練習をしろ!と突っ込まれそうですが、なんでも節約、効率良くと叫ばれてる時代に全く意味のないことを真剣に取り組む時間もたまには必要だと私は思います。
こうゆうことをしていると、周りの人から「アホちゃうか?」と言われたりしますが、
アホで結構です。変に褒められるよりも気が楽です。


先日から始めている「ビートル遊び」の音源はここに置いてあります。
ここから音源をチョイスしてブログに貼りつけていたのでした。
ビートル遊びの音源はここの「music track」で聴けますので、もしフルバージョンを聴いてみたいという奇特な人は
ここで聴いてみてください。

バレた時の行動学

ここ最近雨のせいで予定通りに作業が進みません。

2010-7-9_convert_20100709125237.jpg


昨夜の時点では晴れの予定だったのですが、天気予報は大外れです。
現場仕事は天気予報を頼りに段取りを組んでいます。
外れたらきっちりと土下座して謝ってほしいものです。
取りあえず、雨の中タイルを貼りましたが、仕上げの目地入れは明日にすることにして、今日の作業は終了です。


ところでここ最近国技である相撲が野球賭博でてんやわんやになっているようですが、ま、私は相撲には興味がないのですが、
昨日某新聞に「相撲茶屋棟 違法建築」という記事があり、読んでいて思ったことを書きます。

「相撲茶屋棟」というのがどんなものなのか知りませんが、新聞によると、「軽量鉄骨造二階建て」とのことなので、そこそこの建物だと思います。
違法建築する理由はどうであれ、一応建築関係に携わっている私に言わせれば、違法建築なんていくらでもあります。
「建築基準法」に基づいて建築物を建てていきますが、建築途中に何度かの検査があります。
それらをクリアしていけば、建築申請が下りて作業を進めていくことが出来るのです。
言いかえれば、検査が通ればokなので検査後に構造体を変えたり、部屋の間取りを変えたり安易に出来ます。
検査なんて殆ど形だけで、見られるとヤバイ個所は予めベニア板を貼りつけて隠してしまえば、証拠隠滅出来てしまいます。

それにこれは確信犯です。大工さんが好んで違法建築なんてやりませんし、「知らなかった」なんて言い訳は通りません。
今回の相撲茶屋棟の違法がどんな経緯だったのかは知りませんが、誰かの指示によって行われたものです。
相撲茶屋棟の関係者は違法建築を認めたが、ある新聞の取材に対してこう証言しています。

「何十年も事故が無かったので安全性に問題ないと思っていた」

違法建築がどうのこうの言いたいのではなくて、私の言いたいことは、
言い訳などせずにバレた時は潔く詫びてほしいものです。
こうゆうところで人間性が出るようです。
「何十年も事故が無かった」というのは後の話であって、何故違法建築を指示したのかの根本的なことは語っていないし、新聞記者もこんな言い訳を紙面を割いて載せること自体、情けないと思います。

もっと皆プロ意識を持って取り組んでほしいものです。

真実

まだまだ梅雨は明けていないようですが、暑い日が続いております。

作業の方は一軒家のテラスを作っています。
2010-7-5d_convert_20100706214237.jpg 2010-7-5e_convert_20100706214301.jpg



タイル貼りだけでなく、最初のブロック積みからやっています。
埋め込みの照明も設置しました。
なんとかタイル下地は完成で、明日からタイルを貼る予定です。
2010-7-5f_convert_20100706214322.jpg


ところでここの現場は奈良県の平群という町です。
「平群」と言えば思い出す事柄があります。
覚えている人もいるかと思いますが、「騒音おばさん」がいた町です。

テレビで大々的に取り上げられる前に私はたまたま「騒音おばさん」の家のそばで外溝工事をしていました。
朝仕事を始めるのと同時ぐらいにラジカセを大音量で鳴らしているおばさんがいました。
その当時は訳がわからず、私達業者への嫌がらせかな?と思っていたのですが、その日作業を終えて、帰ろうとした時おばさんがいきなり写真を撮りだしました。
あんまり気分の良いことではないですが、近所の住民とモメて工事がストップしてしまうことだけは避けたかったので関わらないようにしていたのですが、同じ現場で作業していた若い職人が写真を撮られたことにキレて騒音おばさんの家に文句を言いに行ったのです。
しばらくして職人が戻ってきて、私達に言ったことは
「文句を言いに行ったけど、丁重の謝られて何も言うことが出来んかったわ。ごく普通のオバハンやったわ。」
以外でした。しかもおばさんは
「私の行動で気を悪くされたのなら本当に申し訳ありません」と職人に詫びたそうです。

それから外溝工事のため数日間現場に通ううちに、事情が読めてきました。
近所の人から「あの人だけは気をつけとかんなあかんで」と忠告されました。
あの人というのは「騒音おばさん」ではありませんでした。
実際に現場で仕事をしている最中でもその人から色々と陰険な嫌がらせも受けました。

この話題をどこまで書こうか悩んでいるところ、動画サイトに私の言いたいことを全て証言している人がいました。
↓これです
http://www.youtube.com/watch?v=t1TyQtjeu1Y&feature=related

真実を知ったからと言って「騒音おばさん」に肩を持つつもりはありません。
どんな理由であれ騒音を出すことは許されることではありません。
一番問題なのはマスコミやワイドショーの扱い方に世間が振り回されて踊らされてることだと思います。
マスコミが言うように気が狂って騒音を撒き散らしているだけなら、近所住民が苦情を言ってるはずです。
実際に苦情を言ってるのは一組の「被害者夫婦」と名乗る夫婦だけなのです。

当時の近所の人の話ですが
「私らにとっては騒音はとばっちりやけど、あのように(気の狂った行為)なってしまう気持ちはわかるわ」

この件以後、人の噂話やマスコミの話なんて自分で確認しない限り絶対に信用しないようにしています。

魔の最終日

土曜日は雨で仕事が出来なかったので代わりに今日(日曜日)に作業を済ませてきました。
最近デジカメを現場に持っていくのをよく忘れてしまうので画像がありません。
歳のせいだとは思いたくないですが、よくもの忘れをするようになってきた今日この頃です。


先週後半は某工務店の雑仕事をしていて私には直接は関係ないのですが、いくつかトラブルも発生しました。
某マンションの空家に買い手が決まり、買い手が引っ越ししてくるまでにマンションの改装をする工事でした。
工期は4日間しかなくて、そのうち大工仕事に割り当てられた日数は2日間。
ま、普通に仕事が出来る人なら2日あれば十分にクリア出来る仕事量だったので問題は無いはずだったのですが・・・

今回某工務店から依頼した大工さんが初日が終わった時点で間に合わないと判断して、自分の知り合いの大工さんも呼んで2人掛かりで作業に取り掛かかりました。
ま、どんな手段を使ってでも予定通りに作業が終われば良い訳でここまではなんの問題もありませんでした。

そして自分以外の大工を応援として現場に入れたことを某工務店の社長に電話をしていました。
私はその場に居たので電話の内容をこっそり聞いていたのですが、こんな感じでした。

「僕一人では間に合わないと思ったので一人応援を入れて作業しています。
でも間に合わないのは私の責任なので、応援の大工の報酬は結構ですので」

電話の内容を聞く限りは責任感のある大工さんのように思われますが、某工務店の社長の性格、考え方を知っている私としては、この電話内容だと社長のカミナリが落ちるかも・・・と思った矢先、やはり大カミナリが落ちました。

大工さんとしては現場の状況の報告と、工務店に気を遣って報酬の件を告げたのでしょうが、この時点で報酬の話題を出すのはヤバイのです。
工期は4日間しかなくて、しかもマンションの一室なので作業時間も朝9時~17時までと厳しい条件の中、皆必死なのです。
社長からすると、いつ大工作業を終えることが出来るのかを知りたいだけで、責任感があるような無いようないつ作業が終わるのか分からない報告などいらないのです。
そして社長のカミナリはこんな感じでした。

「応援の大工の手間賃なんか今はどうでもええんや! とにかく現場を終わらせないと集金も出来なくなる。手間賃どころではなくなるんや。」

それとこの某工務店の社長の怒りはもうひとつあることに私は気づいています。
大工さんの電話の中で「間に合わないのは私の責任なので、応援の大工の報酬は結構ですので」とある。
本当にそう思ってるのならいちいち言わなくても自分が手間賃をもらったらそのまま知り合いの大工に渡せばいいことで、個人的な事である。それをわざわざ報告するのは、あわよくば応援の大工の手間賃を少しでも貰えたらラッキーみたいな部分があるように聞こえてしまうのだ。
もし大工さんがそうゆう思いが無かったとしても誤解されてもおかしくない電話内容である。

今回のような工期の短い戦争現場に着手した場合は業者同士
「どうすれば予定通りミッションをクリアできるか?」
だけを考えて行動しています。
そこを分かっていない業者、職人はレッドカードなのです。


そしてこのレッドカードの大工さんは2日間で作業を終わらすことも出来ず、3日目の最終日にずれ込んでしまいました。
昼頃になんとか終わったようですが、大工仕事が終わるのをずっと横で待機して待っていた仕上げ業者がやっと作業にかかれるようになりました。
大工さんの半日の遅れにより工期に間に合わないと判断した某工務店社長はお客さんと連絡をとって、引っ越し日を変更してもらうように頼んでいましたが却下されてしまい、強行手段に出ることにしたようです。
「苦情等の連絡先はこちらです」と書かれたビラを沢山用意してマンションのあらゆるところに貼って、苦情は全て社長の携帯にかかるようにして対応してる間に現場を終わらせようという作戦でした。
残念ながら(?)この現場ではタイル工事等なかったので私の出番はなく、最終日はどうなったのか知らないのですが、たぶんあの状況だと日付が変わる頃まで作業はかかったと思います。

「人の振りみて我が振り直せ」です。
自分はちゃんと出来ているのか? このような問題が起こったときには常に
自分に言い聞かせてレッドカードを貰わないようにしないといけません。

仕事は一人分

今日は朝から集金、昼から来週末にする現場の下見に行っていました。

その合間に忙しいときは応援に行ったり、来てもらったりしているタイル職人から電話がありました。
電話の内容は・・・

「どない?仕事やってるんか?」

話を聞くと6月上旬から仕事が無いようです。
私の方もタイル職人仲間と一緒に仕事する程の仕事量がありません。
自分一人分の仕事を確保するのに精一杯の状態です。
一緒に現場を早く仕上げてしまうと次の仕事がないのでまた休まなければならなくなり、自分の首を絞めることになります。
厳しいところです。

ま、でも今日の電話の職人には申し訳ないですが、私の方はゆっくりと動き出してきています。
明日からも仕事の予定がびっしり詰まっています。
あ、いや、正確に言うと来週の月曜日まではびっしりです。以後はまだ未定です。
しかも雨が降ると休みになります。

・・・サムイ話です。

ぼちぼちやってます

またまた久し振りの更新です。

以前にも書いたことがあるのですが、このパソコンは家族共有なので使う順番がある程度決まっています。
嫁はん>長女>長男>次女 の順番で最後が私です。
要するに家族内での力関係がそのままパソコンの優先権となっているので私が使えるのは殆ど日付が変わってからか、もしくは今日のように皆が外出している間だけなのです。
でもそれにめげずに今後も更新していきたいと思っています。


仕事の方は雨が降ったりで思うように予定通りには行きませんが、梅雨の時期だけに仕方ありません。
梅雨の合間にはカラッと晴れたカンカン照りの日もあったりしますが、まだ夏の暑さに慣れていない中年の身体には堪えます。

昨日はある家の勝手口の取り換えに伴う補修工事でした。

2010-6-25e_convert_20100625150724.jpg


ドアの周りをセメントで埋めて完了です。

2010-6-25f_convert_20100625150746.jpg


簡単なようですが、少々コツがいります。
そのままではセメントが詰まらないので、いつもタイル目地を入れてタイルをふき取るときに使うスポンジをドアの間に詰めて両側からセメントを塗りたくりました。
ま、慣れない仕事はこんなもんです。
苦情の電話も無いので良しとします。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク