通常の生活

過酷な現場から開放されて、ぼちぼちと仕事依頼も入ってきています。

2018-03-05c.jpg  2018-03-05b.jpg


2018-03-05d.jpg 施工後→ 2018-03-05f.jpg 2018-03-05e.jpg


先日の雨の日も内玄関のタイル貼りをしていました。
2018-03-05h.jpg
タイルを貼る場所は雨はかからないですが、材料や道具を取りに行くたびに雨でびしょ濡れになりましたが、
先月の過酷な現場に比べたら、大したことではありません。

********

CDアルバム作成も急ピッチで進めておりますが、それでも時には逆戻りすることもあります。
先日録音した生ピアノのサウンドにノイズが入り込んでいて録りなおしました。
ノイズの原因は不明ですが、デジタル特有のジリジリ~といった感じの音です。
私自身あまり細かいことは気にしないタイプで鼻をすすってる音や、くしゃみなんかも
収録されてしまっても気にしませんが、何故かデジタル・ノイズだけは耳障りでどうしても気になってしまいます。


2018-03-05a.jpg

ピアノのどの部分がどんな音が出ているのか今回はたくさんのマイクを立ててピンポイントで録ってみました。
しかしグランドピアノはピアノ線が複雑にからまっているので、今回のようにピンポイントでマイクを立てること自体
間違っているのかも知れません。
ピアノから少しマイクを離して、ピアノのサウンド全体を拾った方が普段聴いているピアノサウンドが録れるような気がします。
そんな研究をしつつ、少しでも良いサウンドでCDを作りたいと思います。

MIX作業中

寒くなってきました。
昨日からモモヒキを装着して現場へ行っております。


2017-11-22a.jpg
昨日の現場です。


今日は玄関壁にエコカラット貼りでした。
2017-11-22b.jpg 施工後→ 2017-11-22c.jpg 2017-11-22d.jpg

人気のエコカラットですが、発売当初に比べて今では色々な種類が出ています。
今回のエコカラットも初めて貼りました。
玄関がいい感じにアクセントになったと思います。


*********

音楽制作の方は録りの作業は殆ど終えて、いよいよミックス作業に入っています。
2017-11-02e.jpg 2017-11-17a.jpg

ミックス作業が完了した!と思っても、翌日に冷静になって音源を聴いてみると、気になる部分が出てきて、
またミックスをやり直すということを繰り返しています。
それでも取り敢えず3曲ほど完成はしているのですが、市販のCDと比べると音圧が低いです。

以前にこのブログでも紹介しましたが、「音圧爆上げくん」というフリーソフトを使って音圧をあげてみました。

フリーソフトはこれ

https://bakuage.com/

確かに音圧は爆上がりました。
でもそれぞれの音が暴れだす感じで、聴いていても息苦しい音源になってしまいました。
特に金物系のシンバル等が耳障りなほど暴れた音に変貌してしまいました。
音楽ジャンルによってはOKな場合もありそうですが、今回の音源には向いてないようです。

音圧上げは諦めて、自分が形にしたいと思っている音源に仕上げていこうと思います。

また時期がくれば、CDの宣伝を兼ねて音源の紹介をしたいと思っています。

BGM作成

梅雨入りしたと思えばカンカン照りの暑さが続いている今日この頃ですが、おかげでもう既に日焼けで真っ黒になってしまっています。
知らない人が見ると海水浴にでも行ってきたのかと勘違いされそうです。

そんな感じで先日の現場はこんな感じでした

2017-06-16b.jpg 施工後→ 2017-06-16h.jpg

遠くから見ると細かい石を積み上げたように見えますが、実は石風の模様が描いてある普通のタイルです
2017-06-06c.jpg



********

現場作業を終え、そのままの足でレコーディングのためにリハーサルスタジオに直行しました。
2017-06-16i.jpg

今回の録音は来週末に控えているワンマンライブの演奏時以外の時間に流すBGM用の音源作成のためのプチ演奏を収録しました。

録音機はFostex D1624、マイクプリにフォーカスライトを使いました。
2017-06-16k.jpg


ギターはアンプの音と生音を同時に収録しました。
2017-06-16o.jpg  2017-06-16j.jpg


ピアノには2本のダイナミックマイクで対応
2017-06-16n.jpg


実際に弾きながら歌ってもらいました。
2017-06-16m.jpg



そして今回実験的に導入したのが、カセット式MTRも使ってみました。
2017-06-16l.jpg

今回作成するBGM用音源は1950年~1960年頃のレトロなサウンドに仕上げたかったので、それならカセットで録音した方が簡単にイメージの音が作れるのではないかと考えた次第です。
何故レトロなサウンドにするかと言いますと、本番演奏前に音質を落したサウンドでBGMを流しておけば、お客さんは嫌でもそれが耳に入り聴かされる訳で、そのサウンドに耳が慣れた頃に生演奏をスタートすれば、それだけで生演奏の音の良さが引き立つので、なんとなく上手く聞こえるのではないかという魂胆です。

録音した音源はこれから編集していきますが、カセットMTRの音源もどんなものなのか同時にチェックしてみたいと思います。

初の依頼

昼間はもう夏のように暑いですが、朝晩はまだ快適な季節なので、少々無理をしても次の日にはなんとか復活出来ています。

今日から新しい現場に着手しています。
2015-06-15a.jpg

玄関から道路までかなり長い距離があります。
この現場も工期がないので初日から踏ん張って壁面とタイルを半分貼りました。
2015-06-15c.jpg 2015-06-15b.jpg
久し振りの残業です。
冬だと夕方の5時にはもう暗くなってくるので焦りますが、この時期は日が暮れるのが遅いので助かります。


明日は引き続き残りを貼る予定です。
2015-06-15d.jpg


*******

昨日の日曜日は、某施設のBGMを作成したいとのことでピアノ録音の依頼を頂き録音をしておりました。
2015-06-14f.jpg
ちなみにマイクはAUDIX OM5を適当に2本立てました。


レコーダーはおなじみFOSTEXD-160、ミキサーにMACKIEの小型ミキサーを使いました。
D-160は16ビットなので時代遅れではありますが、最終的にCD-Rでの納品になるので、ま、いいかと言う感じです。

2015-06-14e.jpg
一応ミキサー内臓のプリアンプはONYXを装備しているミキサーです。
サウンドをモニターする必要もないのでミキサーのインサート端子からそのままレコーダーに流し込みました。


BGMの一曲一曲は短いのですが、トータルでは2時間弱ほどあるので何かと大変ですが、今月末までに納品すればよいようなので、それまでに時間を作ってきっちりと仕上げたいと思います。

今まで録音は何度となくやってきておりますが、全て自分の意思でやっている場合が殆どなのですが、今回初めて録音依頼を頂いたということで本業よりも気合いが入っています。

ま、今回はピアノだけの音源なので編集もそんなに苦労はないと思いますが、バンド録音の依頼も頂いておりますので、こちらも気合いが入ります。
またその時の模様などはここで紹介したいと思います。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク