スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またやってしまった

まだまだ寒い日が続いておりますが、懐も寒いです。

右指が動かせるようになってきましたが、それでも動かしていると、だんだんと腫れてきて、
痺れてきます。そんなこんなで一瞬の不注意で今度は左指をカッターナイフでやってしまいました。

20190210191756f8a.jpeg

今週末の日曜日にライブがあるのですが、練習が出来ず、本番を迎えることになりそうです。
右手人差し指はなんとか別の指で対応しましたが、左手人差し指の負傷はギタリストにとっては
致命的です。
本番までにどこまで回復出来るのか祈るしかありません。
スポンサーサイト

リ・スタート

先週末に指の針金も撤去し、今日から包帯も取れました。
ある程度は不自由な生活は覚悟していましたが、予想以上に厳しかったです。

20190121161356c0f.jpeg 20190121161356406.jpeg

20190204152639aab.jpeg 201902041518487c4.jpeg

無理せず出来る範囲で現場をこなしておりました。
包帯も取れたので、これからボチボチと通常モードに戻していきます。

今月にはライブも控えているので、しっかりと準備していきたいと思います。

今年最初のリハ

今年に入っていくつか現場をこなしています。

20190120093409855.jpeg 201901200935252d1.jpeg

20190115143611c4d.jpeg


指には包帯を巻いてあるので、お客さんが来た時には指を隠すつもりでしたが、
その場の作業をこなすのが精一杯で、指を隠す余裕など全くありません。
包帯をして作業していても何も言われなかったのは幸いでしたが、
やはり見てくれは良くないので、包帯は見られないようにしなければなりません。

*************

音楽活動のほうは今年最初のリハでした。
20190116011348a03.jpeg

先日購入した2千円のギターで挑みました。
この練習は来月の「ジャズ風味」ライブのためのリハです。
今年最初のライブはここからスタートします。


20190120103419467.png


孤独な作業

今週末の日曜日は、年2回開催しているセッションレコーディングの現場へ行ってきました。

いつもはここで、悪戦苦闘しながらPAを担当しているのですが、いつもは戦場と化し、時間に追われている状態だったので、
今日は場所を終日借りきってじっくりと音響機材のチェックを大音量で気がすむまでやりました。

20190114214935143.jpeg

一番ポイントとなるのはマイクのハウリングをどのように防ぐかが課題なんですが、
ハウリングに対してのイコライジングのポイント探しを1日じっくりと取り組みました。

3月にはまた本番が控えているので、いい感じで開催出来るように今からベストを尽くしたいと思っています。



フリマでギターゲット

今週からぼちぼちと現場に出て仕事を始めていますが、右手が使えないのがこんなに不便なのかと身に染みて感じました。
201901082031035b2.jpeg
セメントや水を使うので、仕事が終わる頃には包帯が汚れてボロボロになってしまいます。

指は骨を固定するために、針金を2本突き刺してあります。
20190103151351722.jpeg
今月いっぱいは辛抱するしかありません。


近所でフリーマーケットがあり、気分転換に行ってきました。
そこで2千円のギターを買ってみました。

20190108201924c6c.jpeg
「playtech」というサウンドハウスが提供している格安ギターです。
全然期待していなかったのですが、ちゃんと音が出ました。
ネックの反りもなく、オクターブピッチも大丈夫のようです。
新品で買っても1万円程なので、この値段でこの仕上がりは素晴らしいです。
3kgという軽さも使いやすく、日本のもの作りの凄さを感じます。

SGスタイルのギターは他にもWネックを所有しています。
20190108203102af3.jpeg

このWネックも高価なギターではありませんが、ピックアップを交換して腰のあるサウンドになったので、
今回のギターも余裕が出来たら、リペアしてみたいと思っています。


20190109170132e1b.jpeg




新年

年末年始はゆっくと過ごしています。
数十年振りに草野球に誘われて参加したのですが、その結果右手人差し指骨折です。
20190103153924b1f.jpeg

まだまだ若い者には負けないつもりでしたが、身体は予想以上に経年劣化していたことを身に染みて
感じました。

とにかく無理をしないように、ぼちぼち頑張ります。

ご無沙汰しています

久し振りの書き込みです。
なんとか生きております。
ここ最近の大きな動きとしては、タイル業を始めてからずっと使っていた携帯の番号を変えました。
色々と事情があってのことですが、かっこよく言えば、積み重ねてきた過去との決別です。
今後も仕事はマイペースでやっていきます。

本業は相変わらずですが、音楽活動の方はお陰様で充実しています。
今後このブログは音楽活動のネタを中心に書いていこうかと思います。


前回書いていたように、なんとかCDは完成しました。
ライブ時に手渡し販売をしています。
飛ぶように売れることはありませんが、ジワジワと売れています。
値段設定にはかなり悩みましたが、1000円に設定しました。
所詮、趣味で好きでやっていることだし、営利目的でもないので、最初は無料配布で考えていたんですが、
そうすれば、沢山の人がCDを貰ってはくれるでしょうが、無料だと聴くこともなく捨てられる可能性大だし、
お金を出して買ったものは取りあえず一回は聴いてみよかってなるんではないかという判断です。
それと無料配布してしまうと同じように知り合いにもCDを作って販売している方々がいるのですが、少なからず迷惑をかけることになるのでないかということでお金を頂くことにしました。
1000円が高いのか安いのかどうかは、買った人が判断してくれればいいと思います。

自宅レコーディング部屋もCD完成を期にリユーアルしました。

以前はこんな感じでした

コンソール1  コンソール2
限られた部屋のスペースでミキサーの上の空間がもったいないなぁと常々思っていたのですが、
現場で良質な木材を数枚手にいれたので、思い切ってコンソール・デスクを作ることにしました。


コンソール3


丸々使える時間は2日間しかなかったので、急ピッチで作業したので、作業中の画像は撮る余裕もなく、
完成はこんな感じ

コンソール6  コンソール8

頭の中で描いていた理想のコンソール・デスクが形になりました。

MTRやそれぞれの機器の入出力は手前のパッチベイにまとめたので、これで作業効率もアップ出来そうです。
コンソール7


この部屋は娘の部屋と襖で仕切られているので、襖を開けると、後ろ側が一目で確認出来るので娘の部屋からメンテナンスが出来ます。
コンソール5

これでますます音楽制作が楽しみになってきました。

今は定期的にライブ活動をしながら、新たなCD制作の構想を考えているところです。

ライブ・レコーディングも定期的にやっています。
ただこちらの方は機材の運搬等、肉体的に大変なので、年に2~3回程度に縮小しています。

今週末にもライブ・レコーディングの予定が入っていますが、また報告します。


CIMG4144.jpg

自作CD解説(To You)

現在作成中のCDアルバムの楽曲をどんどん紹介していきます。

今回は「To You」です。
なんか愛想のないタイトルですが、これは仮タイトルとして付けただけで、アルバムが出来る頃までには
新たなタイトルを考える予定だったのですが、製作中は常に「To You」で通していたこともあり、
だんだんとこの曲は「To You」というイメージがついてしまって、もうこのままタイトルになってしまいました。

まず最初に相方からもらった音源がこれ

to you-take1
かっこよく言えばこれがファーストテイクになります。

ファーストテイクの構成としては
Aメロ~Bメロ~サビ~Aメロ~といった感じです。

ポイントとなるのはサビで1音半上へ転調しています。
転調などの動きは本来は編曲の時点で考えるのですが、この曲は最初から出来上がっていました。

まず最初に考えるのは、「どのようなスタイルでいくか?」なんですが、
私はこれをロック系でいこうと方向性を決めました。
それと以前から一度やってみたかったリズムボックス風リズムと生ドラムのリズムの融合がしたかったので
今回の曲で形にしてみたくなり、色々と考えてYAMAHA QY700に打ち込んだイメージ音源がこれです。

to you-take2

QY700で打ち込んだ音源はサウンドのイメージまでは再現出来ていません。
しっかりと時間をかけて作り込めばQY700単体でもそれなりの音源になるとは思いますが、
最終的には生楽器や別の音源に差し替えるのでQY700での作業の目的はあくまでも構成の確認であります。


楽曲の構成を相方に確認してもらってOKが出たので、各パートを差し代えていき、出来上がった音源がこちら

to you-take3

2つのリズム音源の変化がはっきりと分かると思います。
一応マイケルジャクソンのビートイット・イントロ部分から歌いだしまでの部分を
イメージして形にしてみました。
サビ部でのいきなりの転調の部分は、ハープの音を流して転調をさらに盛り上げてみました。
なんせロック調のイメージなので、エレキギターがヅクヅクなっていて、フィードバックも随所に登場してきます。
ただし、ロックと言えばエレキでゴリゴリ押すのが青い若者達がよくやりそうなパターンですが、
アラフィフの私としてはここは歳の功といいますか、ゴリゴリ押す部分も保ちつつ、
Bメロ部ではエレキは入れず、生ピアノの伴奏だけを残してメリハリをつけてみました。
サビ部のボーカルは同じパートを2回歌ってもらって同時にならして重ねています。
ビートルズがよくやっていた手法で、声が太く、広がり感も出るので私もよくこの手法は多用します。
現在のDAW等では1回歌えば2回歌ったような擬似ダブルトラッキングなどのアプリがありますが、
やはり、2度歌う方が説得力が全然違いますし、愛着感も違ってきます。

そんな感じで演奏も楽しみながら作った一曲です。

通常の生活

過酷な現場から開放されて、ぼちぼちと仕事依頼も入ってきています。

2018-03-05c.jpg  2018-03-05b.jpg


2018-03-05d.jpg 施工後→ 2018-03-05f.jpg 2018-03-05e.jpg


先日の雨の日も内玄関のタイル貼りをしていました。
2018-03-05h.jpg
タイルを貼る場所は雨はかからないですが、材料や道具を取りに行くたびに雨でびしょ濡れになりましたが、
先月の過酷な現場に比べたら、大したことではありません。

********

CDアルバム作成も急ピッチで進めておりますが、それでも時には逆戻りすることもあります。
先日録音した生ピアノのサウンドにノイズが入り込んでいて録りなおしました。
ノイズの原因は不明ですが、デジタル特有のジリジリ~といった感じの音です。
私自身あまり細かいことは気にしないタイプで鼻をすすってる音や、くしゃみなんかも
収録されてしまっても気にしませんが、何故かデジタル・ノイズだけは耳障りでどうしても気になってしまいます。


2018-03-05a.jpg

ピアノのどの部分がどんな音が出ているのか今回はたくさんのマイクを立ててピンポイントで録ってみました。
しかしグランドピアノはピアノ線が複雑にからまっているので、今回のようにピンポイントでマイクを立てること自体
間違っているのかも知れません。
ピアノから少しマイクを離して、ピアノのサウンド全体を拾った方が普段聴いているピアノサウンドが録れるような気がします。
そんな研究をしつつ、少しでも良いサウンドでCDを作りたいと思います。

自作CD解説 (Happy Birthday For You)

タイトルの通りですが、まだアルバム制作も完結しておりませんが、ある程度形になってきているので
ここらで見切り発車ではありますが、曲の解説をしてみたいと思います。

現在制作中のアルバムは相方が殆どの曲の作詞作曲、そして私が編曲を担当しています。
この「Happy Birthday For You」はアルバムの一曲目に入れる予定の曲です。

この曲は今回のアルバムのために作ったものではなくて5~6年ほど前に出来ていたようです。
バンドでも演奏されてたようで、その時の音源を聴かせてもらいました。
それがこれです

birthday-take1.mp3

この音源を聴いて編曲に取り組む訳ですが、まず音源を聴いて最初に思ったことは
メロディは違うけどほぼ同じコード進行が永遠と続いているので風景が変わらないのが
少し気になりました。
構成はイントロ~Aメロ~サビ~間奏~Aメロ~サビ~エンディング
とごく普通です。

編曲するにあたり、永遠と続く同じコード進行をどう処理するかで悩みましたが、
ここは逆転の発想で同じことをやり続けることにしました。
構成でいうと、1番Aメロ~2番Aメロ~サビ~間奏~サビ~
という感じです。
Aメロが続くのでメロディが聴き手の体に染み込んできた頃に
・・・というか、いい加減飽きてきた頃にサビに突入するようにしてみました。
サビではリズムも変化させてメリハリをつけるように考えてみました。

そんな感じでイメージしたアレンジをYAMAHA QY700で打ち込みます。
ここにアップ出来るデータ量の上限が決まっているので1番しかアップ出来ませんが、
その音源がこちら

birthday-take2.mp3

これでイメージしたものがなんとなく形になリ相方に聴いてもらってOKが出たので
それぞれの楽器を本チャン用に差し替えていきました。
そして歌も乗せて出来上がった音源が
これ

birthday-take3.mp3

イントロが愛想ないですが、この前に別のフレーズが乗っかる予定なので、今の時点ではこんな感じです。
サビからのドラムは自分で叩いています。・・・とはいっても
バスドラムの4つ打ちと16分のハイハットは打ち込みなので、実質的にはスネアとシンバルしか
プレイしていないのですが、それでもかなりモタってバタバタしています。
このリズムは案外難しいです。

それと最後に少しだけ間奏のギターが入っていますが、ここでさりげなく1音転調しています。


こんな感じでアルバム収録曲の制作秘話・・・
と書きたいところですが、そんなたいそうなものでもないので、「CD制作裏話」ということで
新たなカテゴリーを作りました。

今後もこんな感じで音源を小出ししていきます。
プロフィール

yasu

Author:yasu
1965年生まれ。
大阪府富田林市在住
建築関係の仕事をしながら、趣味のギターを弾くのが一番の楽しみです。
好きなジャンルはフォークソング、ロック、ジャズなど
幅広く聴いています。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。