黄色い潜水艦♪

今日は一日雨で外出する気にもなれず、家でダラダラと3食昼寝付きの贅沢な一日を過ごさせて頂きました。

今回は私のマニアックな音楽活動である「ビートルズ遊び」について書きたいと思います。

まず「ビートルズ遊び」とはどうゆうものかは以下のページの書いてあります。

ビートルズ遊びについて

現在はアルバム「リボルバー」に着手中ですが、その中の一曲、イエローサブマリンをアップします。

yellow submarin


とにかく以前と比べて活動のペースが鈍っております。
その原因は私自身で把握していますが、簡単に言うと「飽きてきた」ということです。

シンプルな演奏ゆえに自分の好きな曲ならまだいいですが、そうでない曲を演奏するのが少々苦痛になってきております。しかし全曲制覇を成し遂げるというのはそうゆう苦痛を乗り越えた先にあるものなので、ここは踏ん張りどころであります。

マンネリな気分を変える為に、機材も少し変えてみました。

まず演奏に使うギターですが、以前紹介したヒストリーのギターを今回から使っています。
2012-6-3a.jpg
エレキでありながら生音もしっかりしているので、まさにこの活動のために作られたギターといっても過言ではありません。

そしてこの「ビートルズ遊び」は気楽にやっているようで、実は録音には少し凝っていて、ギター演奏はマイク録りとライン録りを同時にしていて、それらをミックスさせています。
今回からライン録リ時にコンパクトエフェクターを導入しています。
2012-6-3b.jpg
これはフェンダー・ブルースマンというベースアンプサウンドを意識したアンプシミュレーターです。

オールドアンプの自然な歪みが得られるエフェクターなんですが、「ビートルズ遊び」については歪み系は必要ないので完全に路線を間違えたエフェクターをチョイスしてしまいました。
買ってしまったので渋々使っていますが、私の経験から言うと、失敗から新たなアイデアが生まれるという事もあります。

今後も気分が変わるまでこのスタイルで続けていこうと思います。

ベースレッスン~ビートル遊び ETC

今日は仕事はなくのんびりと家で過ごさせて頂きました。

仕事が無いといっても、来週の現場の材料の搬入などがあって、なにかと仕事に関する用事はあります。
2011-10-8z.jpg

玄関内が材料で人一人通るのが精一杯の状態になっています。
普通タイル屋に限らず、個人で仕事をしている建築屋はたいがいが倉庫などを持っているのですが、当社にはありません。
小さい倉庫を確保するにもそれなりの維持費が掛かるので節約のためです。なので玄関が倉庫状態になっています。玄関の外には砂袋が山積みにされています。
いつも工夫しながらなんとかやっていますが、材料が多い時はどうしても玄関にあふれかえってしまいます。
ま、いつまでもこの状態という訳ではなく、この材料も来週には使ってしまうので、そのうち片付くので良しとします。


******


久し振りに音楽の話題も書いておきます。

今週末は3回目のベースレッスン日でした。
今までは演奏スタイルの確認ばかりでしたが、今回から簡単な曲を演奏する練習に取り組みだしました。
また、機会があれば音源などもアップしたいと思います。

去年から初めた「ビートルズ遊び」も現在進行中です。
アルバム「リボルバー」のコピーに取り掛かっています。
Taxman
Eleanor Rigby
Im Only Sleeping
Love You To
Here, There And Everywhere
このアルバムはビートルズはライブ活動を辞め、スタジオに閉じこもって作品制作を始めた最初のアルバムです。
私も少なからず影響を受けて今まで基本的にギター2本だけで楽曲を表現してきましたが、今回からエレキベースを導入してみたり、部分的にSEやウッドベースをかぶせてみたりと新たな挑戦に出てみましたが・・・

どうも何をやりたいのか方向性が見えなくなってしまい、最初のコンセプト通りにギターだけでビートルズの楽曲を気楽に表現するというスタイルで落ち着きました。
試行錯誤していたので楽曲をアップする間隔が空いてしまいましたが、またぼちぼちと進めていく予定です。
孤独でしょーもない活動ですが、少数派ながらこの活動を支持してくれている人もいるようなので、時間がかかっても当初の目標である全曲制覇を成し遂げたいと思っています。

シングル曲part5

ビートルズの7thアルバム「リボルバー」のセッション時期に制作されたシングル曲及びカップリング曲です。

paperbackwriter
rain



だいぶこの「ビートルズ遊び」のスタイルも慣れてきて、馴染みのある曲なら2時間ほどあれば完成させられるのですが、この時期以降のビートルズの作品はシンプルながらもメロディライン以外にも楽器で印象的なフレーズが入っていたりで、そうゆうのもある程度コピーしたいので、今後アルバム制覇には時間がかかりそうです。


ところで私がビートルズが好きだということで、話かけられることがたまにあります。

「へー、ビートルズ私も知ってますよー。レットイットビーとかイエスタディとか、・・後は何があったかな?
昔結構よく聴いてましたよ~」

なんとか話題に首を突っ込みたいのか知りませんが、思い入れが違い過ぎてこちらとしては話をする気にもなりません。

そんな中、このブログをたまに見てくれてる人からこうゆうメッセージを頂きました。

「ビ-トルズ遊びもいよいよサイケデリックの時代に突入ですね」

短いメッセージですが、これだけで全て分かりあえます。
久し振りにジ~ンとくる出来事でありました。

RUBBER SOUL 制覇!

ビートルズ6thアルバムになります。

Drive My Car
Norwegian Wood
You Wont See Me
Nowhere Man
Think For Yourself
The Word
Michelle
What Goes On
Girl
Im Looking Throug You
In My Life
Wait
If I Needed Someone
Run For Your Life

5thアルバムを制覇してからだいぶ時間がかかりましたが、なんとかクリアしました。
時間がかかったのは仕事等の影響もありますが、今までのアルバムはコードをかき鳴らしてメロディラインを乗せればなんとか形になっていましたが、このアルバムあたりからメロディ以外に伴奏のリフやフレーズも印象的な部分があったりで、コピーするアイテムが1曲の中で数多くありました。ほんの1~2年前までロックンロールを主体としていたバンドのアルバムとは思えない完成度の楽曲が揃っているアルバムです。

個々の曲の感想は以下のところで詳しく書く予定なので、こんなしょーもない企画に興味のある変な人は参照してみてください。

http://musictrack.jp/index.php?pid=myPage

シングル盤part4

今日も仕事の方は調子が出ませんが、「ビートル遊び」の方は相変わらず絶好調です。

5thアルバム後に出したシングル曲、カップリング曲等の楽曲コピーです。

Im Down
Bad Boy
We Can Work It Out
Day Tripper
Yes It Is



発売順にコピーをしてきましたが、初期の頃の楽曲と比べるとシンプルながらもヒネリが加わった楽曲が増えてきました。
今回のアップした音源の中では「Day Tripper」が印象深かったです。

今までのビートルズの楽曲で曲の間奏というのはあんまり無かったのですが、間奏があってもAメロ部分のコード進行をバックにギターソロであったり、サビの後に同じサビのコード進行でさらに盛り上げるパターンの2通りしかなかったのですが、この「Day Tripper」はどちらのパターンでもないのだ。
サビが終わって次のイントロに戻るための繋ぎのコードを使って1コードのみで間奏部を作っています。
しかも間奏のフレーズは繋ぎの1コードをキーとしてイントロと同じフレーズをぶちかましているのです。

文章で説明すると、なんや難しいことをやってそうですが、イントロのフレーズをギターのポジションを変えて間奏にしているだけなのです。そうすることによってあの印象的なイントロフレーズが耳に残ります。
素晴らしいアイデアだと思います。

ある日本のビッグアーチストのインタビューでこんなのがありました。
「曲を作っていく過程で斬新なアイデアが思いついたときは興奮するが、冷静になって調べてみると、それら全てビートルズが先にしてきたことなんだ。」


ここ最近はギターの練習に追われてなかなか音楽を楽しむ余裕が無くなってきていたのですが、ビートルズは音楽の楽しみを教えてくれる最高の教科書だと思います。
「ギターの練習に追われて・・」という書き方をすると語弊がありそうですが、ようは、練習しなくてはいけないのについつい後回しにしてしまって結局セッションやバンド練習日が近づいてきて練習が出来ていないので焦っていつも余裕がないのです。
ま、こんなことで悩んでいる暇があるなら、まずは本業の仕事を軌道に乗せることを真っ先に考えなければならないのだ。

プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク